小顔矯正とは

小顔矯正 を希望されて多くの方が訪れていますが 多くの方が顔を小さくしたいと言う希望をお持ちの方が多くいますが小顔矯正という意味をわかっていなくて顔を小さくしたい小顔になりたいという方が多くいますので小顔矯正の説明をしていきたいと思います。

小顔矯正というのは顔を小さく見せるメイクや髪型とは違い実際に顔を小さくすることができるわけです。

顔を小さく見せるメイクなどは特徴があって雑誌などによく載っていると思いますし、顔を小さく 見せる髪型というのも 雑誌によく載っていますが見せるのではなく顔を小さくすることができるのが小顔矯正です。

実際に顔を小さくすることができるのかと疑問に思う方もいると思いますが当院では30年の小顔矯正の経験があり研究もよくしているので実際に初回から顔が小さくなることで人気があるボキボキもしないし痛くもないと評判のいい小顔矯正をしています。

小顔矯正をしていくときに

本当に顔が小さくなるのか。

小さくなっても維持することができるのか。

多くの方がこの2点を一番問題視していますし実際に小顔矯正をしてみて無理やり顔を押さえつけたりしたり痛いとか怖いということはないのかということを一番気にしていると思いますので当院の小顔矯正は無理矢理、顔を押さえつけたりすることもなく痛くない怖くもないと思われる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正のやり方というのは 痛くもない怖くもない小顔矯正をしていますが当院では小顔矯正をする時には腰痛や肩こりをする時の検査をしていきます。

小顔矯正をする時の検査というのは腰痛や肩こりの検査ではなく小顔矯正をするためにはどうすれば顔が小さくすることができるのかどうやったら顔を小さくすることができるのかという検査です。

そのためには体調を基本的に検査することをしていますが今まで院長から体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞かれると全員と言っていいほど体調はいいですとか調子は悪くありませんとか答える方が多くいますが検査することで実際に骨盤の歪みがあったり骨盤の開きが多くあったり背骨のズレが起きてガタガタだったりという方が多くいます。

初回からはいろいろをできる理由はありませんので小顔矯正を希望されて訪れているわけですから顔を小さくすることをして顔だけ触って 小顔矯正をしていきますが2回目か3回目の時には体から調整した方が入りしやすく顔が小さくなるということがありますので小顔矯正と言っても顔だけ触って小顔矯正をするわけではありません。

小顔矯正をする時には一番、邪魔になるものが骨盤の歪みや骨盤の開きだったり背骨のズレに 背骨のズレに原因があります。

小顔矯正をしている時には体調と睡眠負債状態が一番深く関係しますので体調が悪かったり睡眠負債状態が多くなっていたりすると維持することができなくてどんなに顔を小さくしても終わった瞬間から戻って行く方も多くいます。

できるだけ維持しやすいようにしていきますが 2回目から3回目の時には体の調整から入ったりまたは睡眠負債状態を少しでも減らすことをしていかなければいくら顔を小さくしても徐々に顔は小さくなっていきますがそれだけでは持続する時間は短いです。

体調と小顔矯正

小顔矯正をしていく時では体調が一番深く関係すると言いましたが体調というのは疲れやストレスの蓄積の多さです。

毎日毎日の生活で誰でも多くの疲れやストレスは溜まっていきますので溜まって行けば行くほど骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっています。

顔と首から下は両方の関係がありますので体の歪みやズレが起きていたり骨盤の歪みやズレが起きていたり背骨のズレが起きていると 顔を小さくしても戻りやすくなりますけど体調が悪ければ悪いほど顔にも脂肪やむくみが多くなっていますしそれ以上のことが起きています。

小顔矯正をしていく時には疲れやストレスの蓄積しているところから減らしていくことでも顔を触らなくても顔を小さくすることができます。

顔を触ることなく顔を小さくすることができるのは体の調整が うまくいっている証拠ですから体を整えていくことでも小顔矯正になります。

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張などでも疲れやストレスが多くなりますし運動することでも筋トレをすることでも疲れやストレスは多くなっていきます。

筋肉を鍛えたり体を鍛えたりするために水泳やジョギングすることも構いませんけど 運動することでも水泳をすることでもジョギングをすることでも疲れやストレスは多くなるばかりなんですが疲れやストレスが捕まったら唯一減らすことができるのは寝ている間だけです。

疲れやストレスが溜まったらどんなに美味しい高額な焼肉を食べても鰻を食べても栄養は取ることができますが疲れやストレスを減らすことはできません。

栄養は栄養であり疲れやストレスを減らすということはできないと思います。

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一脳が休養とって寝ている時だけです。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっています夢というのは目が覚める瞬間に1秒だったり2秒だったり3秒だったり長い夢を見ていたと思ってもたったの1分だったりということで夢を見て記憶に残ります。

しかし目が覚めないから寝ていると思わないでください。

当院の院長は眠りを検査することができますし体調も検査することができますから どんなて眠れていないか眠れているのかということをすぐに判断することができます。

今まで30年の経験がありますので頭を触っただけでも眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということを判断することも出来ますし検査をすることでも眠れているのか眠れていないのかということがわかります。

人が見てもスースー寝息を立てて寝ていても脳の中のことまでわかっていませんし脳が休養とって眠れているのか眠れていないのかということを判断していません。

ましてや寝ている本人は寝ているから分からないと思いますが 目が覚めないから寝ていると思わないでください。

本当に良い眠りや睡眠をしている方が顔のむくみや顔が脂肪が多くなったりすることはありませんし顔がゆがんだりすることもありませんので。

ましてや本当に眠れている方が骨盤が歪んだり開いたり背骨がずれてガタガタしたりすることはありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には体調の低下で疲れやストレスが蓄積した状態になっていますので疲れやストレスを除くこともまた減らすこともしていかなければ維持する力がないしさらに睡眠負債状態が多くなっている方は脳が弱っていますので脳が弱ると 維持する力もないし持続させることもできません。

それほど脳の力というのは大切なんです。

脳の力が落ちていたり疲れやストレスが多くなっていくと老化が急速に進んでいき年齢以上に顔つきが変わったり内臓年齢もありますから内臓年齢が急速に高齢化したりすることもあります。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまにながら多くが内臓に蓄積していきますので 内臓といっても病気というわけではなく内臓に蓄積して弱ってしまったということです。

疲れやストレスが内臓に溜まることで体の中から崩れを起こし 体が崩れることで顔も崩れていき脂肪が多くなったりむくみが多くなったり皮膚や筋肉や靭帯や脂肪や顔の骨まで炎症や腫れを起こしている方が多くなっているのが睡眠負債状態や疲れやストレスの蓄積が原因です。

普通ではこういうことは起こりませんので睡眠負債状態や疲れやストレスの蓄積が多い方ほど 顔の筋肉や靭帯や皮膚や脂肪や顔の骨まで炎症や腫れを起こし肥大しながら変形をしています。

顔の皮膚や筋肉や靭帯や死亡や顔の骨の炎症や腫れを起こした状態とひらいして変形した顔を整えていくことで特に顎のラインはすっきり細くしやがっていき頬骨の出っ張りも減っていくという小顔矯正をしています。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から小顔矯正