顔が小さくなる小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気のある評判の良い小顔矯正 をしています。

顔を小さくしていく 小顔矯正 をして行く時には痛くもなくボキボキもしない顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院ではできるだけ初回から顔が小さくなるようにしていますのでそのぶんだけ体調が悪いか体力がない方は小顔矯正をした後はダルくなる方がいます。

小顔矯正をしていくと 老廃物が多く流れていきますのでそれだけ循環が良くなりますから 老廃物は最終的には腎臓で処理されますが腎臓の力が落ちている方が多くなっていますので腎臓の力が落ちれば落ちるほどダルさが出てしまいます。

当院の小顔矯正というのは初回から顔が小さくなることで人気がありますが今まで30年間小顔矯正をしてきて色々研究したりテクニックを上げるようにしたりして小顔矯正をしていますが初回から顔が小さくならなかったという方はいません。

しかし小顔矯正をしていく上で一番肝心なことがあります。

一番肝心なこととは小顔矯正を受けられる方の体調です。

最近は多くの方が体調が悪く また悪すぎるぐらい悪いか違いますのでその悪さを 感じているかと言うと感じていない方が多くなっているからです。

今まで当院は30年間小顔矯正をしてきて体調が良いと思われる方は一人もいませんでした。

今まで数人の方が小顔矯正に来て 自分で体調が良いと思ってきました、と言われた方はいました。

当院では嘘偽りがない検査をすることをしていますので検査をしてみても体調が無茶苦茶と言っていいほど悪く骨盤の歪みの検査をしてみても骨盤がひどく歪んで いました。

背骨には椎間板ヘルニアが起きているところも何箇所もあって背骨のゆがみ何もひどいものでした。

背骨や骨盤の検査をしてみても体調が悪いということが分かるのに自分でそれが分かっていない把握できないということが一番問題なんです。

実は最近、多くの方が眠りが浅く眠れていないということも分かっていない方が多くなっているせいなんです。

最近は多くの方が夜出る時間になったら朝まで目が覚めないから寝ている と思っています。

目が覚めないから寝ていると思うのは勘違いもいいところです。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると考えるのは 間違いです。

夢もあまり見ないから寝ていると思うのは間違いです。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしてる睡眠をしています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまっています。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い状態の睡眠ですから妄想状態で 寝ているわけではありません。

寝るということは脳が寝ることなので生命活動の部分だけを残しながら牢屋は休養に入ります。

脳が休養してくれると内臓も休むことができますので内臓も眠ることというよりも休息はできません。

脳も365日、興奮しっぱなしだし内臓も興奮しているので体調どんどん日増しに落ちていて細胞の変化が起きて老化が急速に起きていき脳細胞は縁が急速に早くなって空洞化が生まれてきます。

脳が興奮して眠れなくなっていているのに 内臓は疲れて体が疲れていますからねたような感じを思うかわかりませんが脳から眠ることができません。

脳から眠ることができないと体調は奈落の底のような体調を示すしう現代まで体調は落ちていていますがそういう言葉を言われても考えることもできません。

考えるということはそれがどういう状況なのかということを考えなければいけませんが言葉だけを聞いてしまっています。

ですからそういうことを言われても悪く言われたというふうにしかとりませんし深く考えることをしません。

当院では体調や色々な物を調べる時には検査をすることをしていますので検査してみて判断しているのに 意味がわからないという方が多くいます。

当院では体調を色々調べることができますから調べてみると最近多くの方が一部分だけをトップに反応することがありますのでその一部分というのは精神が反応している方が多くなっています。

検査をする時に一箇所だけトップに全列に並んでいるものがありますのでその前列にトップに並んでいるものが一番悪くなっているということですが、それが内臓疲労でもなくて精神的なものの反応になっています。

つまり自分で気が付かない状態でも周りが気づいてしまうこともありますが精神的なものを病み始めているということになります。

この精神的悩み始めているものが急速に進行していくと 精神疾患を患ったり認知症になっていきます。

体調の維持

これがなり始めの時に眠ることができないと、なってしまっていて何も分からないから目が覚めないという方がいます。

小顔矯正をしていくときにこういう体調の状態ではいくら良い子顔矯正をしても立った瞬間にまた終わった瞬間に崩れて行って戻っていきます。

だから体の方も調整したり脳の方も調整しないと 体は持続力を保つことはできません。

初回からは色々な治療をすることができませんので 初回は顔だけ触って小顔にしていくということを中心にしていきます。

初回から顔を小さくしていく子顔矯正のことを体調を上げて 顔を小さくする小顔矯正と言いますのでまずは体調を上げて顔の歪みや顔に起きた疲れやストレスから起きる炎症で腫れなどを改善するようにして特に顎のラインを小さくすることをしていきます。

というのも多くの方に顎のラインが炎症を起こしたり腫れたりということが起きていますのでこれも検査をしてみるとわかったことですがそれらを改善するようにして行くと顎のラインはすっきり細く引き締まっていきます。

当院の小顔矯正を受けて受ける時には 条件があります。

小顔矯正を受ける条件とは自分の 両方の手のひらで顔の大きさを把握する ことです。

小顔矯正を受ける時には自分の顔の大きさや形や浮腫とはいなどもわかっとかないといくら小顔矯正をしても鏡を見ても分かりません。

しかし鏡を見ることよりも自分の両方の手のひらで顔の大きさの変化がわかれば最高ですから当院では両方の手のひらで触ることをお勧めしています。

しかしこれは大変触り方が難しく簡単ではありませんので簡単に触ったかたほど脳神経の働きが鈍くなっていますので分かりません。

と言って院長が小顔矯正の指導する時には顔をしっかり触ってと言うに入っているのに簡単にパッと手をおいてしまって何も考えずに触っている方がいるからです。

小顔矯正を する時に顔の触り方は顔をしっかりとして確認しながら触るの手だけではなく脳の働きが一番重要なんです。

顔を触る時には手に神経を集中して 触らないと変化がわかりません。

院長は30年間もこの訓練をしているから頭をパッと触りますけど簡単にしているわけではありません。

多分、院長と同じように触ってもわかる方はいません。

院長には小顔矯正の30年間の研究と努力の成果がありますので いつも訓練していますので患者さんが同じようにしてわかるわけ ありません。

院長が小顔矯正をしていくときには顔の異常なる部分を見つけて矯正していくことで顔が小さくなって顎のラインがほっそり引き締まっていきます。

そのためにも体調とか眠りとか色々な状況の判断をしていかなければただ何も考えずに小顔矯正をしても顔は小さくはなりません。

 

当院では 八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が訪れている評判の良い 小顔矯正 をしています。