生理痛

生理痛に なるのは原因があって起きていますので一時的に薬などを使うことなく原因から改善していくように考えてもらえませんか。

生理痛と言うといろいろな原因がありますが思うには しっかりとした原因が隠れていますのでその原因から改善していくようにすると生理痛が徐々に緩和していきます。

生理痛が起きている方はか腹部の痛みや腹痛を伴うことが多くまた腰痛や頭痛など色々な症状になっている場合が多いようです。

生理痛は

生理痛がある方もいつも生理痛がある方と 毎月ではなく 月経痛がある方がいます。

お子さんを産んでから激痛が今までなかったものがひどくなるということもありますので病院に行っても異常なしということなので自分で薬を使う事しかありません。

病院に行って病気の検査をして異常がなければ機能性月経困難症というのがあります。

主な病気が発見されないのに寝込んでしまうほど痛みが辛いとかいう時に機能性月経困難症と言います。

原因として考えられているのは 経血を押し出す時の子宮の収縮ホルモンのバランスの崩れによる骨盤内のうっ血そして全身の血行の悪化またストレスなどが挙げられます。

20代の若い女性に比較的多いものが子宮内膜で作られるホルモン、プロスタグランディン の過剰が原因で起こる激痛です。

また病院に行って検査すると病気が見つかるというのもありますので 病気が見つかれば病院で何らかの治療が必要ということになります。

病院に 行くのは痛みの程度が軽く市販の痛み止めを飲めば大丈夫という状態であれば 必要以上に心配することはないということを言っています。

しかし本当の生理痛は

本当の生理痛というのは ホルモンのバランスというものや 子宮や卵巣というのが関係しているという風に言われていますが 多くの場合基本的な物は全然書いて いません。

基本的なものというのは 体調です。

体調が悪い時には 骨盤のゆがみが起きていますので 骨盤の歪みだけではなくすべての内臓の働きが低下していますので子宮や卵巣そしてホルモン系と全てに 影響が出ています。

この体調というのを検査するというのは大変難しく 病院では検査が不可能という状態のところもありますので 病院というところは病気になったら検査したらわかるということです。

多くの症状の場合病院ではお手上げ状態の生理痛が起きていますので 当院では個人個人に合わせた状態の検査はするようにしています。

生理痛が起きている方の体調が悪い方は ホルモンのバランスが悪くなっています、卵巣や子宮の働きも悪く、 色々な部分の機能低下働きの低下というのが起きています。

体調が悪い時にはホルモンのバランスや内臓の働きだけではなく骨格の歪みも来ていますので骨格と言うと骨盤のゆがみが起きています。

自律神経の働きの低下

そして背骨のズレも起きていますので背骨のズレというのは自律神経にも関係してしまうし自律神経から走っている交感神経副交感神経にも影響を与えています。

体調が悪いだけでも色々な内臓や自律神経にも影響を与えていますので、それらから改善していかないと生理痛は良くなりません。

自律神経という神経は背骨の横に沿った神経ですから自律神経から各内臓に神経を送って働かせたり ブレーキ をかけて休ませたりしている神経のことです。

体調が悪い時には自律神経の働きも見られていますので ブレーキをかけなければいけないところでアクセルを踏んだりしています。

こういうバランスの悪さが色々な所で起きていますので 調子の悪さやだるい、きつい、イライラする、お腹が痛い、腰が痛い腹部が重たい、 など色々な症状が起きるのは当然なんです。

生理痛を良くしたいと思うなら薬を会いに使うことはもちろん構いませんが原因から解消していくようにしてください。

原因というのは必ず存在していますのでただ存在しているけどわかりにくいだけです。

当院ではこの隠れた存在を見つけて改善していくことをしていますので 生理痛が良くなると 人気があります。

生理痛を解消するには2つの治療法があります。

ひとつの治療法は体調からあげていく解消法です。

そしてもう一つの治療法は体質改善から行う生理痛の解消法です。

根本的には生理痛は体質から起きていますので 、体質を変えなければいけませんが 体質を変える前にまず体調からあげて体を整えていくことが必要になります。

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で生理痛を改善しています。