小顔矯正

初回から顔が小さくなる 小顔矯正 だから人気があります。

小顔矯正をしていくときには必ずご自分の両方の手のひらを顔に当てて小顔矯正をする前を触ってもらい小顔矯正をした後をもう一度触って比べることができるから人気があります。

必ず当院では顔を比べることをしてもらいますので小顔矯正に入る前に来てもらうことがあります。

小顔矯正に入る前にしてもらうということは自分の顔を触って大きさや形などを覚えてもらうことをしていますがこれは簡単なことではありませんので簡単に触ってしまったかたほど意識しなかったかたほど小さくなってもわからないという方がいますのでそういうことがないように注意しながら触るようにしてください。

院内に鏡を置いていますので鏡で見て判断するのも構いませんができるだけご自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の大きさや幅などを覚えてもらうようにして小顔矯正に入るのが当院の基本です。

しかしこれが簡単な触り方ではないためによくわからないという方が時々いますのでよくわからないということがないようにデスク上で院長から顔の触り方を教えることと小顔矯正に入る前に治療する台に寝てもらってもう一度顔を触るという2回、顔を触ってもらいます。

ご自分では触り方が上手くても院長がフォローしながら触ってみるとよくわかるという方もいますので二回も顔の触り方を練習してそれから小顔矯正に入ります。

必ず当院では2回顔の触り方を練習してから小顔矯正に入りますがそれでもなおかつ分からないという方も時々いますので 注意しながら触るようにしてもらった方がいいと思います。

顔の触り方

顔の触り方は手首を合わせるようにして顎の部分に当て手のひら全体と指で顔を覆うようにして手のひらや指が浮いたところがないか確認しながら大きさを判断していきます。

大きさを判断するときに 左右差を感じるようにしてもらうのが当院の特徴なんですがただ単に顔を覆うようにして手のひらを当ててもわからないと言う固まりますので左右さを感じてどの辺が大きいですか毒が出っ張っていますかっといんちょうから聞かれると意識しながら一生懸命触ってくれますのでその時に顔の形や大きさがわかるという方までいます。

両方の手のひらを顔に密着させながら触るということも大変難しいことなんですがさらにその上の左右差を感じるようにして触るということも大変難しく簡単なことではありません。

だから小顔矯正に入る前に2回を練習をするわけです。

練習で覚えた結果を小顔矯正をした後に比べてもらうことをしていますので変わっていることがわかるという小顔矯正ですから一生懸命触るようにしてください。

顔の大きさを覚えたら

顔の大きさを覚えたら小顔矯正に入りますので 小顔矯正に入る前にベッドに寝てもらって上向きに寝てもらいます。

そしてその時に小顔矯正に入る直前なんですがもう一度先ほどと同じようにして顔を触ってと院長が言いますので同じようにして触ってください。

顔を触っているご自分の両方の手の甲の上から 院長が手を重ねてこういう風にして触ってこの辺が出っ張ってますよねとかいうふうに 言います。

この2段階の触り方を練習するには本当に初回から変わるから触ってもらうというわけです。

しかしはっきりと言っておきますが小顔矯正と言っても一回で終わる小顔矯正はありませんしいくら顔が小さくなっても体の歪みやズレが大きくガタガタであれば維持する力はありませんし体から湧き出す 物がないと顔を小さくしても綺麗に見えることはありません。

最近は多くの方が体調が悪くどん底のような体調をしている方が多くなっていますのでどん底のような体調をしている方ほど眠りまわさ区骨盤の開きや背骨のズレが大きくあります。

最近は多くの方が寝不足状態ですので睡眠負債状態になっていますから睡眠負債が多くなればなるほど 体の歪みやズレまた疲れやストレスが多く溜まっていますのでただ単に顔を小さくすれば良いというわけではありません。

顔を小さくしても顔にもむくみや脂肪が多くあるということでは全然顔を小さくした意味がありません。

顔のむくみや脂肪というのは体調を落としていることが原因で起きていますので体調を落とすということは疲れやストレスが多く蓄積している状態です。

小顔矯正をしていくときには

当院では小顔矯正をして行く時には電気や機械などを使うことなくての技術力のみで顔を小さくすることをしていきますが先ほども言ったように最近多くの方が体調を落としていますので体調を落とすということはどういうことが起きるのか問題があります。

体調を落とすということは体に多くの疲れやストレスが溜まっていきますので体調が落ちれば落ちるほどまた睡眠不足状態が多くなればなるほど体の歪みやズレが大きい 顔の脂肪やむくみが多くなります。

最近は多くの方が小顔矯正を希望されて訪れますが検査をしてみると体調がどん底のような体調している方や奈落の底のような体調をしている方などが多くいますが体調の悪さを分かっていないという方までいます。

多くの方が 眠れていないことが分かっていない現実がありますので夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていますがね無理というのは脳が寝ていることをいいますので誰でも人が見ても朝まで目が覚めなくても脳がどうなっているかということはわかりません。

昔でしたら夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり 眠れはしますが夜中に何回も目が覚めたり夢ばかり見ているという方が不眠症という状態でしたが最近は多くの方が朝まで目が覚めないから寝ていると単純に勘違いしています。

先ほども言ったように眠りというのは脳が寝ていることを言いますので脳が出ていない限りは内臓も眠ることまたは休養をとることができません。

小顔矯正をしても維持する力

脳が寝ていない眠りをしていることを寝ながら考え事をしている睡眠と言いますので寝ながら考え事をしている睡眠を多くなれば多くすると 脳は弱っていき脳が疲弊していき大脳が衰弱状態まで落ちると痛みやコリ自分の体調も分からなくなっていき麻痺状態になっていきます。

しかも脳がトラブルを起こしていくとハイテンションになっていきますのでハイテンションというのは疲れ知らずで動けることができます。

しかしハイテンションの方はイライラしたり頭痛がひどくなったり 物忘れが多くなったりうっかりが多くなったりと記憶障害を起こすことが多くあります。

こんな状態でいくら小顔矯正をしても維持する力屋持続力がある理由はありませんから小顔矯正をして顔が小さくなったと立った瞬間に戻っていたり歪みが起きたり脂肪が多くなったりということの不自然な状態の方が多くなっています。

それほど体調が悪い方が多くなっていますので体調の悪さも体調をあげることで変わる方もいますし体質改善の治療で体を治していくことをしないと維持する力が戻らない方もいます。

小顔矯正と言ってもタダ顔を小さくすればいいというわけでもなく体に蓄積してしまった疲れやストレスから起きる骨盤の歪みや開きそして背骨のズレが多くあると維持する力なんかあるわけはありませんし体はむくみやすく脂肪が多くなっていきます。

脳が元気だからインフルエンザウイルスが入ったら高熱を上げてインフルエンザの症状が出ますが隠れインフルエンザという状態になると大脳が弱ってしまった状態でインフルエンザウイルスが体内に増殖しても何も感じませんし何も起こりません。

脳が弱ると風邪の細菌が多く体内に増殖している状態でも高熱が出るわけでもなく鼻風邪程度ですぐ状態が多くなっていますので風邪は万病のもとという言葉があるように風の細菌は積み重ねられば大きな問題として起こって行きます。

 

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が小顔矯正に訪れています。

人気がある 小顔矯正 をしています。