腰痛を楽に

腰痛 を楽にしていくためには色々な治療法があると思いますが 当院では根本的に原因から改善していく腰痛を改善法を実践しています。

腰痛がどうして起きるのかということは体の原因がありますので体を検査することをしてみれば腰痛がどうして起きたのかということが分かるようになっています。

腰痛が起きる時には 重たいものを持ったりして腰が痛くなったり はたけ仕事をしていて立とうとした時に腰が痛くなったり前かがみで何かをしていると腰が痛くなったり炊事をしているだけで腰が痛くなったり車の運転をしているだけで腰が痛くなったりくしゃみをしたら腰が痛くなったり靴下を履こうとすると腰が痛くなったり色々な腰痛を起こしている原因と考えられるものがありますがこれらは原因ではありません。

普通一般的に原因だと思われているものは切っ掛けです。

腰痛を起こして行く時には切っ掛けと、さらにその原因が別にあります。

腰痛を起こす原因

腰痛を起こす原因は骨盤の歪みや骨盤の開きなどが原因ですので 湿布を貼ったりしても電気治療器をかけてもマッサージをしても骨盤の歪みは骨盤の開きが改善されることはありませんので痛みを楽にすることをしていくのが対症療法というやり方ですから原因なんかは関係ありません。

痛みを楽にすることと腰痛を治していくということは全然意味が違います。

しかし何よりも腰痛というのは痛みですから楽にして行くことをしなければいけませんが楽にしたらそれで終わりではなく原因を改善していかなければ骨盤の歪みや骨盤の開きがあるままではまた繰り返し安く痛みを感じていない時でも原因は別の形として進行していくということもあります。

腰痛を起こす原因として 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのがありますが進行したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛として足に痺れや足の痛みとして 感じている方が多くなっています。

腰痛を起こしているまたは起こした方というのは体に多くの疲れやストレスが溜まっています。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは毎日の生活や仕事でも蓄積していきますから疲れやストレスがない生活は考えられませんが疲れやストレスというのは蓄積していくところがあります。

体が疲れたストレスが溜まったと簡単に言いますが疲れやストレスというのは筋肉にも貯まりながら体のどこの部分に溜まっていくのかということです。

体に溜まっていくところがあるから疲れが溜まるストレスが溜まるということを言います。

疲れやストレスというのはどこにたまるのか。

疲れやストレスというのは筋肉にも貯まりますが例えばですが体重100 kg の方がいるとしたら65 kg は水分です。

水分が何かを越すということはありませんので後残ったものは35 kg の中に脂肪と筋肉と皮膚と血管と神経とリンパ管 しかありません。

これらも何かを起こすということはないと思いますので後残ったものの 中には内臓しかありません。

つまり疲れやストレスが溜まるということは筋肉にもたまりながら 筋肉に溜まる疲れやストレスの何十倍も多く内臓に蓄積していきますので内臓といっても病気というわけではなく内臓に疲れやストレスがたまるということを言っていますので何でもかんでも内臓=病気と結びつけるのはやめてください。

毎日の生活や疲れというのは筋肉にも疲れやストレスを溜めながら内臓に蓄積していき内臓の働きを弱めてしまうということで体の内部から骨盤の歪みや背骨のズレを起こしていきます。

内臓に蓄積していく疲れやストレスというのは体の内側から崩れを起こしていきますのでこの崩れというのが骨盤の歪みは骨盤の開きまた背骨のズレということになりますが疲れやストレスというのは限界なく蓄積していきますので多く貯まれば貯まるほど歪みやズレを大きくしてしまいきっかけをすることで痛みになります。

この両方が重ならない限りは腰痛を起こすこともなくぎっくり腰になることもなく坐骨神経痛になることもなく椎間板ヘルニアになることもありません。

腰痛というのは

腰痛を起こす原因で内臓に疲れやストレスが溜まりますが腰痛を起こす原因の内臓はどこなのかということになりますので腰痛を起こす主な原因として挙げられるものは腎臓です。

腎臓に疲れやストレスが溜まることが原因で腎臓に関係する筋肉というものがありますので筋肉のバランスを崩してしまい骨盤の歪みは骨盤の開きそして筋肉バランスの関係から起きる骨のズレが起こります。

腰痛を起こす方は第一に考えられるものは男性も女性も同じ腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスが溜まることで骨盤の歪みや開きそして背骨のズレが起きるときに最大になった時にきっかけで痛みになります。

腎臓が弱くない方は腰痛が起きることはありませんので体には生まれつき弱いところとそうでもない内臓というのが存在していますので弱い内臓を持って生まれた方は年齢とともにどんどん弱くなっていき内臓に疲れやストレスがたまりやすくなっていき腰痛を起こしたりすることが一年に一回、数年に一回おきながらどんどん進行していきます。

腰痛を起こしている方は痛みがない時でも原因は進行していますので原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレを作った原因が腎臓ですから腎臓がどんどん悪さをためて行けば行くほど老化が急速に進行していきますのでどうかしたものが最終形態を取っていくとゆくゆくは病気になっていくということで腎臓の病気になります。

しかし病気と言っても完成してしまわない限りは尿検査や血液検査やレントゲンなどをとっても分かりませんし完成するまでは病名がつくことはありませんので何でもかんでも急速に病名をつけて考えることなくどうして起きるのかという原因を見つけ出さなければいけません。

健康な細胞から臓器の細胞に1年や2年や3年でなるということをなく細胞が変化していくためには10年前後が必要だと言われています。

10年前後というのはいい加減な数値ですから場合によっては20年ぐらいかけながら腰痛の原因が腎臓の細胞の変化を伴いながら時々腰痛を起こしていきながら最終的には腎臓の病気になっていくということも多いということです。

弱くても生活状態が良いと老化は進行するスピードを遅くすることもありますから腎臓が弱いかたまたは腰痛を一回でも起こした方は注意しながら生活したり寝不足状態をしないようにしたり疲れやストレスが溜まった状態を早く改善するようにしていくと病気のスピードは遅くなると思います。

腎臓の老化が腰痛を起こす

腎臓が老化したものが病気ですから老化のスピードが早くなるのは疲れやストレスが腎臓に蓄積した状態が多くあり 長くあれば 老化が急速に進んでしまいますので 老化の進んだものが病気としてあげられいつかは発見されるということになります。

腎臓が腰痛を起こす本当の原因だということはあまり知らない人が多くいますので病気として完成してしまわない限りは病院に行って検査をしても意味はありません。

腰痛を一回でも起こした方は骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるわけですけど この現象を作ったものは腎臓が全て関係していますので腎臓のトラブルのある方または弱い方が腰痛を起こしていきます。

時々数年か 数十年に一回でも腰痛を起こした方は腎臓の問題を持っている方だと思いますのでそういう風に進行してしまわないうちにならないうちに改善していく方法が体質改善という施術になります。

体質改善という施術は簡単に変えられるものでもないし簡単に変わるものでもないので定期的に改善していくことをしていくと少しずつ変わってきますが後はどこまで細胞を若返らせることができるのかということになります。

 

 

 

 

 

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区東門司区から多くの方が 腰痛 を楽にするために訪れています