肩こり解消法

肩こり を 楽にして解消しようと思うなら原因から見つけ出すことをしないと何時までも原因を残したままだと繰り返しやすく戻りやすく肩こりを感じていない時でも進行していきます。

肩こりというのは原因があるから肩が凝るわけですからその原因を見つけ出すことをしないと何も原因を疑うことなく湿布を貼ったりすることでも肩こりは楽になることもありますが原因は残ったままになっていますので肩こりの原因を解消していくのと楽にすることとは違います。

肩こりというのは筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉のコリばかり改善するようにして楽にすることばかりしていますが楽にすることと肩こりを治していくということは意味が違います。

肩こりを楽にする方法というのは 湿布を貼ったりしても楽になることはありますが原因は残ったままになっています。

肩こりを楽にするためには家族の方に肩を揉んだり肩を叩いてもらったりということで肩こりは楽になることは一時的にできますが原因は残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられません。

肩こりと言うと低周波治療器などの電気をかけることでも楽になることはできますが低周波治療器は当院でも昔使っていましたが今では一切低周波治療器などの電気を使うこともなく肩こりを楽にすることをしています。 低周波治療器というのを当院では研究することをしてみましたので低周波治療器というのは何をしているのかということになりますが何をしているのかということを研究したということなんです。

低周波治療器というのは低周波の電流をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激しているだけなんですが刺激することでリンパの働きが良くなって老廃物が多く流れていきますが循環も良くなりますがただ単に筋肉疲労を起こしているだけで痛みやコリを散らしていることにしかなりません。

痛みやコリを散らしてしまえば わからなくなりますから分からなくなった事が治ったと思わせるふりをしています。

ドラッグストアなどに売っているサプリメントやテレビのコマーシャルなどで売られている健康食品なども肩こりを楽にすることができるかも分かりませんが何かのエキスが入っていたりビタミンやミネラルが豊富だからといって宣伝しているように見えますが原因は残ったままになっていますので原因が残ったままだと繰り返しやすくも取りやすくまた肩こりを楽に出来ても原因は残ったままになっています。

肩こりと疲れやストレス

肩こりは疲れやストレスの蓄積と深い関係がありますので 筋肉のコリだけで起きている肩こりはありませんがないことはないので筋肉の凝りからほぐすようにしていますが筋肉の凝りがほぐれたらその先にあるものを見つけ出さなければいけません。

多くの肩こり解消法の治療法は筋肉のコリをほぐしてしまえば楽に感じることが多いために筋肉のこりたけをほぐして楽にするように装っています。

確かに筋肉のこりというのは毎日毎日の生活や重たい物を持ったりすることや掴んだりすることをや肩に荷物を下げることなどでも多く肩を腕を指を使っていますので毎日毎日の生活で蓄積したものが筋肉疲労を起こし緊張になり筋肉のコリになるということで肩こりになることもあります。

しかし体が正常に働いていてホルモンの 筋肉解消ホルモンが上手に出ていれば筋肉のこりは寝ている間に改善しているはずなんです。

しかし毎日毎日の生活することで疲れやストレスが多くなりますので疲れやストレスは生活することでも仕事をすることでも精神的な緊張やプレッシャーや抑圧などでも多く蓄積していきますので筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたらぎゅーっと体を絞れば65 kg は水分になりますから体の体重の大半は 水分だということです。

水分と言っても水というわけではありませんので血液だったりリンパ液だったり体液だったり 細胞の一個一個の中にも見つかりますし骨にも水がありますからそれらを全部絞り出すと水分が65 kg になるということです。

後残った35 kg は皮膚の重さ、筋肉、靭帯の重さ、骨の重さ、神経と血管とリンパの重さと中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓です。

この中で疲れやストレスがたまりやすいところと考えれば内臓と筋肉しかありません。

中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄というのも内臓の一部ですからつまり内臓と筋肉しか疲れやストレスがたまるところはありません。

内臓と筋肉に疲れやストレスが溜まりながら筋肉も緊張やコリを起こすこともありますが筋肉の緊張やこりは単純なものですから動かしたりお風呂に入って温めたり湿布を貼ったりして冷やすことだけで多くコリは解消していきます。

しかしそれだけでは改善しないし解消できないこれが残りますからそのこりは筋肉のこりだけではなく背骨のズレが関係しています。

背骨のズレと肩こり

肩こりというのは背骨の骨がずれて 筋肉は骨から骨にくっついていますので骨がずれて動くことで筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりということでリンパの働きを悪くなって老廃物が多くたまり循環が悪くなって肩こりになります。

