肩こりを楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためには筋肉のこりから改善していくようにしていますが筋肉のコリということで肩こりなんですが 筋肉のコリというのはどういう意味でしょうか。

筋肉のコリというのは想像してみるとどういう風になっているのが筋肉のコリ何でしょうか。

筋肉のコリというのはあまりイメージもしにくくどういう風になっているのかということがわからない言葉なんです。

普通一般的には肩こりを起こす筋肉のコリというのは筋肉が緊張したりしていることですから筋肉が緊張したりすると循環が悪くなったり神経の流れが悪くなったりしてリンパの働きも悪くなって老廃物が多く溜まっているということが起きているのが筋肉のこりです。

どうして筋肉のコリが起きて肩こりが起きるのかという原因があると思いますのでその原因から見つけ出すことをしていますのでただ単純に簡単な湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波などを肩に当てたりすることをしているわけではありません。

肩こりを起こしている原因を見つけ出すことをしていますので肩こりの前提になる筋肉のこりから改善していくようにしています。

筋肉が緊張してこりになっていきますので筋肉は緊張するということはどういうことで起きるのかということを見つけ出すことがをしています。

肩こりを起こしている筋肉の凝りが起きる時には筋肉に疲れやストレスが溜まっている時です。

疲れやストレスと説明しましたが疲れやストレスも同じ意味なのです。

ストレスの蓄積

ストレスという英語はありませんのでストレスも疲れも同じ意味ですからストレスというのは疲れが溜まっているという意味です。

疲れというのも肉体的にたまるものもあれば精神的にたまるものもありますから色々な疲れがたまることが肩こりの原因になっていきます。

疲れというのは日々生活することでも溜まっていきますし最近は多くの方が寝ているつもりで眠れていないということが多くなっていますので眠れていないと疲れは溜まってどんどん大きくなっていきます。

疲れが多くなると筋肉にも溜まっていきますので筋肉にたまると循環が悪くなったり緊張したりリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まっていくということで肩こりになります。

疲れやストレスというのは日々日常生活で多くなっていますが、これを減らすことを考える方はあまりいません。

疲れやストレスというのは日常的に家事をしたりして食事を作る時でも 溜まっていきますし 掃除をすることでも疲れやストレスが溜まっていきます。

車の運転をする時でも 常に力は入りぱなしになっていますので腕や肩の筋肉を使えば使うことで筋肉疲労が起きていき筋肉に疲れやストレスが溜まっていき肩こりになります。

重たいものを持つことでも持つ動作で筋肉は一生懸命働いていますので筋肉疲労が起きていき肩こりになります。

何も重たいものを持つことだけが肩に負担をかけるわけではありませんので軽い物でも維持する力というのが働いていますので維持するためには指や手のひら手首だけではなく肘や肩にも力が入っていますので肩に力が入れば入るほど肩こりになっていきます。

肩や腕に力が入ることが

最近は多くの方がスマートフォンやガラケーを扱っていますので操作することでも肩や腕に力が入ってしまっていますので肩や腕に力が入ることで肩こりに進行していきます。

運動してもストレッチをしても 筋肉を動かすことで筋肉にもお疲れやストレスは溜まっていきますので疲れやストレスが溜まることが原因で肩こりになります。

家でテレビを見ている時にソファー などの肘掛けに頭を置くこと自体でも伸ばされたり不自然な位置になったりしていますので肩や首の筋肉に負担が大きい疲れやストレスが溜まると循環が悪くなってリンパの働きが悪くなって肩こりになります。

夜、家で寝転がっている時に腕枕や 腕を立てて頭を支えることをしていると肩や腕の筋肉の使いすぎになりますので筋肉が緊張してしまって肩こり になります。

何気なく多く使っていることが多い腕や肩なので 筋肉疲労も溜まっていくということは当然起きていますが筋肉疲労が積み重なって症状を起こすまで行かないと我々はそれに気づくことができません。

筋肉にも多くの疲れやストレスは溜まっていきますので筋肉にたまった疲れやストレスが多くなればなるほど肩こりが簡単には抜けなくなっていつまでもつらい肩こりになっていきます。

肩こりを起こすのは筋肉だけではありません

肩こりを起こすのは筋肉だけではありませんので 背骨の歪みも関係して起きている肩こりが多く見受けられます。

どちらが先かということがありますが背骨の歪みが起きていると筋肉は骨から骨にくっついていますので骨が引っ張られたり緩んだりしてしまって筋肉に疲れやストレスがたまりやすくなって循環が悪くなって老廃物が多く溜まってしまい 肩こりになるということもあります。

筋肉が緊張して硬くなることで骨を引っ張ってしまうということもあると思いますので筋肉だけではなくさらに歪みも改善していかなければいけないということもあります。

そして背骨の歪みが先に起きれば筋肉は背骨が動いたことで引っ張られたり緊張したりしますので筋肉が硬くなっている老廃物が多く溜まってしまうということで肩こりになるということもあります。

どちらが先に起きるかで肩こりの原因が違ってきますので筋肉から起きた背骨の歪みなのかまた背骨の歪みが起きて筋肉の緊張でコリが起きているのかということの二通りの肩コリがあります。

肩こりを改善する時に

肩こりを改善しようと思う時に 当院では検査することをしていますので検査することで本当に筋肉のコリや緊張やリンパの働きが悪くなって14日が悪くなっていることから肩こりに来ているのかということを検査で確認しながら施術に入ります。

何よりも肩こりですから筋肉のコリが起きていますので筋肉のこりを改善するということがまず前提条件になります。

筋肉のコリがほぐれたらその先にある背骨の歪みやズレをチェックしなければ本当の意味で肩こりを良くすることはできませんので筋肉だけほぐして、それで終わりということではありません。

筋肉が硬くなる

肩こりが長期間続いた方というのは筋肉が硬くなるということもあります。

長期間肩こりが続いてマッサージや電気治療器などを続けて下という方ほど筋肉が悪くなってしまって硬くなるという現象が起きているということが時々見受けられます。

筋肉ばかりマッサージをしたりほぐしたりしているだけでは解決できないのが肩こりですが筋肉ばかり中心にマッサージをしたり電気治療器などをしていると徐々に筋肉は硬くなっていきます。

この場合の筋肉が硬いというのは老化現象で硬くなっていきますのでマッサージをしてももんでも電気治療器をしても柔らかくなることはありません。

一時的に筋肉はやらかくなったように感じるのは揉んだりしただけでまたマッサージをしただけで電気治療器などをかけただけですぐにまた元に戻ってしまうのが老化現象から起こる筋肉の硬さです。

肩こりと言ってもいろいろありますので原因を見つけながら検査することで改善していくようにしています。

老化した筋肉を柔らかくする体質改善という治療もありますので初回から全ての治療を行うことはできませんが原因を確認しながら見つけ出すことをして肩こりを本当の意味で楽にしていうことをしています。

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が肩こり を楽にするために訪れています。

当院では検索キーワードでも「八幡東区 肩こり」と「八幡西区 肩こり」や「戸畑区 肩こり」と「若松区 肩こり」と「門司区 肩こり」などでも人気があります。