肩こり解消

肩こりを解消する為には、肩こりというと筋肉のコリというイメージですから、筋肉のコリから改善していくようにしています。肩こりを楽にする治療はいろいろあると思いますが、その代表的なものは湿布を貼ったりしても肩こりは楽になるだろうし、マッサージをしても楽になることもあるでしょうし、低周波治療器などの電気をかけても肩こりが楽になることもあると思いますが、楽になる事と肩こりを治していくということは全然意味が違います。

肩こりにも程度がありますので軽いのから酷いのから色々な程度がありますが元は筋肉の凝りから始まっていきますが徐々に進行していき単純なコリだけでは改善できなくなっていきます。

肩こりの元は筋肉の疲労から起きている緊張でリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していくことが原因で循環が悪くなるのが肩こりの元なんですが、この時に根本的なものの原因を見つけて改善する事をしないと徐々に肩こりを感じていない時でも進行していくということが多くあるんです。

肩こりというのは原因があるから肩が凝っているわけですから、原因を見つけ出すこともなく、単純に表面上のコリだけを解消しようとすると原因もいつまでも同じままではいられません。

普通は腕や肩や指先などを使うことを連続的にしていき、疲れやストレスが溜まった状態で解消できなくなったものが肩こりなんですが、肩こりと言っても色々なものが存在しているということですから、単純に筋肉のコリだけを解消すればいいかというとそういうわけではありません。

初の肩こりは年齢の若い時に起きていますので、そのときの肩こりというのは単純に筋肉疲労から起きた、肩こりだと思いますが、肩こりをおこす筋肉というのも徐々に進行していき、老化していきますので固くなっていきますから硬くなるということは機能不全状態が起こりますので、機能不全状態で肩がこりやすくなります

肩こりというのは、単純な筋肉疲労から起きているものもあれば、いつも肩を重たいとか凝っているとか言う感じになっている方は単純な肩こりではありませんが、先程も説明したように湿布を貼ったりすることでも楽になったり、マッサージをすることでも楽になったり、低周波治療器などの電気をかけて楽になることもあるために楽にすることばかりしていると、いつの間にか筋肉も老化していき、進行していくということが起こります。

老化するのは関節だけではありません。

筋肉も徐々に進行していき、硬くなっていくことで老化をしていきます。

老化していくのは年齢を重ねることだけではありませんので、年齢を重ねるということは色々な部分や色々なものが老化して硬くなったり弱くなったり悪くなったりしていきます。

これらの老化したものをマッサージしても柔らかくなることはありませんし、電気をかけても柔らかくなることはありませんから、唯一筋肉の老化を改善できるのは体質改善の施術だけになります。

肩こりを慢性化させた方は、長期に渡肩こりと睡眠不在り肩こりを起こしていますが、長期にわたり肩こりを起こしている場合、筋肉が徐々に硬くなっていき、筋肉が硬くなると筋肉だけでは済みませんので周辺にある神経や血管やリンパ管なども固くなっていくということが起こります。

特に神経の流れが悪くなると握力が低下していき、ペットボトルの栓などを開けることが困難になっていたり、血管の血流が悪くなってくると血行不良が起きたりすることがあるということも起こります。

しかし、筋肉が硬くなっていくと神経の麻痺が起こりますので、どんなに固くなっても肩こりを感じなくなっていくこともありますので、自分でも皮膚などをつまんでみて硬さを確認してみることも必要だと思います

時々方の背骨の部分がコブ状になっている方がいますので、コブ状になっている方は多くの方は肩こりを感じていませんが、単純にコブ状になっているだけではすまないのが現状です。

肩こりと疲れやストレス

肩こりが起きる方は疲れやストレスが全体に溜まっている時に強く感じてしまい疲れやストレスが1時的に軽くなった時には、肩こりは軽く感じます。

肩こりを起こしている方は、いつも同じ強さの肩こりを感じているわけではありませんので、時間において違ったり何かを集中してやっている時には肩こりを感じにくくなっています。

肩こりというのは、どうして起きるのかという理由があります。

その理由として一つ挙げられるものは疲れやストレスの蓄積です。

毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどと運動やストレッチをしたりすることでも肩に荷物を下げたりすることでもショッピングをして手や腕に荷物を持つことでもスマホを扱って指先で操作するときでも肩や腕には力が入っています。

力が入る事が原因で筋肉疲労が大きい筋肉疲労が解消できないうちに、さらに筋肉疲労を積み重ねて蓄積したものが肩こりになっています。

普通は体が正常であれば筋肉疲労はホルモンが分泌されることで解消できるはずなんですが、解消できないうちに多くの疲れやストレスを溜めてしまうことが、筋肉に悪影響を起こしていき、蓄積したものが肩こりになります。

しかし、疲れやストレスというのは溜まるところがあるから蓄積していく訳ですから、たまるところを分析しなければいけませんので、溜まる所というのは筋肉にもたまりますが、ある部分に多く蓄積していくということがわかっています。

ある部分というのは、例えば体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと搾ってみれば65キロが水分になりますので、体重の体半分以上は水分だということなんですが、水分が何かを起こすということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやストレスを食べて悪さを起こす原因があるということなんです。

