肩こりを解消

肩こりを楽にしていくためには、筋肉の凝りから解消するようにしていますが、どうして筋肉の凝りが起きるのかという原因を見つけ出さない限りはいくら表面上の筋肉の凝りばかり解消しようとしても戻りやすく繰り返しやすく肩こりを感じていない時でも原因は進行してしまいます。

肩こりを起こしている筋肉のコリというのは原因があるから起きていますので、原因を見つけ出さない限りはいくら表面上の筋肉の凝りばかり解消して楽にすることばかりしても楽になるだけで治っているわけではありません。

肩こりを楽にすることと、肩こりの原因になっているものを見つけ出して直すということは意味が全然違います。

肩こりというのは、筋肉のコリというイメージがどうしても強いですから、筋肉の凝りをほぐして柔らかくすることをしたりすると肩こりは楽に感じてしまう為に肩こりが治ったと思うでしょうが、実は違います。

しかし、多くの肩こりを楽にする治療というのは、湿布を貼ったりしても楽に感じることがありますし、サプリメントやドラッグストアなどで売っている肩こりを楽にするという薬でも肩こりが楽になることもありますし、家族の方にマッサージをしてもらって楽になることもありますし、マッサージを専門家の方に依頼をして肩こりを楽にする方法もあります。

整骨院や整体院やカイロプラクティック院で低周波治療器などを当ててもらって肩こりを楽にすることもできる可能性もありますが、原因を見つけることなく楽にすることばかりしているのは対症療法という治療法になります。

肩こりには肩こりになる原因があるから、肩こりを感じているわけですけど、原因を見つけ出すことなく楽にすることは多くあります。

多くの治療法というのは、肩こりを治しているわけではなく、楽にすることが多く見受けられますので、楽にすることと肩こりの原因になっているものを見つけ出して直していくというのは意味が違うということなんです。

本当に肩こりというのは、慢性化してしまうと徐々に筋肉が硬くなったりします。

肩こりというのは、マッサージばっかりして筋肉を刺激ばかりしていると筋肉は徐々に硬くなっていきます。

肩こりというのは、低周波治療器などをすると徐々に筋肉は硬くなっていきます。

色々な治療法というのも多くすればするほど、徐々に筋肉は固くなって老化していきます。

あまりにも長く続ければいいというわけではなく、マッサージや低周波治療器や整体やカイロプラクティックの治療などを多くしてしまうと筋肉は刺激を受けすぎると硬くなっていきます。

筋肉が固くなるというのは、揉めばいいというものではなく、筋肉が固くなるというのは老化して硬くなるということです。

老化して硬くなったものは、いくら揉んでも柔らかくなることはありません。

老化した筋肉というのは、マッサージをしても、低周波治療器などをかけてもかけている時だけいい感じがしますが、すぐにまた元に戻ってしまいます。

筋肉も1時的に固くなる現象と、永久的に硬くなって硬さが取れないものがあります。

1時的に筋肉を柔らかくすることばかりしていると、永久的に徐々に硬くなっていくということが筋肉で起きてしまいます。

肩こりと疲れやストレス

肩こりが起きてしまう原因の1つとして筋肉の緊張や疲れというのがありますが、疲れというのは筋肉疲労が溜まりすぎると筋肉は緊張してしまうということで、筋肉が緊張すればリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まり循環が悪くなることから肩こりになります。

そして、筋肉の疲労や筋肉の緊張があまりにも長いと筋肉も徐々に老化するということが起きてしまいますので、評価するものは1年に1歳年をとる、年齢だけではありません。

年を取るのは皮膚も年を取りますし、骨も年を取りますし、筋肉や靭帯も歳をとっていきますので、歳をとらないところはありません。

筋肉の疲労や筋肉の緊張がマジでも長期間に及んでしまって、慢性化した状態では筋肉も徐々に正常状態を保つことができなくなっていきますので、マッサージをしたりすることや電気治療器を長期間に及んでしてしまうと筋肉も徐々に硬くなっていきます。

筋肉が固くなってしまったものは、老化現象で硬くなったものですから、簡単に取れることはありませんけど、体質改善の施術でのみ改善できる方法もあります。

しかし、どうして筋肉の疲労が起きるのかということが原因として肩こりにはありますので、筋肉の疲労が起きる時には毎日毎日の生活や腕や肩を使うことが多くあることが積み重なって筋肉疲労になっていきますので、筋肉疲労を軽いうちから解消をすることをしていかないと積み重なっていきます。

1度、積み重なったものは簡単に減る事はありませんので、多くなればなるほど肩こりを強く感じてしまっています。

肩こりを感じている方は24時間ずっと肩が凝りっぱなしということはありませんので、肩が凝ったり軽くなったりということを繰り返しながら何かの異常が起きているということを自分に知らせてくれています。

