腰痛を楽に

腰痛を楽にする為には、骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを見つけ出して矯正することをしないと一時抑えにしかなりません。

腰痛が起きる時にはどうして起きるのか、なぜ起きたのかということを聞くと、多くの方が重たいものを持ったとか体をひねったとか何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなったとか、くしゃみをしただけで腰が痛くなったとか、車の運転をしていて長時間座っていると腰が痛いとか、足を組んで座っていたら腰が痛くなるとか色々な腰痛を言われますが、これらは全て原因ではなくて、切っ掛けです。

布団が柔らかくて合わないという時も、骨盤の歪みや骨盤の開きがあるから腰が痛くなりますので、骨盤の歪みや骨盤の開きもいつも同じままではいないので良い時もあれば悪い時もあるということなんです。骨盤の歪みや骨盤の開きから改善するようにしないと、しばらくは布団を変えたらいいこともありますが、また同じことを繰り返してしまいます。

腰痛がある時には必ず骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレがありますので、どこにどれだけの歪みやズレがあるのかで腰痛の度合いや強さが違います。

腰痛というと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを矯正しなくても楽にする方法はいくつかありますが、楽にすることと原因から治して行くということは全然意味が違います。

腰痛を楽にする治療というのは、湿布を貼っても楽にすることができるかも分かりませんし、ドラッグストアなどで売っている腰痛に効くというサプリメントや薬でも効果があったりすることもありますし、マッサージをすることでも針を刺すことでも楽にすることができるかも分かりませんし、整骨院や整体院やカイロプラクティック院でよく使っている低周波治療器などを腰に当てて刺激をすることでも楽になることがあるかも分かりませんが、原因が残ったままになっています。

そして、多くの治療院が低周波治療器などを意味もわからずに使っていることが多く見受けられますが、低周波治療器というのは低電流の電気を身体に流してプラス端子からマイナス端子に電流を流すことで筋肉を刺激して痛みを散らしているだけです。

低周波治療器は当院でも昔よく使っていましたので、意味もわかっていませんでしたが、散らしているだけでは原因を探すこともなく、簡単で楽にする方法なんですが、低周波治療器というのは大変やっかいなものなんです。

低周波治療器などを使えば使うほど、患者さんの原因を見つけ出すことをしていないので、原因の発見に遅れを発生するからです。

腰痛を起こす原因もいつまでも同じままではいられませんので、長期間悪い方ほど進行があるということ。

原因というのは、いつまでもこじらせるだけではなく、進行していくということが起きるので大変なことが起きていることもありますので、原因を見つけ出すためにも検査することを重要視しています。

腰痛を検査する

腰痛の方の検査をする時には、全体的な体調はもちろん悪いわけですけど、初診の方は良い方は1人もいませんので、全員と言っていいほど悪いわけですけど、悪さにも程度が色々あります。

初診の方の体調の状態と骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレを確認してみると多くの方が、かなり大きく歪みを起こしていたり、ズレを起こしていたりと言うことが起きています。

しかし、どうして骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレが起きるのかという原因がある訳ですから、その原因を見つけ出すことをしなければ矯正をしてもまたすぐに崩れ出します。

基本的にはどうして腰痛が起きているのか、どこから腰痛が起きているのかということを検査することをして見つけ出すことをしています。

しかし、最近の腰痛の方は骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレだけではないのが一番厄介な状態になっていますが、骨自体が炎症を起こしていたり、ハレたりしている方がいるからです。

骨の炎症や腫れというのは普通では起きるものではありませんが、骨が炎症を起こしていたり、ハレたりということが起きると骨がしっかりしなくなったりしますので、骨が不安定状態でいつまでも腰痛になって腰が痛いと言う方がいます。

そして、骨盤の真ん中の骨の先骨という骨でなんですが、尾てい骨とも言いますが、その尾てい骨自体の上の部分が炎症を起こしていたり、ハレたりと言うことが起きているとゆうことがあります。

最近は多くの方が普通では起こらない、起きないことが起きていますので、検査をする事をして見つけ出さなければただ単に骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すればいいというわけでもなく、背骨のズレを矯正して改善するようにすると楽になるかというとそういう風なだけではありません。

腰痛と疲れやストレス

腰痛を検査する時に一番邪魔になるもの厄介になるもの、また深く関係するものがありますが、深く関係するものは疲れやストレスの蓄積です。

体には毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張やプレッシャーなどで多くの疲れやストレスが体に蓄積していますが疲れやストレスはどこに溜まるのか溜まるところがあるから蓄積していく訳ですから。

腰痛になっている時には、どこに疲れやストレスが溜まって、歪みやズレを起こすのか。

毎日毎日の生活や運動や筋トレやジョギングなどをすることでも疲れやストレスは多くなりますし、仕事をする時でも疲れやストレスは多くなってしまいますが、疲れやストレスがたまるところがあるから体の歪みやズレが起こります。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまりながらある部分に筋肉よりも何10倍の疲れやストレスも溜まっていきます。

疲れやストレスが溜まる所というのは、内臓です。

内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、疲れやストレスの蓄積という状態ですから、なんでもかんでも内臓というと病気というのを関係づけることなくしっかりと説明を聞いてください。

例えばですけど、消去法で言えば体重が100キロの方がいるとしたら百kg中体をぎゅっと絞っていけば65キロが水分になりますので、体重の大半が水分だと言うことが分かります。

あと残ったものは皮膚の重さと筋肉靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さになりますが、あと残ったものは中枢神経系と内臓しかありませんので、この中で疲れやストレスを溜めてしまうというところは内臓と筋肉なんですが、中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉ということになります。

疲れやストレスを多く貯めてしまう、腰痛に関係する内臓というのは、腎臓です。

体質と腰痛

疲れやストレスというのは、腎臓が弱い人が腎臓に疲れやすレスを溜めてしまっているのが原因なんですが、弱いというのは遺伝的な要素があり、家計的な要素がある部分です。

遺伝的に腎臓が弱くない方は腰痛にはなりません。

遺伝というのは、親が同じような内臓の弱さを持っていたり、関節が弱さがあるとそれを受け継いでしまうのが遺伝ですから、多くの方が遺伝のことをわかっていませんので、全ては遺伝が関係して腰痛になっています。

当院では体質改善という腰痛の原因である、大本を変えることができる器量ができますが、初回からはできるものではありませんので初回は、まずは楽にすることから始めていき、楽になって安定状態ができたら、原因を治すことができます。

遺伝的というのは、親や祖父母などの方が腎臓の弱さを持っていて、腰痛を起こしていることが1回でもある方が腎臓の弱さを受け継いでいます。

腰痛とは

腰痛というのは弱い腎臓に疲れやストレスが溜まると腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなって、骨盤の歪みを起こしてしまい、骨盤の不安定な時に重たいものを持ったり、中腰をしたり、同じ姿勢を続けたりすることで骨盤の歪みや骨盤の開きが悪化した状態になったら腰が痛くなったり腰痛になっています。

腎臓ともうひとつ関係するところはありますので、腎臓以外でも腰痛が起きてしまいますが、多く-8割方の腰痛というのは腎臓疲労が原因ですから、腎臓の病気というわけではありませんけど、弱い腎臓の方が疲れやストレスを腎臓にためてしまうことが原因で腰痛になっています。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が腰痛の改善に訪れています。