腰痛を楽にしてくには

腰痛を治していくためには急激な痛みは一時的ですから急激な痛みを改善するためには湿布を貼ったり注射をしてありマッサージをしたり電気治療器をしたりということでも少しは改善すると思いますが根本的には原因は残ったままになっています。

腰痛を根本的には直そうと思うなら一時的に抑えていくことももちろん必要かと思いますけど 原因から直していかないとまた原因から変えていかないと繰り返しやすく腰痛がないときでも原因はどんどん進行していく場合が多くあります。

腰痛を起こす時にはどういう状況になっているかということがありますが腰痛を起こす時には 骨盤のゆがみが起きている時です。

腰痛が起きている時には

腰痛 が 起きる時にはきっかけがあって起きていますのでこのきっかけと言うのが重たいものを持ったり 中腰を長くしたり同じ姿勢をする事で起きています。

普通一般的には重たいものを持ったりして腰が痛くなるということが多いと思いますがこれらはきっかけなのできっかけがある前に 骨盤のゆがみが起きています。

骨盤の歪みがあるときに重たいものを持ったり長く同じして押したり前かがみをするなどをしたら腰が痛くなるわけです。

腰痛が起きる時には

腰痛が起きる時には骨盤のゆがみや骨盤の開きが起きている時で骨盤が不安定になっている時に重たい物を持ったりして、中腰をしたり、同じ姿勢を長くしたりすることで腰痛につながっていきます。

つまり自然において体を支えることができないと腰が痛くなるという現象が起きてしまいます。

腰痛 が 起きる時には骨盤のゆがみが起きている時で姿勢で支えられないと 伊丹になっていくわけですけど骨盤の歪みがどうして起きるのかという原因があります。

腰痛を楽にしようと思うなら根本的に原因から改善して腰痛の原因になっているものから減らしていかないと腰の痛みや腰痛がないときでも原因はどんどん徐々に進行していてます。

腰痛の原因は

腰痛の原因と言うのは骨盤のゆがみや骨盤の不安定性を作ったものが原因なんですがその原因というのは内臓にあります。

内臓と言うと病気という関係がありますけど病気というわけではなく内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

内臓疲労から起きるのが骨盤のゆがみや骨盤のズレですので骨盤の安定性が出た状態で重たいものを持ったり中腰をしたり急に体を 変えたりした時に急激な痛みになっていきます。

内臓疲労と言うのは大変多く起きていますので単純な疲労から背中の跡がパンパンに張った状態の内臓ということもありますからこれらが起きていると骨盤の歪みが起きるのは当然なのです。

腰痛で起きやすい内臓は

腰痛が起こりやすい内臓として普通一般的に思い浮かべやすいのは腎臓疲労から起きている場合です。

腎臓が疲れれば疲れるほど大腰筋、腸骨筋という筋肉に影響を出してしまって大腰筋腸骨筋と言うのは骨盤を支える筋肉などで 支えることができなくなって骨盤が不安定になっています。

多くの場合腰痛と言うと大腰筋腸骨筋からバランスが崩れた状態で 骨盤の不安定性が出てしまってこの時に重たい物を持つ謎の姿勢で一気にぎっくり腰を起こしたり腰痛になるということがあります。

北九州市小倉南区と小倉北区戸畑区八幡東区と八幡西区と若松区と門司区と下関市と行橋市などから多くの方が訪れている30周年を変える腰痛を楽にしていく治療をするカイロプラクティック徳力整体院です。