腰痛を解消

腰痛 を本当の意味で解消していくなら楽にすることばかり考えていないで原因を見つけ出すことも大切な腰痛改善法または腰痛解消法になります。

腰痛を楽にすることと腰痛を治していくということは意味が全然違いますので 腰痛を楽にしたら、そこから原因を見つけ出して改善することをしていきます。

多くの治療院が腰痛を楽にすることをして腰痛を治したと言っているみたいですが意味が全然分かっていないと思います。

腰痛には腰痛を起こす原因があるから腰痛になっているわけですから腰痛の原因を見つけ出すことをして改善していくことをしないと本当の意味で腰痛を治すことはできないと思いますし腰痛の原因が残ったままだと違う形として進行していきます。

腰痛を楽にしていく治療法というのは対症療法という治療法がありますが当院でも対症療法をしていますが、まずは何と言っても腰の痛みや腰痛を楽にすることが優先です。

しかし腰痛を楽にすることばかりしていては原因をもいつまでも同じままではいてくれませんので進行した形をとっていくと椎間板ヘルニアになったり坐骨神経痛になったりして足のしびれや足の痛みが起きたりということは当然を聞いて行きますしまたさらに脊椎管狭窄症などを起こしたり 腰の骨が折れやすくなっていたりヒビが入っていたり 腰の部分に関係する前立腺や子宮や膀胱などの問題を起こしたり関係することを起こしたりしていくこともあります。

腰痛を起こしている時にはどうなっているのか何が原因なのかということを考えて解消していくことをしない限りは本当の意味で腰痛を治すことはできませんので楽にすることは1回や2回または数回でできると思いますが直していくことはしばらくの治療が必要になります。

腰痛の原因を直していくためにはまず 腰痛がどこから起きているのか何が原因なのかということを見つけ出さない限りは腰痛を治して行くことはできませんので原因を見つけ出すためにも当院では検査することをしています。

整体院やカイロプラクティック院に変えた方は知っていると思いますが 足が短かったり長くなったりということが起きていると説明された方もいると思いますけど初回は体調が落ちて悪くなっていて痛みが起きているわけですから、これは当然、起きていることなので揃えてもあまり意味はありません。

腰痛と体調

腰痛を改善しようと思うなら1番、障害になるものは体調の度合いなんです。

体調の度合いというのは体調が落ちていたりちょうしようとしているということに代表されることなんですがこれらが起きるのは疲れやストレスの蓄積なんです。

疲れやストレスがない方はいませんので疲れやストレスが多く蓄積して行けば行くほど あることが起きています。

あることというのは疲れやストレスが蓄積していけば体は自然に歪みを起こし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨でズレになるということです。

毎日毎日の生活で疲れやストレスは多くなったり仕事上でも疲れやストレスが多くなり 精神的なプレッシャーや緊張や抑圧などでも疲れやストレスが多くなっていきます。

この疲れやストレスというのは体に蓄積していきますので 体に多くの疲れやストレスが溜まることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになります。

しかし疲れやストレスが溜まった状態で骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが起きていても軽い時には何も感じませんし痛みにはなりません。

歪みやズレにも疲れやストレスと深い関係がありますから蓄積する度合いが多くなればなるほど骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが大きくなっていきます。

骨盤の歪みや骨盤の開きや背骨のズレが大きくなっていくと同じ姿勢をしたり 中腰をしたり 重たいものを持ったり前かがみをしたりくしゃみをしただけでも腰痛になります。

腰痛と言うと柔らかい布団に寝て朝起きた時に腰が痛くて動けなかったり ということを経験したことがあると思いますが布団が原因ではなくご自分の体に全ての原因があります。

だから同じ布団に寝ても痛くない方もいます。

疲れやストレスと腰痛

毎日毎日の疲れやストレスが体に多く蓄積していきますが疲れやストレスも溜まるところがありますので体には弱い部分とそうではない部分があります。

強いわけではありませんが弱くない部分には痛みやコリになる要素はあまりなく 弱い部分にこそ多くの疲れやストレスが溜まっていき蓄積が多くなって行けば行くほど体の歪みや歪みになります。

弱い部分は筋肉も弱さがあったり関節が弱くなっていたりということはありますが 多くの場合、さらにもっと蓄積しやすい所が存在します。

例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体を9と絞れば65%つまり65 km も水分が出てきます。

あと残ったものは皮膚の重さと筋肉の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパがおもですが後残ったものは中枢神経系の大脳と脳幹と脊髄と内臓しかありません。

筋肉にも疲れやストレスは溜まりますが最大たまりやすいところは弱い内臓です。

弱い内臓と言っても病気ではありませんので内臓に疲れやストレスがたまるということを言っていますので何でもかんでも病気というのを関連付けることなく説明をよく聞いてください。

腰痛が起きる原因は体の弱い部分で腎臓が弱い人が疲れやストレスをためてしまうと腎臓に関係する筋肉のバランスが悪くなり骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレになります。

骨盤が開いたり歪んだりすると骨盤は不安定になりますので体を支えることができませんから 骨盤の不安定状態の時に重たいものを持ったり前かがみをしたり中腰をしたり同じ姿勢を続けたりくしゃみをしたりすることで腰が痛くなります。

睡眠負債と腰痛

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態というのは夜寝ようとするとすぐに触れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていることです。

目が覚めないから寝ていると思わないでください。眠りというのは脳が休養とって寝ていない限りは眠れているとは言いません。

寝ている時に夢を見るのは脳が起こすトリックと言うか 長く夢を見ていたと思ってもたった一秒だったり2秒だったり数分の時間に夢を見て記憶に残りますが一番最悪な睡眠というのが寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは目が覚めた瞬間に忘れてしまいますから 寝ながら考え事をしていたと思うことはあまり多くは残りません。

そのため目が覚めなければ寝ていると勘違いしている方が多くいますが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると眠れている状態なのか眠れていない状態なのかということを確認することができます。

寝ながら考え事をしてる睡眠をしている方は異常と思えるほど体調が悪く奈落の底のような体調していたりどん底のような体調をしていますがそれに気がついていません。

ですから院長が体調はどうですか調子はどうですかと聞かれると多くの方は体調は悪くありませんとか調子はいいですと 答えます。

検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きく張ったり背骨のズレが異常と思えるほど多く起きていたりて骨がガタガタになっているのに普通では他の痛みやコリも感じていなければいけない問題が感じなくなって言ってます。

これが起きるのは睡眠負債状態で脳が弱ったのが原因なんです。

腰痛と睡眠負債

腰痛を起こしている方の多くは眠りが浅く寝ているようで眠れていない方が多く睡眠負債状態になっているため骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレを整えても ただ単にそれだけでは無い方が多くいます。

普通の腰痛の場合 骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレや椎間板ヘルニアなどを改善していくことでかなり楽になる ことが多くありますが睡眠負債状態で腰が痛くなってる方の場合はそれを直してもあまり良くなりませんしその時はいい感じがして楽になったと言いますが二回来た時にはあまり変わらないと言われる方がいますがチェックをしてみると最初に矯正をした骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレは治っていました。

ということは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレだけで起きているということはないわけですけど初めから全てを見つけて治療することはできませんので、まずはどんな方も骨盤の不安定状態を調整することと背骨のズレを修正することを優先して行きます。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から腰痛を解消する。