肩こりを解消

肩こりを解消する為には、肩こりというと筋肉のコリという意味がありますが、筋肉の凝りというのは筋肉が疲労したり緊張したり硬くなったりすることを言いますので、単純に筋肉が問題になっていることが多く見受けられます。

筋肉の疲労することは毎日毎日の生活や仕事をする上でも精神的な緊張などをプレッシャーなどが加わった時でも多くなったりするものが、疲れやストレスなんですが、疲れやストレスは筋肉に多く蓄積していくことで筋肉疲労が大きい筋肉疲労が緊張として起きてしまうと固くなると言う現象が起きるので、これが肩こりになります。

つまり、肩こりというのは毎日毎日の積み重ねが肩の筋肉に積み重なったものが肩こりになっている訳ですけど。

疲れやストレスの積み重ねがあっても何も感じていない時には何もしようともしないし、メンテナンスを早めにしようと考える方はいません。

何かが起こってしまってから慌てて何かをするということが多く見受けられますので、単純に早めに肩こりの起きている部分をメンテナンスした方が酷くならなくて済むんですが、多くの方はそれを考えてもいませんし、先の事も見えていません。

例えば筋肉疲労というのは、最近のこともあるでしょうが、今まで1年も2年も3年も5年も10年の前の積み重ねで起きているという場合もあるかも分かりません。

つまり、年数が経って蓄積した状態が多く溢れかえるほど溜まった為に起きている肩こりというのもあるということなんです。

今まで肩こりを感じていない方も、積み重なっていますし、長年、肩こりを感じてしまっている方はさらに多くの筋肉疲労を溜めてしまっているかも分かりません。

自分でも気がつかないうちに疲れやストレスが体に溜まっていき、筋肉に溜まったのかも分かりません。

ヒトの体というのは気がついていなくても、毎日の生活や仕事をすることや、運動することやショッピングをすることや車の運転をすることや旅行に行くことなどでも疲れやストレスは多くなっていきますので、何をしても多くなってしまうのが疲れやストレスの蓄積なんです。

疲れやストレスというのは、同じことをしても肩こりとして感じないという方もいますし、何もしなくても肩こりとして感じてしまうと言う方がいるように体が全員同じ状態ではないからそういうことが起きてしまいます。

人が生きていく上で色々なことをしているので、その積み重ねが弱い筋肉に溜まっていくと蓄積が多くなって肩こりとして起きてしまうということだと思います。

対症療法と肩こり

肩こりというと、多くの治療法がありますが一番に挙げられる治療法というのは対症療法という治療法なんですが、対症療法というのは湿布を貼ったりすることでも湿布には色々な薬剤が入っていますので、冷やす感じと炎症や腫れを抑える鎮痛効果があるので肩こりが楽になるとゆうことがあると思います。確かに湿布を貼ったりすると鎮痛効果が働いて和らぐ肩こりもあるために単純に湿布を貼って楽にすることばかりしているとこじらせた状態でいつかは出てくる可能性もあるということを考えなければいけません。

というのも何も原因がなくて筋肉の緊張や筋肉疲労が積み重なっているというのは考えることが難しいからです。

普通は体の内臓が正常に働いたりしているとホルモン系も正常に働いてくれていますので、筋肉疲労が起きたり、筋肉の緊張が起きると筋肉を和らげるホルモンが分泌されなければいけません。

筋肉の緊張を和らげるホルモンが分泌されていないのか、正しく正常に働いていないのかということが身体に起きている可能性があるということなんです。

体というのは筋肉を和らげるホルモンが出ているので、そのホルモンが分泌されないのか、解消できない程のものが起きているのか、どちらかです。

普通は筋肉の疲労や緊張が起きていると正常に戻すために正しくホルモンが働いて筋肉を和らげてくれるようにホルモンが働きますので、そのホルモンが働いてるにも関わらず積み重ねが多いと正常に解消できなくて、肩こりになっている可能性もあります。

肩こりというのは、単純に肩の筋肉だけを揉んだり、柔らかくすればいいというわけではなく、原因を追求していかなければいけませんので、肩の筋肉をほぐして終わりと言うことではありません。

