自律神経失調症を改善

自律神経失調症を 改善するなら薬ばかり使っていないで原因を見つけ出すことから解消するようにしています。

どうして自律神経失調症になったのか。

なぜ自律神経失調症になったのか。

原因があるから自律神経失調症になったわけですからその原因から変えていくことをしないと 根本的には慢性化した状態を起こし長期間悪くなった状態で悩まなければいけなくなりますので基本的なことから整えていくことで自律神経失調症は改善できると思います。

病院では自律神経失調症という原因などを検査することはできませんので病院で検査することができるレベルというのは病気になってから何ですが自律神経失調症というのは病気のような感じですが病気ではないという感じの症状です。

病院で検査するのは病気になってから検査することで陽性反応が出ていきますので神経を検査するというのは大変難しく困難を極めますので分かりにくく原因も見つかりにくいと思います。

自律神経失調症になる原因というのは、どうして自律神経に影響が出てしまったのかということを探らなければいけませんが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると 異常状態が多く見つかります。

自律神経失調症になったかというのは体調がすごく悪くどこかが痛いということはなく、ここに原因があります。

普通は体調が悪いということは肩こりや腰痛や頭痛などを感じなければいけませんがある部分がすごく弱っていると痛みやコリを感じなくなっていきますので感じなくなることがある部分に影響を出していきある部分の働きの低下から自律神経失調症になります。

疲れやストレスの蓄積

毎日の生活することや仕事をする時でも寝不足状態でも精神的に緊張を加えられる時でも疲れやストレスは溜まりますが疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていきます。

疲れやストレスというのは例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら65 kg は水分になります。

あとの残りの35 kg は皮膚の重さ筋肉の重さ骨の重さ脂肪の重さ血管と神経とリンパ管の重さです。

後残ったものは 35 kg で残ったものですけど 内臓と中枢神経系しかありません。

つまり疲れやストレスというのは筋肉にもたまりますが内蔵と中枢神経系に多く蓄積していき内臓疲労や脳疲労などを起こしながら落ちていきます。

内臓疲労や脳疲労の方が多く見受けられたり異常なほど体調が落ちている方が多くなっているのが現在の状態で多くなっていますが 検査することができなければ 分からないと思います。

普通一般的に検査するというのは病院で検査する場合が多く見受けられますが病院で検査して異常な状態の数値が出てしまうのは病気になってからです。

尿検査や血液検査やレントゲン検査やエコー検査や MRI 検査などをして異常な状態がわかるということは数値で判断できる場合も多く見受けられますが数値で異常が出ればもう病気になっています。

しかし健康な細胞や内臓が1年や2年で急速に病気になるということはありませんのでなっていく過程があるということです。

病気でなければ病院でいくら検査をしても数値的な異常が見つかりませんのでどんなに自律神経の異常を訴えても病院では分からないと思いますしマッサージをしてるところでも自律神経失調症が整う方もいらっしゃいますが原因を見つけ出すことはできないと思いますし整骨院でも同じだと思います。

自律神経失調症とは

自律神経がどうして失調状態に陥るのかという原因がありますのでその原因というのは多くの場合、睡眠に原因がある場合が多くあります。

睡眠と言っても自分で気が付かない状態のことが起きていますので気が付いていない状態で寝不足または眠れていない方が多くなっている関係で自律神経が乱れていきます。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいますがこれが大変な間違いを起こしています。

単純に目が覚めないから寝ていると思うのは間違いだらけです。

夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが 夢は1時間も2時間も夢を見ることはなく夢を見ている時間というのは1分だったり2分だったり場合によっては長く感じても数秒だったりします。

あとの残りの時間というのが問題なんですがあとの残りの時間は寝ながら考え事をして睡眠になっていますのでこれが一番浅い睡眠で最悪な睡眠になります。

寝ながら考え事をして睡眠

寝ながら考え事を知る睡眠というのは一番浅い睡眠ですから妄想に近い睡眠になりますのでこんな睡眠をしていたら体調が良い理由はなく脳が日増しにどんどんどんどん弱っていき脳疲労が起きて行きます。

脳疲労も段階がありますので段階というのは 1から10まで段階があったり1から100まで段階があるということです。

脳疲労が多くなったことを脳疲弊と言いますし更に弱ってくると脳衰弱という段階まで落ちた方が多くいます。

何よりも自律神経という神経はどうかんから発症して出てきていますのでノーカンというのは自分自身の生命力の源の部分ですから生命力つまり生きていく力がどんどん落ちていっているから自律神経失調症になっています。

自分の生命機能の中枢である脳幹が弱っていくということがありますが脳幹が弱っても病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても分かりません。

しかし自分の生命機能の中枢である脳幹が弱ると内臓の支配ができなかったりホルモンバランスが悪くなったりメンタル面をやられたりということの色々なことが起きてしまうのが自律神経失調症です。

自分が生きていく力が落ちていっているから色々な症状が起きてしまうのは当然だと思います。

自律神経を回復させる

自律神経を回復させる方法はまずは第一に体調を上げていくことをしていくわけですがなかなか体調が良い状態で上がるということはありません。

その理由として脳が弱っているからですか脳が弱るということは最後のバックボーンの力が落ちているということになりますので脳が弱るということは大変なことが起きていますので 大変なことが起きている脳が弱ってしまうとなかなか体調が良い状態でトントン拍子に上がっていくということはまずは考えられません。

そのため体調を上げて整えていく治療をしていきますが簡単に上がってくれることはありませんしすぐに眠れたりすることはありませんが徐々に軽い症状から取れてひどい症状ほど残りやすくなります。

ある程度、体調が良くなった状態で 体質改善の治療を進めていかなければ持続する力はありませんし維持することもできません。

眠りが浅い状態が自律神経をいつのまにか悪くしてしまい生命機能の中枢である自立神経つまり脳幹の部分を弱らせてしまったのが自律神経失調症の原因です。

そのためには脳幹の力を上げていかなければいけませんのでまずは体調から整えていき脳の力を徐々に上げていく治療をしていかなければ自律神経失調症は改善できることはありません。

自律神経失調症の方は体調がどん底のような体調をしている方や奈落の底のような体調をしていますので1回目と2回目の治療というのは軽くしたほうがいいと思います。

というのは回復する力がありませんので回復する方に力を取られてしまうとだるくなることがあるからです。

 

 

 

自律神経失調症 を楽にしようと思うなら 体調からあげて整えていくことが肝心ですから八幡西区と八幡東区と戸畑区と若松区と門司区と多くの方から人気があります。