何かの症状が起きた時に、自分に感じさせることをして痛みやコリとして起こしてしまうのが肩こりとして感じてしまいます。

色々な症状が起きる時には、単純に筋肉のコリだけで起きていることはありませんので、何かの体の異常が起きている時に痛みや国になります。

それを人は簡単に考えてしまって、コリさえ解消すればいいという感じになっています。

しかし、何も原因がなくて肩こりは起きることはありませんので、技術的に見るとある部分が関係しています。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞れば65キロが水分になりますので体重の半分以上は水分だということです。

あと残ったのは35キロですから35キロの中には皮膚の重さ、筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとリンパと血管と神経の重さとあと残ったものは中枢神経系と内臓です。

この中で疲れやストレスを溜めて、肩こりになると考えられるのは、中枢神経系と内臓と筋肉です。

多くの方が消去法で考えても疲れやストレスを溜めてしまうというのは、どこにあるのかということを考えたことはありませんし、専門家の先生でさえ知らない方が多くいます。

肩こりを起こしている関係するものというのは、中枢神経系も内臓-1部ですから、疲れやすいですが、たまるというところは内臓と筋肉しかありません。

人は生活することでも動いたり、運動することでも買い物することでも、温泉に入って旅行することでも、車の運転をすることでも疲れやストレス多くためてしまっています。

そして内蔵というのは油分を分解したり食べたものを分解したりアルコールを分解したりと色々な働きを内臓がしてくれて動く体力やエネルギーを作ってくれています内臓も働いている訳ですから、疲れやストレスを溜めても不思議ではありません。

この両方からくる疲れやストレスが内臓に溜まっていきます。筋肉よりも中にあるのは内臓です。

体の内側から崩れを起こしていくのが内臓のダメージからくるものの方が多くあります。

内臓が起こす崩れから骨盤の歪みや背骨のズレになっていき、特に背骨がずれていくと筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緩んだりしますので、これが肩こりになります。

睡眠負債と肩こり

疲れやストレスとは別に、睡眠負債状態の方が多くなっていますので、睡眠負債状態が多くなると大脳が弱っていき、大脳が弱ることですべての内臓に疲れやストレスが溜まりやすくなって内臓の溜まった状態から起きる背骨のズレがおき、肩こりになるということがあります。

最近は多くの方が寝ているようで、眠れていませんので、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

人が見てもスースー寝息を立てて寝ているような状態に見えても、脳のことまで考えていませんので、格好だけ見て見た目だけで見て判断をしています。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢と言うのは長い夢を見ていたように思っても脳が起こすトリックで数秒だったり数分だったりという時間しか見ることができません。

あと残った時間の多くは寝ながら考え事をしている最悪な睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は大脳を弱らせていきますので、大脳が弱ると脳細胞の急激な減少が大きい、脳内麻薬が分泌される可能性が多くなっていきますので、脳内麻薬というのは痛みや凝りを感じなくさせます。

どんなに歪みやズレが起きていても、痛みやコリとして感じなくなってしまいますので、限界まで疲れやストレスをためて、歪みやズレがめちゃくちゃ多くあっても限界までわかりません。

そして最近多くの方が脳を弱らせている場合が多く受けていますので、ハイテンション状態になった方もいますので、ハイテンション状態になると痛みや凝りも感じません。

何よりも睡眠負債状態が多くあると脳細胞が急激に減っていくのが大変な結果を招いていきますので、最終的にそれがいつ症状として現れるかということになります。

最終的に症状として現れる前に物忘れやうっかり状態が多くなっていきます。

肩こりと体質改善

肩こりを解消しようと思うなら、体質レベルから来ている場合もありますので、根底にあるものは背骨がずれたりすることが原因なんですが、背骨のズレは生まれつき弱い内臓に疲れやストレスが多く貯まるということが起こります。

子供が生まれる時に目元が親にそっくりだと下顎の部分が誰かに似ているとか言われるように顔形が似ているだけではなく、内臓の弱さも悪さも親と似ています。

しかし、今現在は病気ではありませんので、検査をしても分からないと思います。

病院で行う検査というのは、病気の検査ですから、病気として完成してしまうとわかります。

しかし1年や2年で病気になることはありませんので、健康な細胞から病気の細胞にどれぐらいかけて変化していくかというと5年でもありませんし8年でもなく10年、15年や二十年かけながらなっていきます。

肩こりと言っても弱い部分に疲れやストレスが多く、蓄積していくと弱い部分はいつまでも同じままではいられませんので、細胞の変化が起こり、関係する内臓は筋肉、内臓の部分が老化していきます。

内臓だけが老化するわけではなく、筋肉も老化していきますし、関節も老化していきます。

肩こりとは

肩こりというのは、単純に簡単に考えてしまっていますが、筋肉のコリというイメージがどうしても強いために単純に筋肉のコリ緊張だとか、疲労だとか、乳酸が溜まったとか言われるように筋肉疲労から起きていることは少なく、その裏側にあるのは背骨のズレなんです。

しかし、背骨のズレというのは中枢神経系を守っているものですから、猫背や姿勢などで曲がったりすることもありませんし重たいものを持ったりして歪んだりズレたりすることはありません。

歪んだり、ズレたりするのは体の1番奥からトラブルがある時にしか起こりません。

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区、から多くの方が肩こりを矯正する為に。