カイロプラクティックとは

カイロプラクティック というのは 手の技術で 歪みやズレが起きた体を 整えていく方法がカイロプラクティックの技術ですから技術力のみで歪みやズレを矯正して痛みやコリの原因になっているものを整えていくことで楽に生きていく方法です。

普通一般的にカイロプラクティックの治療というのは矯正する前に電気を使ったりマッサージをしたりして筋肉をほぐすことをして矯正をしやすくすることをして強制に入って矯正した後にもう一度低周波治療器などをかけるというカイロプラクティックの治療院が多いようですが 当院でも昔はよくそういう治療をしていましたが、今では一切の低周波治療器や機械を用いることはありません。

昔はテクニックの技術力のない時代に、よくローラーベッドでマッサージをしたり 低周波治療器などを用いたり色々な電気や機械を使っていましたが今では一切のごまかしもなく痛みやコリを散らすこともしないで 手の技術力のみで体を整えていくことをしていますが体を整えていくためにも検査する力と治療する力と両方が必要になります。

治療する技術だけではどうなっているか分かりませんので手で触ってわかるものではありませんし いろいろな状況が変化していますので手で確認することは単純にできないと思っています。

そのため検査する必要がありますので検査をしてみると色々なことが分かることがあります。

当院では見た目で見て 見えないものを 確認をしながら検査をすることで治療を行うことができますので 触るだけで歪みやズレも分かりますし椎間板ヘルニアが起きている部分も触るだけで分かります。

骨盤の歪みは骨盤の開きも 起きているのか起きていないのかということも検査をすることでわかりますので検査をしたら歪みやズレがあれば矯正して整えていくことをしています。

ボキボキするカイロプラクティック

カイロプラクティックと言うと骨を鳴らすような矯正をしたりボキボキしたりというイメージがどうしてもつきまといますがボキボキする音というのは矯正する音ではなく本当の矯正する部分というのはボキボキしたりしたら矯正できるものではありません。

ボキボキする矯正というのは 背骨の骨と骨の間にある椎間板または軟骨とも言いますが軟骨の中に空気の泡つまり貴方が多くなっていることが原因で体をひねることで片側に気泡が偏っていき、さらにひねることで 気泡が弾ける音がするのがボキボキ音の由来です。

本当の骨の矯正というのは段階があって最初からできる矯正というレベルではありませんので歪みやズレには体質レベルの歪みやズレと体調レベルの歪みやズレがあります。

体質レベルの歪みやズレ

体質レベルの歪みやズレというのは生まれつきある遺伝子と家系に関係がある歪みやズレです。 簡単に分かりやすく言うと例えばですが親や祖父母などが何かの病気を持っていればその病気の遺伝子が子供や孫に受け継がれていきますが受け継がれた状態でどこまで弱くなっているか悪くなっているかということに関係があるというのが背骨のズレとして生まれつき出ています。

もちろん生まれつき出るのは背骨のズレだけではなくその部分の内臓の弱さです。

赤ちゃんが生まれる時には小さいから 確認するのが厄介なんですが赤ちゃんの時から背骨にズレがあります。

赤ちゃんの時からある背骨のズレというのはその部分の内臓の弱さを表します。

赤ちゃんの時からある内臓の弱さは逆に背骨のズレを表しています。

しかし生まれつきある歪みやズレと内臓の関係には今現在ここでは未病という状態で病気ではありません。

しかし生まれつき親からもらった遺伝子がかなり悪ければ親が病気になっていなくても子供は生まれつき弱さがあり移植をしなければいけないという赤ちゃんまでいます。

この原因は親からもらった遺伝子が設計図として いい状態ではない状態でもらったために 起きた現象なんですが親に責任があるわけではありません。

病気になっていない状態の内臓が起こした仕業かも分かりませんから病院でいくら検査をしても分からない状態なんですが赤ちゃんの時からある歪みやズレそして背骨の状態と内臓の状態というのは深い関係を持っています。

背骨のズレと内臓

例えばですけど親が糖尿病を持っていれば背骨の胸椎の6番目と膵臓の弱さを持って生まれていますので赤ちゃんの時からか成長した段階のいつからかはわかりませんがアトピーやアレルギーを起こしやすく下痢を起こしやすく乾燥肌にもなったり喉の渇きを訴えたり足がつりやすくなります。

例えばですけど親、祖父母が肝臓病を持っていれば 子供も花粉症やアレルギー性鼻炎などを起こしやすく膝の痛みや外反母趾に悩まされやすくなります。そして肝臓に関係する背骨は胸椎の8番目です。

親や祖父母が腎臓病や透析などを持っていれば胸椎の11番目と12番目に生まれつきずれが生じていますので腎臓が弱く腎臓が弱いと大腰筋腸骨筋という腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなりやすく腰痛やぎっくり腰やヘルニアになります。

人の体には生まれつき弱い内臓とそうでもない内臓が存在しています。

そうでもない内臓は何も起こしませんから安心して欲しいんですが弱い内臓というのは疲れやストレスが溜まりやすく溜まると背骨の歪みやズレになり骨盤の歪みや開きになります。

疲れやストレスと歪みやズレ

歪みやズレが起きている時には必ず疲れやストレスが体に蓄積していますから疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほど限界なく溜まっていきますので溜まった状態で痛みやコリになりますから体の不調上体を起こしていきます。

しかし最近は睡眠負債状態の方が多くなっていますので睡眠負債状態が多くなれば脳が弱っていきますので大脳が弱ることが原因で 痛みやコリを感じにくくなり鈍感になり麻痺した状態になりますから限界まで歪みやズレが起きないと症状を感じないという方までいます。

睡眠負債という状態の方は多くいますので自分で気が付いていない方も睡眠負債状態かも分かりません。

睡眠負債状態と言う方は 夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

夢は目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えています。

デブリというのは脳が休養とって寝ていることを言いますので脳が寝ていない限りは人が見てもスースー寝息を立てていたりいびきをかいていたりという睡眠では寝ているとは言えません。

寝ている人をどんなに寝ているように見えても脳から寝ているというふうに考えなければわからないで寝ていると言っているだけです。

見ただけではその人が寝ているのか眠れていないのか大脳が休養とって寝ている状態なのかということを判断することはできないと思います。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないでください。

脳から眠れていないと脳が休養とっていないと脳細胞の急激な現象が起き頭を触るとぶよぶよしていたり硬く張ったりという漢字になったり頭蓋骨を通して大脳の状態が分かりますがかすっとした 頭のような方が多くなっています。

脳細胞の急激な減少で精神疾患をやられたり 鬱になったり痴呆になったり認知障害になったりパニック状態になったりという方が多くいます。

当院では色々な検査をしていますので検査をすることでその方の体調状態も分かりますし眠れているのか眠れていないのかということも検査をすることで正確に確認することができます。

そのための検査技術を磨くこと又は向上させることを30年間努力してきました。

内臓という言葉が何回も出てきますが内臓の病気と言っているわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということを言っているだけですから何でもかんでも内蔵と聞くと病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

 

 

八幡東区八幡東区戸畑区若松区門司区から 腰痛や肩こりや頭痛や首の痛みや首のこり 生理痛や便秘などを改善するためにカイロプラクティックの矯正を痛くない方法で受けています。

カイロプラクティック の矯正でも痛くない矯正をしています。