肩こりを起こしている時には、体全身に疲れやストレスが溜まっているのが普通ですから、肩の筋肉だけを解消しても全身の疲れやストレスの蓄積は残ったままになっています。

しかし、初回や初診から色々な治療をしてしまうと、全身が回復する力がない方はまた体力が落ちている方が多くいますので、だるくなりやすいので注意しなければいけません。

揉み返しというわけではありませんが、治療したあとだるくなるのは回復する力がない方と体力を落としている方がだるくなりやすいと思います。

疲れやストレスの蓄積と肩こり

肩こりを感じる時には、全身に疲れやストレスが溜まっているのが起きていますが、全身を対象にすることをしないと肩こりも回復する力がありません。

肩こりというと筋肉のコリというイメージが強いですが、筋肉の凝りが起きる時には背骨のズレが起きていることが多く見受けられますので30年の肩こりの解消をしてきて1人も筋肉だけで起きている肩こりというのはありませんでした。

背骨の歪みが起きたりすると、筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緊張したりします。

しかし、中枢神経系を守っている背骨が簡単に曲がったりすると大変なことが起こりますので、簡単に曲がることはありませんが、疲れやストレスというのが筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していくと体の中から崩れを起こしますので崩れが背骨のズレになります。

もちろん簡単に曲がったりすることはない背骨なんですから、猫背などでも曲がったりすることはなく、姿勢でも曲がったりすることもなく、重たいものを持ったりしても曲がったりすることもなく、変な姿勢をしても曲がったりすることはありません。

それほど弱く、できていないのが背骨の作りですが、体の内側からあるものに対しては凄く弱く、関係する背骨がずれて筋肉は引っ張られて肩こりになります。

背骨がずれる原因はある部分に多くの疲れやストレスがたまることが原因です。

毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動することなどで多くの疲れやストレスが体に溜まるということはわかっていると思いますが、体のどこに溜まるのかということが一番の問題なんです。

疲れやストレスが溜まる所というのは、筋肉にもたまりながら、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞れば65キロが水分になりますので、体の体重の大半は水分が占めているということです。

あと残った三十五キロは皮膚の重さ、筋肉や靭帯の重さ、脂肪の重さ、骨の重さと神経と血管とリンパの重さになります。さらに残ったものは中枢神経系と内臓です。

中枢神経というのは、内臓の1部ですから、疲れやストレスというのは筋肉にたまりながら何10倍も多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓疲労から背骨のズレ

毎日毎日の疲れやストレスが内臓に蓄積していきますが、内臓と言っても病気というわけではなく、なんでもかんでも病気を結びつけることもなく説明をしっかりと聞いてください。

内蔵というのは体の1番内側にありますので、内側にある崩れが起きると骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになっていきます。

体の歪みやズレというのは、内臓疲労から起きていますので、内臓疲労が起きると必ず背骨のずれが起こり、例えばですけど、肝臓が弱った方は背骨-8番目の骨がずれています。

肝臓というと病気という感じやまたは飲み過ぎとか言う感じになりますが、弱い肝臓の方が飲みすぎると余計に悪くなるだけです。

普通一般的に肩こりを起こしやすい内蔵というのは心臓と肺と横隔膜と胃と、肝臓が挙げられると思いますが、この中で一番疲れやすいというところは心臓と肺が多く見受けられるようですが、病気というわけではありません。

疲れやストレスが溜まるというところで起きるだけであり、病院でいくら検査をしても異常がない場合が多くありますので、病院では病気の検査をしていますので、病気として完成してしまった方は検査をしてみると陽性反応が出て数値などに異常が出てしまいます。

肩こりの方は心臓や肺が弱い方が多く、関係していますので、時々だと思いますが、うなぐるしさや息苦しさが起きたり、心臓の辺りにチクッとする変な痛みが一瞬だけど起きてしまうとゆうことが起きたりと言う方が肩こりになりやすくなっています。

なるというのを断言するのではなく可能性が多くなっていると思ってください。

病気と言ってる訳ではありませんので、心臓が弱った時や肺が弱った時などに肩こりが起きている可能性があるということなんで、病気というわけではありませんので注意をしてください。

病気というのは、完成してしまわないと検査ができませんので、完成したら病院に行って検査をすると異常反応が出てしまいます。

体質改善と肩こり

当院では肩こりを改善する時には楽にすることと肩こりを根本から治していくという方法がありますので、体質改善という方法で改善することをしています。

体質改善というのは、肩こりには肩こりになりやすいという体質があるから、肩こりになりますから、体質を変えていくことをしていくのが体質改善なんですが、例えばですけど、筋肉も老化したりすることがありますので、老化して硬くなったものはいくら揉みほぐしても電気をかけても柔らかくなることはありませんので、それを柔らかくなるように若返るようにしていくのが体質改善の施術になります。

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が肩こりを解消する為に。