腰痛を楽にしたら 原因も改善

腰痛、腰の痛みが起きる時には、2つの条件が揃ったときに起こります。

1つ目の条件とは、重いものを持ったら腰痛、腰が痛くなった、足を組んで座っていると腰が痛くなる、長く座っていると腰が痛くなってきた、長時間車の運転をしていたら腰が痛くなってきた、足に合わない靴を履いて長く歩いていたら腰痛が起きた、洗濯物を干そうとしたら腰が痛くなった、掃除機をかけていたら腰が痛くなった、朝起きたら腰が痛くて動けなくなっていた、クシャミをしたら急に腰が痛くなった・・・・などなど色々なものがあります。

もう一つの条件とは、骨盤の歪みです。例えば、重いものを持っても骨盤の歪みがないと腰痛にはなりません。

骨盤の歪みがある時に、腰痛が起きることをすると腰が痛くなります。

骨盤の歪みがあると体を支えられないので、それで腰痛になります。

体を支えられないと痛くなる

腰痛が起きる原因は骨盤の歪みにあります。しかし、歪みも姿勢で歪みが起きることはなく原因があります。

低周波などの電機や注射などや、湿布を貼っても、ストレッチをしても、骨盤ベルトで固定しても、ブロック注射で痛みを抑えても、体操しても整形外科で薬をもらっても腰痛を解消する専門家の当院にはかないません。

当院では歪みから改善していくようにしていますが、歪みには歪みが起きた原因があります。

この原因も改善していくことをしないと効果が出なかったり、また、すぐ腰痛が起きてしまいます。

悪化させると手術するしかないと言うことも起きてしまいます。最近、見たテレビの番組で手術を数回繰り返しているという男性の方を見ました。

原因から改善していかないと、こういう結果になります。

腰の痛みは急に起こります。急に起きて動けなくなったり、体を真っ直ぐにできなくなったり、中腰が出来ないなどの症状になります。庭仕事で腰をかがめて仕事をしていたら腰が痛くなった、洗濯物を干そうとして腰が痛くなった、突然腰にひどい痛みが起きた、びりっと足に痛みが走った、足のしびれが突然起きた、靴下を履こうとして腰が痛くなった、慣れないハイヒールを履いて歩いていたら腰が痛くなった、朝起きたら腰が痛くて動けない、くしゃみをしたら腰に痛みが走ったなどなど色々な腰痛、腰の痛みがあります。

 

これらは、原因ではなく、切っ掛けです。切っ掛けが原因だと思う方が多くいますが、原因ではありません。もっと奥に本当の原因があります。

腰痛が起きる原因

① 腰痛は体の歪みの場合があります
② 腰痛は骨のズレや歪みから起きる場合があります。
③ 腰痛は筋肉バランスの崩れから起きる場合があります。
④ 腰痛は内臓の疲れから起きる場合があります。

腰が痛い

体の歪みから起きる腰痛は、体が何らかの原因で歪みを起こす場合があります。
その何らかの原因とは、疲れやストレスです。
疲れやストレスがたまり過ぎると、体は補正の為、歪みを起こします。
特に腰の部分で、歪みが起きると腰痛になります。
腰に関係するのは骨盤が多く、骨盤が開いたり、ネジレを起こしたりして腰痛になっています。
腰の骨、つまり骨盤が緩んだりして腰痛になります。
特に中心の仙骨と言う骨の関節があります。
青い字で書いているのが、この関節ですが、仙腸関節と言います。
この関節が緩むと、体の中でも最大の関節なので体重や姿勢を支えられないで、一気に痛みになります。


腰の痛みは

腰痛、腰の痛み

腰痛が起きた切っ掛けは、本当に、姿勢とか、ヒネル、重いものを持つとか色々あります。
腰痛を楽にするためには、ピンポイントで原因を追及していく必要があります。

電器やボキボキしたりなどの痛みを散らすことをしないで、原因から腰痛を改善していきます。
腰痛を我慢すると、悪化させてしまうので、回復までに、もっと時間がかかるようになります。

何事にも早く適切な処置をする必要があります。
整体やカイロのように電機やボキボキしたりして痛みを散らしているだけでは、根本的な改善にはなりません。

ほとんどの整体やカイロをしている先生も知りませんが、当院では腰の痛みが起きている原因を施術していきます。
その原因は腎臓にあります。病気ではありません。
腎臓と言うと、即、病気?と思う方がほとんどだと思いますが、違います。
内臓が疲れると、色々な痛みやコリ・腰痛・肩こりになります。

腎臓が疲れた時に、腰痛、腰の痛み、ヘルニア、坐骨神経痛、シビレが起きます。
腎臓が疲れると、浮腫みが起きたりします。
腎臓に疲れがたまると、どうして腰痛になるのか??

