腰痛を解消していくためには

当院では 腰痛  を楽にすることをしています。

当院では腰痛を楽にすることをしていますが当院の腰痛を楽にする治療というのは根本的なものを見つけることをして腰痛がどうして起きたのかということを考えながら検査しながら腰痛を改善していくことをしています。

腰痛と言うと色々な治療法があるので迷ってしまうことも多くありますから腰痛の治療法をいろいろ説明していきたいと思います 腰痛と言うと代表的なものは家で湿布を貼ったりすることが多く見受けられますが湿布というのは腰痛というよりも捻挫のために用いられることが多くあり、腰でも痛くなった時には湿布を貼ることがありますが湿布というのは鎮痛効果がある薬剤が入っているために冷やしたり温めたりインドメタシンでスースーさせて痛みを改善するというよりも炎症や腫れた状態を改善するということで湿布が多く用いられています。

確かに炎症や腫れがあるとインドメタシンなどでスースーさせて鎮痛効果を出して炎症や腫れをなくしていくという方法はいいかも分かりません。

急性状態ではとにかく温めるというよりも冷やした方がいいので鎮痛効果がある冷やすこととインドメタシンの薬剤などで痛み止めをするということは大変有効な手段でもあります。

特にぎっくり腰などをした時には温めないようにして冷やした方がいいと思いますのでシップというの言うのは有効な手段ではありますが腰痛を起こした原因まで改善して見つけることはしていません。

腰痛には腰痛を起こしている原因がありますので原因から見つけ出して改善していかなければ強い痛みは湿布でも改善できるかも分かりませんが原因を残したままだとまた繰り返し安く違う形としていきていくということもあります 腰痛には腰痛の原因があります。

また腰痛と言うとマッサージをしたりすることも多く見受けられますがマッサージをして筋肉をほぐして腰痛を楽にするということもありますが、腰痛を起こす原因は筋肉であって筋肉ではないということがありますので、どこからどうして起きているのかということを見つけていかなければいくら筋肉をほぐしても 改善しないということもありますし強い腰痛の痛みは改善できてもあとなんだか腰の痛みが残りやすいということもあります。

腰痛と言うと病院で注射を打ったりして痛み止めでも痛み止めが効いて一時的に痛みを止めることはできますが腰痛を起こした原因は全て残ったままになっているので残したままだとまた繰り返し安く椎間板ヘルニアに進行しやすくまた坐骨神経痛ということも起こりやすくなります。

腰痛と言うと整骨院などで低周波治療器を腰に当てて緩和するということもありますが電気でプラスからマイナスに電気を流しても 筋肉はほぐれるかもしれませんが骨盤の歪みや骨盤の開きなどの不安定状態が残ったままになっています。

腰痛の原因は骨盤の歪み

腰痛の原因というのは骨盤の歪みで腰痛が起きてしまいますので腰痛が起きる時には骨盤の開きや骨盤の歪みなどの骨盤の不安定状態があると体を支えられない姿勢をした時に腰が急激に痛くなるということで 腰痛が起こります。

近しい骨盤の歪みや骨盤の開きなどがあっても 何も症状が起きたりしない腰が痛くないということはありますので骨盤の歪みがあるからといって腰痛になるということはありません。

骨盤の歪みが起きる時には骨盤の歪みの程度がありますので程度が大きくなればなるほど歪みが大きくなればなるほど開きが大きくなればなるほど骨盤が不安定になれば不安定になるほど何かをしてもきっかけで起きてしまいます。

例えば骨盤の不安定性があるときに 夜寝て朝まで目が覚めなくても経とうとしたり起きようとした時に腰が痛くて動けなかったという方もいます。

何もしていないのに朝起きたら動こうとしたら腰が痛くて動けなかったという方は何が原因で起きているのかということを考えなければいけませんが多くの方の場合、眠りが浅く骨盤の歪みが広がったことが原因として考えられます。

眠りが浅いということは体調が落ちていきますので体調を落とせば骨盤の歪みは広がっていきますから。

骨盤の歪みが起きる時には体に疲れやストレスが溜まっていきこの体に溜まった疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが多くの疲れやストレスというのは内臓に泊まっていきますが内蔵と言っても病気ではありません。

なんでもかんでも内蔵と言うと病気というのを結びつけることなく内臓にも疲れやストレスが溜まっていきます。

体は内臓に溜まった疲れやストレスを知らせるために歪みやズレを起こしていき自分でどれだけ疲れやストレスが溜まって危険信号を発しているかということを知らせることをしています。

お知らせというのが腰痛やぎっくり腰になります。

腰痛やぎっくり腰は危険信号を走っている警報と同じですから腰痛が起きた時にはしっかり反省をしたりすることが一番大切になりますので徳力くり腰などは動き回ったりすることなく休止状態で起きる捻挫ですからゆっくりと休養をとるようにしたほうがいいと思います。

これがぎっくり腰として腰で起きているから簡単に考えていますがもし心臓まで弱っているということもありますからこういう時はゆっくりと休養をとって休んだり眠ったりすることが一番大切になります。

腰痛が起きる時には体に疲れやストレスが溜まっている時なんですがこの疲れやストレスというのは内臓に溜まっていきますが一番腰痛に関係しやすい内臓は腎臓です。

腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腎臓が腫れたり働きが弱っていきますから弱ることで大腰筋腸骨筋という言葉の中にある筋肉のバランスの崩れが起きてこの崩れが骨盤の歪みや骨盤の開きまた骨盤を不安定状態にさせていきます。

しかしこの時に骨盤の歪みや骨盤の開きがどんなに起きていてもまだ程度が軽ければ痛みも感じませんしおこしません。

骨盤の歪みや骨盤の開きなどの不安定状態が起きていても 急に重たいものを持ったり前かがみで何かをしていたり体を支えられない姿勢をした時に腰痛が起きてしまいます。

腎臓疲労から腰痛に

腰痛を起こす原因は腎臓に溜まった疲れやストレスですから腎臓の疲れを取りながら骨盤の歪みを整えていくことをして腰の痛みを楽にしてことをしていきます。

しかし最近の方はただ単に腰痛が起きた原因の腎臓の疲れやストレスだけでは済まなくて骨まで炎症を起こしたり腫れ上がったりということが起きています。

骨盤の中央の仙骨という骨まで炎症を起こしたり腫れてジュクジュクしたり背骨の骨自体が炎症を起こしたりということは普通で起きるものではありませんが最近多くの方が体調に異常に落としていますので体調落とせば足すほど骨盤の歪みやズレというだけではなく骨自体も炎症を起こしたり晴れたりという言葉で起きてしまいます。

検査をすることで見つける

当院では骨盤の歪みや骨盤の開きなどを検査をすることで見つけ出すことができますので骨の炎症や腫れも検査をすることで見つけていき改善と解消することができますから色々な症状の方が訪れています。

単純に考えても骨盤の歪みや骨盤の開きが姿勢などをや猫背状態で起きるものではなく体に溜まった疲れやストレスが原因でしかも内臓に疲れやストレスが溜まっていくことが原因で体の内部から崩れていくのが骨盤の歪みや背骨のズレになり悪化させると椎間板ヘルニア坐骨神経痛になって行きます

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている腰の痛みが楽になる腰痛が楽になる施術をしているカイロプラクティック徳力整体院です。

腰痛 を解消していくためには