カイロプラクティックとは

カイロプラクティック というのは痛みやコリのおきている原因は歪みやズレにあるということで矯正することをして痛みやコリを楽にしていく方法がカイロプラクティックなんですがカイロプラクティックという意味は手の技という意味があります。

手の技という意味があるので手技という意味になります。

手の技を用いて 歪みやズレが起きた体を整えていくのがカイロプラクティックという意味ですから低周波治療器や電気で痛みやコリを散らしている ものではなくマッサージでもなく歪みを矯正することで痛みやコリを楽にする方法なんですがカイロプラクティックというのは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレと筋肉が中心の施術になりますが歪みやズレを矯正したり筋肉を揉んだりすればいいというわけではありません。

どうして歪みやズレが起きるのかということを考えなければいくら歪みやズレを矯正したりボキボキしたりすることで矯正しても元に戻ってしまいますしボキボキする時も骨の矯正だと思ってしているカイロプラクティックの先生が多くいますが骨の矯正をしているわけではありません。

カイロプラクティックで行う強い痛い治療でボキボキする治療がありますがカイロプラクティックで矯正することでボキボキしても 指の関節をボキボキすることと同じことをしていることになります。

指の関節と腰の骨をひねってボキボキしたりすることの音は同じ意味になりますのでボキボキする時にはどうしてボキボキするのかということが問題になりますが骨が動いているわけではなく本当の意味では違うことが起きています。

体には多くの疲れやストレスが溜まりますので疲れやストレスがたまると弱い部分に溜まっていきます。

そして生まれつき人の背骨はまっすぐな人はいませんので何らかの歪みやズレが初めから起きていますが初めから起きている歪みやズレは痛みやくりにはなりません。

初めから起きている歪みやズレというのは遺伝的な要素がある歪みやズレてあり家計的な要素がある歪みやズレです。

元からそういう状態で産まれていますので生まれている状態の背骨のズレや歪みというのは痛みやコリを起こしていることはありません。

例えばですけど背骨と内臓というのは深い関係がありますので親や祖父母などの方が肝臓の病気ではなくても弱さを持っていれば背骨の8番目の骨は生まれつきずれて生まれます。

肝臓が 弱いと背骨の8番目の骨はずれていますが病気になっていなくてもアレルギー性鼻炎や蓄膿や花粉症や膝の痛みや外反母趾などが起きている可能性がありますのでこれらの症状はすべて肝臓が黒幕です。

しかし内臓の名称が出てきますが病気と言っているわけではありません。 なんでもかんでも病気というのを考えることなく説明をしっかりと聞いて理解してください。

しかし生まれつき弱い内臓と背骨のズレが関係した部分というのは急速に老化が進行していきます。

しかも普段からあるものが多く蓄積したのが原因で老化が急速に進み病気になろうと近づいていきます

親が病気ではなくても内臓の弱さがあれば背骨のズレは必ず起きて関係を持ちます。

疲れやストレスと歪みやズレ

しかしあることが起きると増長された歪みやズレになりますので増長された歪みやズレは痛みやコリになります。

生まれつき背骨のズレがある部分と弱い内臓は深く関係を持っていますので弱い内臓に日々の生活することで溜まる疲れやストレスや仕事上でたまる疲れやストレスや睡眠負債状態で疲れやストレスがたまることもありますので精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですがこれらのたまるところが原因なんです。

普通一般的に何も考えないでも疲れやストレスは溜まるといいますが疲れやストレスというのは同じ意味ですから 疲れが多くなってたまると疲労になり疲労が多くなってたまるとストレスになります。

毎日の生活や仕事などでも多くのストレスが 体に溜まるという風に簡単に人は入っていますがストレスはどこにたまるのかということが一番の問題になり歪みやズレの原因になります。

疲れやストレスと歪みは何というのは深い関係がありますので疲れやストレスは弱い内臓に蓄積していきます。 生まれつき弱い内臓に疲れやストレスが溜まることで関係する背骨のズレつまり肝臓であれば背骨の8番目の骨がゆがみやズレを起こしていきます。

痛みやコリは 内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因で起きていますが病気というわけではありません。

疲れやストレスというのは誰でもあるものですが感じている人と感じていない人がいます。

疲れやストレスの蓄積というのは筋肉にもたまりながら内臓に何十倍も多くの疲れやストレスが溜まっていき骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになります。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしただけでも骨盤が不安定になりますので腰痛やぎっくり腰などが起こりやすくなります。

腰の痛みが起きる時には骨盤の不安定状態が原因で起きていますが不安定状態のあるときに重たい物を持ったり中腰をしたり同じ姿勢を続けたりくしゃみをしただけでも腹圧が上がって腰が痛くなります。