それは、

腎臓の疲れがたまると、骨盤のバランスが悪くなります。
骨盤のズレが起きます。
ズレを起こすのは、大腰筋、腸骨筋と言って骨盤の股関節に付着して骨盤の上の方や背骨についている筋肉です。

大腰筋、腸骨筋は、よくテレビで、ダイエットの時に出てくる筋肉です。
この筋肉に影響を出すのが、腎臓です。
筋肉と内臓は密接に関係しています。
この筋肉を良くすることもダイエットにつながります。

大腰筋、腸骨筋が緊張してくると骨のズレを起こしたり椎間板も牽引したりしてヘルニアを起こします。
大腰筋、腸骨筋が固く張ってくると、もっとひどい腰痛になります。
この場合も腎臓を回復させる必要があります。

施術は

施術法は、内臓から元気にしていく事です。
体が疲れたと言うことは内臓が疲れたと言うことです。
基本は内臓なので、全て内臓を原因にしていく事で大腰筋、腸骨筋も回復して戻ります。

あとは腰痛を楽にしたら、そこで腰痛がな良くなったかと言うと違います。
腰痛を起こした原因があります。

腰痛を起こした原因の改善は、痛みやしびれがなくなって、楽になったら始めませんか。
腰痛の原因である腎臓を強くして若返らせる方法が 『 体質改善 』 です 》

腰痛、腰の痛み、腰が張るなどの腰にまつわる色々症状は骨盤の歪みや背骨のズレで起きています。
腰痛などが起きるのは、姿勢や重いものを持つ、体をヒネルなどの原因ではありません。

腰痛が起きる前に、ある条件が、揃っているから腰痛になります。
この腰痛が起きる条件が揃うと、後は切っ掛けで起こります。
この切っ掛けが、姿勢や重いものを持つ、体をヒネルなどです。

話を戻します。

腰痛の起きる条件とは、体にたまった疲れです。

疲れがたまると、体は歪みや背骨のズレを起こしていきます。
初めは、少しずつ背骨のズレや歪みが起きます。
次第に、大きく歪みを起こして、体を支え切れなくなります。
これが、ギックリ腰です。

ギックリ腰と言う急ではないけど、腰痛は起こります。
疲れが次第にたまると、腰痛は起きてしまいます。
では、腰痛が起きる原因である黒幕の疲れは何処にたまるのか!!!

それは、内臓にたまります。

内臓と言っても病気ではありません。
内臓に疲れがたまると、体は歪みを起こしていきます。
特に腰痛に関係する腎臓が疲れると、腰痛やギックリ腰になります。
悪化させると、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、足のしびれ、足の痛みになります。

腰痛を楽にしていく為には、この疲れがたまった腎臓を回復させて元気にしていく事です。
腎臓を元気にしていく事が出来れば、腰痛は軽くなります。
腎臓を回復させていいくと、骨盤の歪み、背骨のズレは改善していきます。

しかし、

腰痛を起こした腎臓が弱くなっていると言うのは残ります。
これは、当院で施術している体質改善アンチエイジング(若返り)と言う方法で強くすることができます。
この体質改善は早い方で2回目から、普通は開けないで来院すると3回目から5回目の施術で進むことができます。

詳しくは、体質改善アンチエイジング(若返り)のページで

電器で痛みを散らしたりしていませんか?
電器は、痛みを散らしているだけで、腰痛の改善にはなっていません。

低周波などの電機は、特に筋肉疲労を作って、ほぐしたように装っているだけです。
ボキボキしても、同じことがです。
当院では、ずつと昔にやめてボキボキはしていません。
ボキボキしても刺激を加えているだけで、根本的な腰痛の改善にはなりません。

低周波などの機械や痛み止めの注射などや、湿布を貼っても、ストレッチをしても、骨盤ベルトで固定しても、ブロック注射で痛みを抑えても、体操しても整形外科で薬をもらっても腰痛を解消する専門家の当院にはかないません。

低周波治療器などでも痛みの緩和はできますし、それで治ったと思う方が多くいます。しかし根底には腰痛を起こした原因があります。

原因はいつまでも同じではありませんし、進行していきます。

進行したものが大きくなると、腰痛ではなく、病気として起きていきます。それが慢性腎炎、急性腎炎、ネフローゼ、透析です。

特に透析は最近、増えている病気です。腎臓の機能が低下してしまい尿を作れないという事が起こります。

腰痛は先将来の病気の暗示ですから、待っているだけではなく、ならないようにしていくことを考えないと大変な事になります。

腎臓が悪い方は腰痛に限らず、高血圧になることもあります。

八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市でカイロプラクティック徳力整体院は腰痛の解消をしています。