腰痛を楽にしていくためには

当院では腰痛を楽にしていくことをしていますが 腰痛を楽にしていくためには色々な治療法があると思いますけど 湿布を貼ったり マッサージをしたり 電気治療器をあげたり ボキボキしたりすることが 多く見受けられます。

サプリメントや薬でも腰痛を楽にできるとうたってドラッグストアなどで販売している場合が多いようです。

腰痛を起こしているのは原因があって腰痛になっていますのでその原因から改善していくことをしないといくら湿布を貼っても抽象的な対処療法にしかなりませんので腰痛が良くなるというよりも楽になるだけです。

腰痛を楽にすればいいと思う方はそれでいいかも分かりませんが当院では原因を見つけて原因から改善していくことをしています。

腰痛を起こしたり腰が痛くなるのは 原因があって起きていますのでその原因を見つけることもなく原因を探すこともなく対症療法的に痛みさえ押さえてしまえばいいと思うのが 対症療法という治療法です。

対症療法ばかりしていると原因は残ったままになっていますので繰り返しやすくまた腰の痛みは腰痛がないときでも原因はどんどん進行して 行きます。

腰が痛くなる時は

腰痛や腰が痛くなる時には 重たいものを持ったりして腰が痛くなる時や中腰の姿勢を長くしていると腰が痛くなったりするときや 同じ姿勢をしたままで 腰が痛くなるときや 合わない靴を履いて長く歩いた時に腰が痛くなったり 何かを取ろうとして腰を痛めてしまったり 色々な腰痛や腰の痛みがありますがこれらは全て原因ではなくてきっかけです。

腰痛や腰の痛みが起きる時には原因ときっかけが 揃ったら おきますのでその原因から見つけていくことをしないと 腰痛を治したとは言えません。

きっかけは説明しましたので原因の説明をしていきたいと思いますが原因というのは 骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレ が原因です。

骨盤のトラブルが起きている時には骨盤が不安定になっていますので 骨盤が不安定では体を支えることはできませんので体を支えられてありえないことをすると腰が痛くなったり腰痛になっていくわけです。

必ず腰痛や腰の痛みで起きる時には 骨盤の歪みと骨盤の開きそして背骨のズレが存在していますので存在していても 腰の痛みはありませんので初めてきっかけが重なった時に 腰が痛くなったり腰痛になります。

腰痛や腰の痛みが起きるのは

しかし何も原因がなくて骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレなどが起きることはありませんので何かが原因としてもっと奥底にある ことが腰痛と腰の痛みを起こしています。

どうして骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のずれが起きるのかという原因があるからそういう状態になっていてあとはきっかけで腰痛と腰の痛みになります。

腰痛や腰の痛みが起きる原因は疲れやストレスにありますが一般的に何も考えずに疲れが溜まったとかストレスが溜まったと簡単に入っていますが この疲れやストレスは体のどこにたまるのかということをほとんどの方はわかっていなくて使っています。

疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが体には例えばですけど 100キロの方がいたとしたら100 kg 中70 kg が水分でできていますのであと残り30 k が筋肉だったり神経だったり血管だったりリンパ管だったりあとは骨という感じになりますけど残ったものは内臓しかありませんので内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で 骨盤の歪みや 骨盤の開きそして背骨のズレということが起きています。

つまり内臓疲労が骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになっているわけですから 内臓の働き自体も低下していきますが病気というわけではありません。

病気というのは老化現象なので 内臓が老化していくと病気になっていきますので疲れやストレスが溜まったということは 意味が全然違います。

疲れやストレスはどこにたまる

では内臓と言っても色々な内臓がありますので疲れやストレスはどの内臓に溜まっていくのか。

この溜まる内臓が一番、腰痛に関係していますので腰痛に関係する内臓に泊まれば貯まるほど骨盤の歪みが起きたりするということです。

一番に腰痛を 腰痛を起こす原因として挙げられるものは 腎臓が考えられます。

腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと 蓄積がどんどん多くなっていくと 今日の後ろ側にある筋肉のバランスが悪くなってしまってこの筋肉のバランスが悪くなることが骨盤の問題を起こしていきますので腎臓疲労が一番の腰痛の原因になってしまっています。

腰痛に疲れやストレスが貯まれば貯まるほどどんどん限界もなく際限もなくたまることができますから このたまることが筋肉バランスを崩してしまって骨盤の不安定状態を起こし 腰痛になって行きます。

腎臓の 部分に 疲れやストレスが溜まるということは大変多くの方に起きているものですが弱い内臓ほど疲れやストレスは多く溜まっていきますのでたまりば貯まるほど骨盤の歪みが起きて不安定状態になっていきます。

ですから腰痛やぎっくり腰と聞いただけで腎臓ということが思い浮かぶぐらい腰痛と腎臓は深い関係を持っています。

腎臓疲労を取り除くこと

腎臓疲労が腰痛の原因ですからではどういう風にしたら腎臓の疲労を解消することができるのかということになりますので 湿布をしても腰痛の疲労は取れるわけではなく電気治療器をしても腰痛の疲労は解消していきません。

またマッサージしてもマッサージというのは筋肉に対してしているものなので内臓に対している治療ではありませんからマッサージをしても腎臓疲労は解消できません。

腎臓疲労が取れない限りは骨盤の不安定性は解消されませんので繰り返し怒りやすくすぐまた何かをしたら戻りやすくなるのが腎臓の疲労があるせいです。

腎臓疲労がある方は背中の部分の腎臓のある部分を触ってみるとパンパンに張っている場合が多くありますし固くなっている場合が多くありますので明らかに腎臓の関係が深く密接にあるということがわかります。

体質改善の治療

当院では体調を上げる治療と体質改善という治療法がありますので 腎臓疲労を解消していく方法が体調を上げる治療ということを いっています。

腎臓機能を上げることがまた腎臓に溜まってしまった疲れやストレスを減らすことが腎臓の働きを良くすることにつながりますので腎臓の疲労を良くすることができれば骨盤の不安定性は解消されていきます。

腎臓機能障害を上げることと言うのは簡単ではありませんがもしそれができるとしたら腎臓疲労の原因をも改善することができるので 改善していたら体質改善の治療で腎臓を強く若返りさせることができます。

そのためにもまずは体調からあげて体全般的に整えていくことをしないと体質改善の治療はできません。

体質改善の治療というのはアンチエイジングであり若返りの治療なので 弱い内臓をまた固くなった内臓を若返らせてよく働くようにして行くことができます。

しかし1回や二回でできる治療ではありませんのでまずはじめは体調からあげて腎臓の腫れや炎症などを解消していく必要がありますし硬くなっている内臓を少しでも柔らかくして筋肉バランスの調整をしたりして骨盤を整えていくことをしていきます。

腰の痛み

腰痛を改善していくためには 検査をすることができなければ色々な状態を見つけることはできませんので当院では検査することを重要視して 腰痛の治療にあたります。

腰痛を治していくためにはまず全体的に骨盤のバランスを整えていくことをしなければいけませんがまずは痛みのある部分中心に筋肉や靭帯なども炎症を起こしてる場合がありますのでそれらから改善していくようにしたいと思っています。

必ず痛みがある時には筋肉や靭帯なども炎症を起こしていますので温めないようにして患部を湿布などで冷やすようにしてください。

当院では30年の経験がある院長が腰痛の治療をしていますので八幡東区と八幡西区と戸畑区などから多くの方が腰の痛みで訪れています。

腰痛 を楽にしていくためには原因から改善していかないと本当の意味で腰痛は楽になりません。