肩こり

肩こりを解消するなら。

肩こりを解消しようと思うなら筋肉のコリつまり筋肉の緊張や肥料から改善していくことをして肩こりを楽になるようにしています。

肩こりを感じる時には どういう時に強く感じたりどういう時に軽く感じるのかということには原因があると思いますので この原因として考えられるのは 体調です。

体調と言うと意味不明な言葉だと思いますので体調というのは疲れやストレスの蓄積している多さを言います。

最近は時々 体調がわからないという方がいますので 体調というのは毎日毎日の生活で 蓄積していく疲れやストレス の たまった度合いを言います。

毎日の生活でも運動することでも筋トレすることでも仕事をすることでも掃除機をかけることでも買い物することでも料理を作ることでも選択をすることでも多くの疲れやストレスが生じています。

つまり生きている限りは疲れやストレスをなくすことはできません。

しかし疲れやストレスが分かっていない方が時々います。

疲れやストレスというのは生活する上でも蓄積していきますが睡眠負債状態でも多くの疲れやストレスが蓄積していきます。

肩こりが起きる原因は毎日毎日の生活上や仕事をする上での肩や腕や指を使うことに原因がありますので 使えば使うほど多くなるものは筋肉疲労です。

筋肉を使うことで筋肉も疲れやストレスを溜めていき 緊張してこりになりますのでこりが起きると 筋肉は疲労してリンパの流れが悪くなり老廃物が多く蓄積していき肩こりになります。

肩こりが起きた時には 身体全体に疲れやストレスが溜まっていき特に肩こりを感じる部分に多くの疲れやストレスが溜まっているということで肩こりとして感じています。

つまり肩こりを感じる時には肩こりのある部分だけが問題なわけではなく前進的に疲れやストレスが溜まるという異常状態になっていることと多く 肩こりを感じる部分に疲れやストレスが溜まっていることで肩こりになります。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉のこりと緊張をほぐす治療が多く見受けられますがその代表的なものは 湿布を貼ったりすることが多く見受けられますがシップというものは 鎮痛効果がある薬剤が入っていることで肩こりを改善する効果があります。

湿布を貼るということは筋肉に疲れやストレスが溜まっているということで緊張や炎症が起きていますので緊張や炎症を減らしていくことができるのが湿布の効果です。

湿布には鎮痛を抑える効果がありますのでインドメタシンなどのスースー気持ちがいい楽になる効果があるものが入っている場合が多くありますが ただ貼ってしまうだけでは肩こりの原因を見つけ出すこともなく原因もいつまでも同じままではいられませんので原因を見つけ出さない限りは筋肉の凝りばかり改善していると原因もいつのまにか進行していきます。

肩こりと言うと何でもかんでもドラッグストアなどに売っている湿布を貼ったりすることも多く見受けられますが 捻挫などの急性的な痛みを改善して減らしていくことは有効だと思います。肩こりにも効果があることもありますがいつまでも湿布ばかり貼っていると原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりには肩こりを起こしている原因があります。

マッサージと肩こり

肩こりと言うとマッサージをすることも多く見受けられますが マッサージというのは筋肉をほぐすようにして柔らかくすることをしていますので肩こりにとっても有効な手段の一つではあります。

肩こりと言うと湿布以外ではマッサージをすることも多く見受けられますから家族の方に肩を揉んでもらったり専門の方にマッサージをしてもらったりということで気持ちの良さはあると思います。

肩こりと言うと代表的にはマッサージをしたり湿布を貼ったりということが多く見受けられますがマッサージをしたりすることでも本当に肩こりが楽になりますがこれらは一時的で原因を見つけ出すこともなく楽にすることばかりしている対症療法というやり方です。

対症療法というやり方は楽になりますが原因なんかは関係なく原因を検査することもなくただ表面上の筋肉を揉んでいるだけですから 原因なんかは関係ありません。

原因を見つけ出すことなくただ楽にすることばかりしているのが湿布を貼ったりすることでありマッサージをしたりすることです。

しかし湿布を貼るのもマッサージをするのも一つの肩こりを楽にする治療法ではあります。

しかし肩こりを楽にすることと肩こりを原因を見つけ出して改善していくことというのは違います。

肩こりを楽にしていくため

肩こりを楽にしていくためには電気治療器というのもよく使われている方法ですが特に低周波治療器というのは多くの治療院でも用いられている電気です。

低周波治療器というのはプラス端子からマイナス端子へ定電流の電気を流すことをしていますので筋肉がほぐれてリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていくということで肩こりを楽にすることができると思いますが単純に刺激すればいいというわけではなく刺激をしても筋肉は肥料がある上により多くの肥料が積み重なっていくというのが低周波治療器の意味になります。

当院でも 昔はよく低周波治療器を訳も分からずに使っていました。

あると聞いて周波治療器をどういうものなんだろうということで検査をすることをしてみましたら大変なことがわかりました。

低周波治療器というのは肩こりを治しているわけではなくコリを散らしているだけなんです。

コリを散らして分からなくしているのが低周波治療器ですからこれを散らしてしまうと筋肉疲労が起きてこりを感じなくなっていきます。

単純にこんな治療法をしていると患者さんの体を壊すだけだと知ってからは一切の低周波治療器を使うことなくての技術を磨くことを していきました。

低周波治療器や電気を使ったり何も考えずにマッサージをしたりするだけでは本当の意味で肩こりの原因を見つけ出すことはいつまでたってもできません。

肩こりを起こす時には重大な秘密が潜んでいますのでその重大な秘密から改善して減らすことをしないと 肩こりとしてではなく肩こりが違った形で表面上に出てくることが多くあります。

睡眠負債と肩こり

肩こりを起こしている方の多くは夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。

眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを言います。

人が見てスースーに行きを立てて気持ち良さそうな眠りをしているからといって脳が休養とって寝ているということはわかりません。

寝ている本人は目が覚める瞬間に夢を見ていますから記憶に残る夢は覚えていますが夢を見る前の時間というのは大変、長くはあっても 寝ながら考え事をしている時間になっている方が多くいます。

脳から寝ている時間が長くないと日増しに脳は弱っていきますので脳が弱るとインフルエンザウイルスが体内に入っていても増殖していても大脳が元気だから熱を上げて減らすことをできますが脳が弱っていると熱を上げることさえできませんから隠れインフルエンザになります。

大脳が弱ってしまうと痛みやコリが起きている状況になっていても体調がどん底のような体調していたり奈落の底のような体調をしていても何も感じませんからハイテンションになっていることさえ分からずに 体調は良いと思っています。

大脳が弱るということはただ弱っただけではすみませんので色々な大脳の働きが低下していき脳細胞の急激な現象が起き生命機能の中枢である脳幹の部分も疲弊状態が起き疲弊が起きると脳幹の働きも低下していき生命機能の低下を招いて大変なことになります。

しかし脳が弱ると何も感じませんからいざ何かが起きてしまうと限界まで進行した状態でやっと色々な症状が出てきたりすることがありますからその時にはかなり進行していますので治りが悪く回復はなかなか出来ません。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から肩こりを楽に。