腰痛が起きる時には骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが関係していますので骨盤が不安定になれば腰椎の5番目と4番目も同時に不安定状態になりますので歪みやズレが大きくなれば椎間板ヘルニアになったり神経を圧迫した状態で坐骨神経痛になります。

腎臓が弱くない方は 腰痛やぎっくり腰にはなりませんので腎臓がどれぐらい弱いのかということが原因になりますが多くの場合、親や祖父母が腰痛を一回でも起こした可能性があれば腎臓に問題があります。

腰痛やぎっくり腰や坐骨神経痛や腰椎の椎間板ヘルニアが起きる時には腎臓が深く関係していますが病気というわけではありません。

生まれつき弱い腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腎臓は疲労をためていきストレスをためていきさらに炎症を起こしたりハレたりということが起こりますがこれでも病気ではありません。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは体に起きる色々な症状を改善することができますがそのためには骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレだけ矯正すればいいわけではありません。

どうして歪みやズレが起きるのかという裏側にある原因まで検査することで見つけ出さなければ、いくら表面上の骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正したり背骨のズレを矯正して整えていくことをしてもまたすぐに歪みは起きていきます。

背骨のズレや歪みには原因があるから歪んだりずれたりしているわけですからどうして歪んでいるのか、なぜ歪んでいるのかということを見つけ出さなければいけません。

歪みやズレが起きるのは 原因があるから歪んだりずれたりしているわけですからその原因を検査することで見つけ出さなければいけません。

歪みやズレというのは 毎日毎日の生活することや運動することや筋トレすることや仕事をすることや歩いたりジョギングすることや精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などで多くなったりするものなんですが日常に誰でも多く存在しているものです。

歪みやズレを起こす原因は疲れやストレスです。

疲れやストレスというのは体に溜まるということは分かっていると思いますが疲れやストレスがどこにたまるのかということを考えている方は少ないと思いますし専門家の先生も知らない方が多くいます。

疲れやストレスというのは 筋肉にもたまりますが ある部分に多く溜まっています。

例えばですけど体重が100キロの方がいるとしたら100 kg 中ぎゅーっと体を絞れば65 kg は水分ですから半分以上は水分になります。

水分というのは血液だったりリンパ液だったり体液だったり細胞の中の水分だったり色々な部分にも水分があるし骨の中にも水分があります。

その水分を体から全部取ったら100キロの方が65 kg が水分だということです。

あとの残りの35 kg は皮膚の重さ、筋肉靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さ、そしてリンパと血管と神経の重ささらに中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄の重さと内臓の重さです。

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは筋肉と中枢神経系と内臓になりますが中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄は内臓の一部ですから 内臓と筋肉に疲れやストレスがたまるということが言えます。

しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも即病気というのを関係付けることなくしっかりと説明を聞いてください。

疲れやストレスがたまるところは筋肉と内臓ですが、筋肉は表面上に多くありますが内臓は体の中にありますので 内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で体の中から崩れていくことが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっていきます。

体の中には多くの疲れやストレスが溜まる場所が筋肉と内臓にありますので一番は筋肉よりも内臓に溜まった疲れの方が大きくダメージになります。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは毎日毎日の疲れやストレスの蓄積が内臓や筋肉に蓄積したものを 解消していくことで痛みやコリを楽にする方法がカイロプラクティックの方法なんですが 表面上の骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレだけを矯正してもその奥にある内臓まで改善できている専門家の先生は少ないと思います。

しかし歪みやズレを起こす原因は内臓ですから内臓の 疲れやストレスを減らすことをしていかなければいくら表面上の骨盤の歪みは骨盤の開きだけを整えても 戻りやすく痛みやコリを感じていない時でも原因が残ったままになっています。

しかし歪みやズレを矯正して整えないでも楽にする方法はありますので楽にする方法のことを対症療法といいます。

対症療法というのは原因なんかは関係なくただ痛みやコリを減らせばいいという方法なんですが対症療法ばかりしていると原因もいつまでも同じままではいられません。

対症療法という方法は簡単でいいかも分かりませんが湿布を貼ったりすることも対症療法の一つですしサプリメントなどを飲んで栄養やミネラルや何かのエキスが入っているのも服用することで楽にする方法も一つの治療法ですがマッサージすることや低周波治療器などの電気をかけることも一つの治療法だと思いますが当院では対症療法ではなく根本的に体を直していくことをしています。

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている カイロプラクティックの施術で歪みを矯正することをしています。

当院の カイロプラクティック カイロプラクティック はボキボキもしないし痛くもないし強くもない歪み矯正をしていますので安心です。