35キロの中には何があるのかというと、皮膚の重さ、筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さ、そして骨の重さと神経と血管とリンパなどしかありませんので、あと残ったものは中枢神経系の大脳と内臓ですけど、中枢神経系も内臓の一部ですから疲れやストレスが溜まる所というのは筋肉と内臓ということになります。

肩こりというと筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら緊張を起こし、さらに内臓に疲れやストレスが溜まることで骨盤の歪みや骨盤の開き、そして肩こりの原因になる背骨のずれが起こります

背骨のズレが起きると骨が動くわけですから、筋肉は骨から骨にくっついていますので、骨が動くことが原因で引っ張られたり緩んだりということで緊張が起こります。

普通はこれが肩こりです。

しかし、骨がずれていても筋肉をマッサージしたり、元気をしたり、サプリメントを飲んだりすることでも筋肉自体は楽になることができますので、背骨のズレを矯正しなくても楽に感じてしまいます。

しかし、背骨のズレということは、中には中枢神経系が入っていますので、背骨のズレが長期間あるとどういうことになるか想像ができないくらいの状態になります。

背骨のズレが長期間残ったままになっていると、徐々に神経やリンパの働きが悪くなるだけではなく、単純に筋肉がまた引っ張られたりするだけではなく、中枢神経系が出ている末梢神経に影響が出てくると思います。

肩こりというのは、筋肉だけでは済まないのが肩こりですから。

肩こりと睡眠負債

肩こりと睡眠負債というのは大変深く関係していますので、最近多くの方が睡眠負債状態になっていますが、睡眠負債状態になっていることに気がついていない方が大半です。

睡眠負債というのは夜、寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方なんですが、眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠りといいます。

夜、寝ようとする時にすぐ眠れて朝まで目覚めないから寝ていると思ってる方が大半なんですが、実は寝ている訳ではなく夢を見るわけでもなく寝ながら考え事を知る時間が3時間も4時間も5時間、もあることが確認されました。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは、頭がずっと働きっぱなしですから、大脳が休養取れなくなって熟睡状態まで深く眠りにつくことができません。

そうすると、脳は徐々に弱っていきますので、脳が弱ることが原因で脳細胞の急激な現象が起きていきますので、脳細胞の急激な減少はイライラ状態を作ったり頭痛などを作ったり、物忘れやうっかりが多くなっていきます。

初めは単純なもの忘れやうっかりだと思いますが、徐々にそれが大きく広く範囲を広げてしまっていきます。

そして、睡眠負債状態が長期に及んでしまった方は脳細胞の急激な減少だけではなく、脳内麻薬が多く分泌されますので、モルヒネに似た物質ですから痛みはコリを感じにくくなりますし、体調が落ちていてすごく悪くても何も感じなくなっていきますから、体調がいいと思っている方がいます。

当院の院長は検査をすることが出来ますので、検査をしてみるとむちゃくちゃ体調が悪いのに平気で体調はいいですという風に逆の答えをしまう答えをします。

しかし、検査をしてみると、骨盤の歪みや骨盤の開きはむちゃくちゃあったり、背骨のズレが多く起きてガタガタ状態になっている背骨でも普通では痛みやコリなども起きているはずなんですが、それを感じ取っていません。

肩こりとは

肩こりと言っても筋肉のコリというのはごく表面的なものなんですか、それだけを改善しても楽にすることができますので、逆に感じてしまう施術ばかりしていると大変な結果を招いていきます。

多くの方が先にあるものを見出すことができない状態で起きているのが、肩こりなんですが、単純に筋肉のコリばかり楽にすることをして抽象的になっていることが多くありますので、対症療法という方法が多く見受けられます。

対症療法という方法は、原因なんか関係なく、ただ筋肉を楽にしたり筋肉を揉みほぐしたりしていい楽にすることばかりして肩こりを治したと言っていますが、実は直していませ

肩こりの本当の原因を知ってしまった方は、びっくりするぐらいの方が多くいますが、本当に真実なんです。

対症療法という治療法は、湿布を貼ったりすることやサプリメントを飲んだりすることやマッサージをすることや、低周波治療器に代表される電気で痛みやこりを散らすことです。

肩こりの原因

疲れやストレスというのは、内臓に溜まると説明しましたし、睡眠負債状態では胎動が弱っていくということを説明したと思いますので、その両方から来る疲れやストレスというのは内臓的には背骨のズレの部分に関係する心臓が特に弱っていきます。

しかし、心臓が弱ると言っても病気ではありませんので、しっかりと説明を聞いてください。

眠りが浅かったりすると、心臓は必ず弱っていきますので、心臓が弱ると時々ですけど、息苦しさ、胸苦しさや胸のあたりに一瞬ですけどチクッとする痛みがあるとか、起こります。

または、心臓だけではなく、肺も弱っている方が多くいますので、心臓が弱ると背骨の胸椎の1番目の骨の歪みになります。

胸椎1番目というのは、肩の部分です。

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から多くの方が肩こりを解消する為に。