評判の小顔矯正

人気がある小顔矯正をしています。

当院では マッサージをするようにして顔を小さくしていく小顔矯正をしていますので評判の良い人気がある痛くないと 有名な 専門家の先生がしている小顔矯正です。

当院の小顔矯正は二通りの小顔矯正があります。

一つは体調を整えていくことをや歪みズレや疲れ、ストレスを改善していくことでも顔が小さくなる小顔矯正です。

当院では多くの方が小顔矯正を希望されて訪れていますけど初回の検査をしてみると全員と言っていいほど体調が よく泣く悪い形がいっぱいいますので悪い形ほどどんなに歪みやズレが起きていても顔を強制してくれという場合が多くありますが体と顔というのも関係がありますので関係がある部分からもしていく必要があります。

体に多くの疲れやストレスが溜まっていたりそのせいで体が歪みや歪みを起こしていても ズレを起こしていても 症状を感じなければ体調が良いかと言うとそうで言うわけではありません。

体調からあげて整えていく小顔矯正

体調からあげていく小顔矯正というのは基本的な小顔矯正ですが初回は顔を触って 小さくなるということを実感してもらわなければ納得してもらえませんので顔だけ触って顔を小さくしていくようにしています。

体の方は二の次三の次という方が多くいますのでまずは顔が小さくならないと実感ができませんから顔を小さくすることに専念するようにしています。

しかし本当は体に多くの疲れやストレスが溜まっていると効果が半減したり戻りやすくなったり持続する時間が減少したりということが起こります。

小顔矯正をしても顔がどれだけ小さくなったりすることも持続時間も全てご自分の体調に関係があります。

ご自分で体調の悪さを感じていない方も多くいますけど体調というのは検査すればすぐにわかりますのでわかった上で判断していても全てを説明することができません。

検査すること

当院の院長は検査することができますから検査してみるとどれぐらい体調が悪くなっているかということがわかりますしトップで一箇所だけ反応する内臓がありますからその内臓がどこの部分なのかどこの部分がトップに弱ってるのかということがわかります。

体調の検査というのは大変、高等的なテクニックであり誰でもできるものではありませんし病院でも体調を見ることはできませんから病院では病気の検査をすることをしていますから体調とは関係ありません。

病院の検査は血液検査尿検査レントゲンなどに代表される検査というのは病気になってからの検査ですから病気になって完成してしまわないとまた完成する前でないとわかりません。

当院では病気の治療をすることもなく検査することもしていませんので体調の検査や歪みの検査やずれの検査や内臓の働きの検査をしています。

当院で内臓の名称が出てきますが病気と言ってるわけではなく内臓に多くの疲れやストレスが溜まったということを言っています。

ですから病気というのを考えることはないようにお願いします。

体調を検査する

体調を検査するということは簡単ではありませんが30年の経験で簡単に見えるように検査をすることをしていますが、検査したらどういう風にすればいいか何があるのかということを検査して小顔矯正にあたりますけど小顔矯正と言ってもただマッサージをしているわけではなく、またマッサージをして顔が小さくなる理由はありません。

体調を検査することと顔の状態を検査することを小顔矯正ではしていきますが顔にも色々な異常な状態で起きていますのでこの異常な状態をどこの部分で起きているのかということを判断しながら検査をしていきます。

顔の異常というのは大変最近多くの方に起きていますので異常がどういう状態かと言うと顔の炎症や腫れまたそれ以上のものが起きているということです。

これは当院でも検査をしてみないとわからないことでしたが検査ができるようになると顔にも色々なハレ、炎症などが起きているということがわかりました。

顔の炎症や腫れを矯正して治療していくことで顎のラインが特にすっきり細くなることが小顔矯正でできます。

当院の小顔矯正は小顔矯正と言っていますが顔を小さくする小顔矯正であり顔を直していく小顔矯正です。

多くの誰かが腫れや炎症が

多くの方の顔を検査してみると特に顎のラインや頬骨の辺りに炎症や腫れがある場合が多く見受けられますのでそれらを治療して解消していくとでっぱりが減ったり顎のラインが特にすっきりするという効果があります。

しかし一回で全てが整えられる理由はありませんので数回以上の治療が必要になります。

本当に最近の方は体調悪く体調が悪いという言葉わかっていない方も多くいますが 特に小顔矯正の方は体調がいい方は今まで一人もいませんでしたから全ての方が体調が悪いと思っても良いくらいですがその悪さを感じていない方も約2割の方がいます。

体調がわからない

小顔矯正をしていく時に体調の状態が自分でわからない方はいくら小顔矯正に入る前に顔の大きさを触って覚えてもらっても判断できない方がいます。

どんなに顔の大きさを小さくしても顎のラインをスッキリさせてもあまりわからなくて顔を見ればすぐにわかってしまいますが残念なことです。

顔を小さくすることは自分の手で判断できるようにしていますので自分の手で小顔矯正に入る前と小顔矯正をした後の変化が分かるようにしていますから自分の手でしっかりと記憶しておいてください。

顔の大きさ覚えておく

顔の大きさを覚えておいて欲しいと言いましたがこれは大変難しく鏡で見て判断しても構いませんけど自分の手の感覚神経を総動員して顔の大きさを把握するようにしてください。

目で見ないで自分の手のひらだけで顔を触って左右さを感じながら触るようにすると 多くの方が分かりますがこれでもいくらどんなに小さくしてもわからない方もいます。

分からない方は睡眠負債の 状態が大きくて脳疲労が強い方です

睡眠負債

睡眠負債というのは大変多くの方に起きていますので 眠りができていない状態の方ですが眠りができていないということさえもわからない方もいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めないし寝ていると思っている方が多くいますからそういう方ほど眠れていなくて体調がすごく悪い状態の方もいます。

夢を見た時には目が覚める瞬間に見ていますので夢を見ていたなという記憶は残りますが、さらに浅い睡眠というのがあります。

この浅い睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

寝ながら考え事をしてる睡眠が多くの方に見受けられますのでこんな状態では脳疲労はも強くなって脳が衰弱していきますしそれに応じて内臓にも肥料どころではない状態が出来上がってしまって内臓の周りや内臓自体がジュクジュクになっている方もいます。

脳疲労というのは取り返しがつかない脳細胞の現象を起こしていきますので減少が起きれば脳の空洞化や脳細胞の死滅ということも考えられますし 精神的なものを得られてしまって認知障害などやボケになることも多くなって言ったり精神疾患を患いやすくなります。

認知症やボケは、また起きて行こうとしている方は痛みはこりが感じない場合が多くありますので自分で判断できないこともあります。

一番厄介なのが認知障害やボケの傾向を示してる方ですがなっていってる途中では痛みやコリもあっても感じませんから最悪の場合になる可能性が多くなります。

八幡東区、戸畑区、八幡西区、若松区、門司区からも小顔矯正に訪れています。