ダイエットするなら

ダイエットするなら基本的な事から。 多くの方がダイエットをすることを考えて 来ていますが基本的なことから変えていくことをしないと 何をしても無駄に終わることが多くあります。

ダイエットをするためにはサプリメントやダイエット食品や テレビの特集などで効果があるというダイエットを実践したり運動をしたり筋トレをしたりストレッチをしたりダイエットグッズを買ったりという色々な方法があるかも分かりませんがすべては基本的なものを全然考えていません。

基本的なものというのはダイエットする時に一番の邪魔になるものなんです。

ダイエットをする時に一番邪魔になるものは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張や抑圧やプレッシャーなどで多くなっていくものなんですが 特別なものではなく多くの方が蓄積しているものです。

当院のダイエット法というのは、この蓄積しているものを減らすことで 体を整えて引き締めていくことができるダイエット法をしていますので 体重ばかり気にすることなく体を細く引き締めていくことを優先にしています。

ダイエットと言うとどうしても体重計のメモリばかり気にしている方法もありますがメモリを気にしてもすぐに増えたり500グラム減ったりという程度で 増減することばかりですが、そうするとストレスになっていきます。

体重計の目盛りばかり気にしてしまってストレスを余計に貯めてしまったりすることがダイエット法だということになりますのでストレスを溜めるとむくみが多くなりますので浮腫みをためてしまうダイエットというのはどうかと思います。

ダイエットと言うと運動したり筋トレしたりストレッチをしたりジョギングをしたりという方が多くいますがこれらは全て筋肉を鍛えることにつながりますので筋肉を鍛えることは脂肪はすぐには燃焼しませんが脂肪は減らすことができるかも分かりませんけど逆に疲れやすとレスが多くなっていき浮腫みが多くなっていきます。 脂肪もそんなに簡単に減ることはなく毎日毎日の筋トレや運動やストレッチなどで 半年ぐらい例えばやっと少しは減っていくかも分かりませんが筋肉を鍛えてしまっていますので筋肉質に変化していき脂肪は減るかも分かりませんが浮腫みは多くなって体が硬くなっていきます。

ダイエットするなら

ダイエットをしようと思うなら体に蓄積してしまった疲れやストレスを減らすことから始めなければ疲れやストレスが多く溜まっていると、どんなダイエット法をしても意味はかすれてしまいます。

毎日毎日の疲れやストレスというのは体に蓄積していくということは知っていると思いますがどこに蓄積していくのかという事が問題になりますので疲れやストレスというのが蓄積していく場所があります。

多くの方は疲れやストレスの蓄積していく場所を知ることはありませんし専門家の先生も知っていません。

当院の院長はいつも現場で仕事をしていますので患者さんの体を確認しながらまた検査をすることができますので検査をしてみると疲れやストレスの蓄積度合いが多いということがよくわかります。

しかし疲れやストレスが多く溜まっていると骨盤の歪みや背骨の杖になっているわけですけど痛みやコリとして感じていないという方が多くなっていますので検査をしてみると色々なことが分かってきます。

ダイエットを希望されて訪れている方も多くいますが検査をしてみると体調がすごく悪く疲れやストレスが多く溜まっていたり骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレが起きたりすることも多くあり筋肉の緊張が起きていたり内臓の働きが低下してリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積しているということが多くなっています。

ダイエットをしようと思うなら基本的な疲れやストレスから減らすことをしないと効果はありません。

ダイエットをしたいなら浮腫みや脂肪の原因を見つけ出すことなんですが浮腫みや脂肪の原因というのは疲れやストレスと深い関係があります。

何よりも浮腫みや脂肪が多くなってしまうと当然体重計の目盛りも上がりますので体重が増えてしまうということなんですが疲れやストレス以外にも多くなるものがもう一つ存在します。

ダイエットと睡眠負債

ダイエットをしようと思うなら眠りも考えてください。 眠れていなかったり眠りが浅かったり夜中に何回も目が覚めたりすると、どんなに痩せようとしてもダイエットをしても効果は出にくくなります。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると簡単に考えて勘違いをしている方が多くいます。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることを言います。 大脳が休んでいることを眠りと言うのは横になって目を閉じてグーグー寝ている状態でも脳の中のことまで考えてみていません。

脳が寝ていることが眠りなんですが脳が寝ていない時には夢を見たり寝ながら考え事をしています。

眠りで最悪な睡眠が夢を見ることよりも寝ながら考え事をしている妄想状態の時間なんです。

夢というのは目が覚める瞬間に1秒だったり2秒だったり30秒だったりという時間で見ているから記憶に残り覚えています。

しかし寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまうことが多くありますから浅い睡眠をしていたからということがわかりません。

寝ている本人が寝ながら考え事をしていますのでわかるわけはありません。

寝ている方は目が覚めなければ寝ていると思うばかりなんです。

睡眠負債と疲れやストレス

ダイエットをしようと思う方は睡眠負債状態と疲れやストレスの蓄積を改善しなければ体の状態が悪いのに痩せる理由はありません。

しかも疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますので内臓に溜まった疲れやストレスというのが かなり大きな浮腫みや脂肪を作ってしまう結果になります。

内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスが溜まると言って説明していますので何でもかんでも病気というのを関係づけることなく説明をしっかりと聞いてください。

毎日毎日の生活で筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら内臓に疲れやストレスが溜まっていきますので動くことでも内臓につかりやストレスが溜まり 食事を食べることでも消化することやアルコールを分解することや油文を分解することでも内臓は働くことをしていますので内臓が働けば疲れやストレスが生じます。

日々の生活で動いたり運動したり歩いたりすることでも疲れやストレスが多くなるのに内臓は食事でも働いてくれていますので働いてくれていることで疲れやストレスは多くなるという二通りの疲れやストレスが内臓に溜まっていきます。

この両方で蓄積してしまった内臓というのは多くの内臓が深く関係していますので関係がないという内臓はありません。

例えばですけど睡眠負債状態では脳が弱っていきますので脳が弱ると脳へ血液酸素を心臓が送ろうとして元気になってほしいと大脳に酸素や血流を送ろうとしますが脳が元気になってくれなければ永遠と送ることを続けなければいけませんので心臓はかなりの負担になり疲弊していきます。

人の体は呼吸することで血液の中に酸素を混ぜることをしていますのでこれは肺がする仕事です。

ダイエットをするなら

ダイエットをしようと思うなら疲れやストレスを減らすことと 睡眠負債状態がある方は睡眠負債状態を改善して脳を強くすることと脳内ホルモンのバランスを整えていくことと脳下垂体ホルモンのバランスを整えて全身のホルモンの調整をすることも大切になります。

大脳が弱ってしまっていると全身のホルモンが調整がうまくをきかなくてバランスが悪くなっています。

最近は多くの方が睡眠負債状態で頭を触るとわかります4当院の院長は体調や睡眠負債状態を検査することができますので検査をしてみると体調がどん底のような体調していたり奈落の底のような体調をしている方が多くいますのでこの状態の打ち方は睡眠負債状態に原因があり大脳がかなり衰弱している状態になっています。

こんな状態の方がダイエットをしても効果が上がりにくいバウンドが大きいようですから当院では必ず一回一回、ウエストや体の幅を触って覚えてもらうことをしてダイエットをしていきます。

体が細く引き締まった状態が いい状態になって整ってくると体重が少しずつですが減ってくる可能性もありますが何よりも人の見た目を大切にしていますので友人や家族の方から見て細くなってきたね痩せたねと言われるダイエットをしています。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から 多くの方がダイエットをして 体を細くすることをしています