ということを考えれば肩こりというのは背骨の骨がずれて筋肉が引っ張られて起きる肩こりだということなんです。

しかし背骨のズレは原因がなくてずれることはありませんので何かの原因があるからズレを起こしていますのでその原因を見つけ出さなければいけませんし背骨の中には中枢神経系が入っていますから中枢神経系を守ることができなくなります。

背骨というのは中枢神経系を守っている役目を負っていますので中枢神経系が猫背や姿勢などで歪んだりずれたりすることはありません。

ではどうしてズレやゆがみが起きるのかという原因を見つけ出さなければいけませんので原因を見つけ出すためにも検査することをしています。

普通の整体カイロプラクティックでは筋肉のコリをマッサージしてほぐしたらボキボキして背骨の矯正をして、あとは低周波治療器などの電気をかけて終わりというパターンが多く見受けられると思います。

しかし筋肉のコリをほぐすことをしていますがボキボキしても 背骨の中の 椎間板または軟骨の中に気泡つまり泡が溜まった状態で弾ける音がボキボキ音に聞こえます。

骨の可動域というのは本当に1 CM も動きませんので そんなに大きくずれることはありませんが 背骨のズレというのは ない方はいません。

つまり全員が背骨のズレを持って生まれていますのでこの背骨のズレというのは体質レベルでズレがあるということです。

背骨のズレというのは体調と体質から起きていますので体調というのは疲れやストレスの蓄積で起きる問題なんですが体質レベルで起きる背骨のズレというのは遺伝的な要素であり家系的なものを含んだものです。

例えばですけど親が肝臓の何らかの病気が肝臓が弱ければ 背骨の8番目の骨がずれています。 背骨の8番目の骨がずれている親から生まれた子供や孫も必ず背骨の8番目の骨はずれていますが小さい頃は、まだ小さいために分からないだけです。

もう一つ例えばですが親が糖尿病になっていれば 背骨の6番目の骨が膵臓に関係する部分ですから膵臓に関係する背骨の6番目の骨はズレています。 糖尿というのはすい臓が悪くなって起こす病気ですけど病気になっていなくても 弱いということはありますので弱ければ明らかに遺伝的な要素と家計的な要素で子供や孫はアトピーやアレルギーになりやすく糖尿病まで行かなくても下痢を繰り返しやすいという症状が起こります。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態から肩こりになっているということも多く見受けられるようです。

睡眠負債というのは夜、寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているんですが単純に目が覚めないから寝ているとだけ思っています。

目が覚めないから寝ているとは言えません。

眠りというのは脳が休養とって寝ていることだけを言いますので脳が休養とって寝ていない限りは寝ているとは言えないんです。

夢というのは目が覚める瞬間に記憶に残っているから覚えているだけであり 一番、最悪な睡眠が得ながら考え事をしている睡眠なんですが、この睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまっています。

誰でも寝ている人を見てスースー寝息を立てていれば寝ていると思うかも分かりませんが脳の中ことまで考えていませんし確認ができていないのに寝ていると勝手に考えています。

眠りというのは夜寝ようとする時間にあくびが出ていなければ脳が眠る準備を出来ていません。

夜に寝ようとする時間がいつも同じであれば30分か1時間前にあくびが出なければいけませんが多くの方はあくびが出ていない状態でもうこんな時間だから寝なきゃという状態で寝ています。

しかし昔でしたら不眠症と言うと夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったりという方が不眠症でしたが最近の睡眠負債の方は 寝ながら考え事をしている状態で脳を弱らせていきます。

寝ながら考え事をしている大脳があると 寝ているわけではありませんので日々脳が弱っていき脳細胞の急激な減少を招いていきます。

脳細胞が減少してしまったものは 再生はできませんのでまだ残っている部分の脳を活性化させることをしていけば追いつく可能性があります。

疲れやストレスと睡眠負債と肩こり

肩こりといっても疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態の方が多く現代はいますので それらを解消していかなければ本当の意味で肩こりを解消することはできません。

肩こりというのは 疲れやストレスの蓄積で内臓疲労が大きい背骨のズレが起きる事と睡眠負債状態から心臓や肺が弱ってしまって 背骨の1番目と2番目の骨がゆがんだ状態で肩こりを感じる方が多くいます。

単純に肩こりと言っても心臓や肺から起きていることもありますので筋肉だけ解消しても楽に感じてしまうことがあるために心臓や肺の弱りをおざなりにしてしまっているという大変なことを起こしています。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区 などから多くの方が 肩こり を解消するために訪れています。