自律神経失調症になるのは

 

どうして 自律神経失調症 になったのか。

何が原因で自律神経が失調状態になるのか。

自律神経をどうしたら整えていくことができるのか。

自律神経のバランスを整えるためには。

自律神経のバランスを整える訓練は。

自律神経というのは何なのか。

なぜ自律神経が失調状態になったのか。

どうして自分が自律神経失調症になったのか。

自律神経失調症というのは何なのか。

自律神経失調症というのは 誰でも起きるものですが どうして自律神経が失調状態になったのかという原因があります。

原因を見つけて改善していくことをしないと 訓練をしても 薬を服用しても効果的には上がりにくくなります。

そのためには自律神経ということを知らなければいけません。

自律神経失調症とは

自律神経という神経は実際にある神経のことですから自律神経という代表的なものがあってその中に交感神経と副交感神経というのが含まれています。

交感神経と副交感神経というのは 車で言えばブレーキとアクセルみたいなものですから働かせることもすれば抑制することもしているのが役目です。

この自律神経というのは脳幹の部分から出ていて 背骨の両横にある神経のことです。

自律神経というのは循環器消化器呼吸器などの活動を調整するために24時間働きぱなしの神経です。

体の活動を昼間に活発になる交感神経と安静時や夜に活発になる副交感神経のこのバランスをとっているのが 自律神経ですから 自律神経失調症というのはこのバランスが狂っていることを言います。

自律神経のバランスが悪くなった状態で起きやすい症状は慢性的な疲労やだるさやめまいや偏頭痛や頭痛や動悸やほてりや 不眠や便秘や下痢微熱や耳鳴り手足のしびれ口や喉の不快感夜頻尿や残尿感といったものやイライラしやすいという感じや不安感が多くなったり疎外感が落ちやすくなったり落ち込み家やる気が出ない憂鬱になる感情の起伏が激しい喜怒哀楽が大きい焦りがあるなど色々あります。

神経が狂ってしまうのは

自律神経というのが狂ってしまうと色々な諸症状が起きてしまいますがめまいや耳鳴りが多くなったり立ちくらみをよく起こしたり胸が締め付けられるなどが起きたり心臓がいきなり早くなったり脈が飛ぶなどが起きたり息苦しくなったり夏でも手足が冷えるとかいの調子が悪いとか下痢をしやすい便秘をしやすいとか肩こりや腰痛が良くならないとか手足がだるいとか体がだるいとか汗をかくとか朝から疲労感を感じるとか やけに眩しさを感じるとかえても寝ても眠りが足りないと感じてしまったり怖い夢を見たり風邪でもないのに咳が出るとか食べ物を飲み込みづらいとか色々な諸症状が起きてしまうのが自律神経失調症ですが自律神経失調症というのを治す薬はありません。

自律神経失調症を抑える薬は多くありますが自律神経失調症が治るのを待つしかありません。

自律神経失調症になってしまうと生活のリズムの乱れや夜更かしや夜型人間や夜勤勤務など子供の頃からの生活習慣など人体のリズムを無視した状態で起きてしまうことが多くあります。

後は仕事の上でのストレスを溜め込んでしまった状態で自律神経が失調状態になるということがあります。

自律神経のバランスが狂う原因はひとつ

しかし、どんな自律神経失調症の原因は統一としたら一つになります。

どうして自律神経が失調状態になるのかということに原因があります。

その原因というのは人それぞれで違うということもありますが多くの自律神経失調症の方の場合は簡単に言えば疲れやストレスの蓄積です。

日常的に生じる疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く溜まっていきます。

日常的に生じる疲れやストレスは生活することでも多くなっていき仕事上でも多くなったりしますし精神的なプレッシャーを加わってくるともっとさらに疲れやストレスが蓄積していき寝不足状態でも疲れやストレスは自分でも気が付かないうちに溜まっていきます。

しかし疲れやストレスというのはほとんど多くの方はあまり知りませんが内臓に蓄積していきます。

内臓というのは肝臓や膵臓やいいや肺や心臓などに疲れやストレスが溜まっていきますが 限界を超えてくると中枢神経系である脳や脳幹や脊髄にも疲れやストレスは溜まっていきます。

中枢神経系にもたまる

中枢神経系に多くの疲れやストレスが溜まると ホルモンのバランスも悪くなってしまい脳が緊張状態に陥ってしまいますから脳が緊張状態に陥れば脳疲労が起きて息回復できない状態まで落ちることもあります。

中枢神経系にたまる疲れやストレスですから病気ではありませんけど 検査する手段も治す手段もありません。

中枢神経系に溜まったりすると脳が興奮状態に陥って眠りが浅くなったり脳疲労が起きて息脳疲労が頭越えて行くと脳が衰弱していくということで睡眠負債状態になっていき睡眠負債状態が多くなればなるほど脳はどんどん弱っていきます。

特に最近は中枢神経系のトラブルを抱えた方が多くなっていますのでそのほとんどの方は脳疲労になっていることが多くありますから脳疲労が起きれば全ての内臓は弱っていき疲れやストレスを溜めた状態を解消することができません。

自律神経を解消しようと思うなら体調を検査することから始めなければいけませんが体調が落ちれば落ちるほど疲れやストレスが溜まっているということになります。

体調がいいと思うのに自律神経は来ることはありません。

必ず自律神経が狂う場合は体調が落ちて疲れやストレスが多く溜まっていますので内臓に蓄積していることが多くあったり中枢神経系に多くの疲れやストレスが溜まっていると中枢神経系の体調は落ちていくということが考えられます。

体は一つで見ることができますが内臓を一人一人としてみれば肝臓という人がいるとして 肝臓が疲れをためているということがあります。

同じことを言えば胃という人がいれば 胃が疲れるということもありますし意味疲れやストレスが溜まっていくということが考えられます。

普段、我々はあまり意識はしませんが食事をしたり呼吸をすることでも内臓は動いてくれています。

無意識に動く内臓ですが食べることで食堂を通って食べるものを見落としていきますがここでも食道が働いてくれているから食べたものを胃に持ち込むことができます。

胃に入ってきた食べ物は消化すること をしていきますから 消化するということは何も働くことをしないと消化液も出てきません。

大腸や小腸で 栄養を取り込もうとしても大腸や小腸が働いてくれないと栄養を取り込むことができませんしその栄養を肝臓に溜め込むことができません。

自分でも気が付かない状態で内臓はよく働いてくれていますのでよく働けば働くほど内臓にも疲れやストレスは溜まっていきます。

その上に日々、我々は体を動かすことをしていますので体が動かした状態で疲れやストレスが生じますから生じてしまった疲れやストレスは筋肉にもたまりながらさらに内臓にも上乗せされていきます。

毎日毎日食べたりすることや空気をすることで働いている消化器系や肺というのは大変多くの仕事をこなしていますので仕事をこなせばこなすほど内臓にも疲労が溜まっていくということは当然起きていると思います。

何も動いていないのに自律神経失調症になったという方も思っている方はいますがそんなことはありません。

している限りは何かが動いていて生きて生活することができていますのでしっかりと自分の体の中を考えてみることも必要だと思います。

自律神経を整えることにつながっていきます。

 

 

 

 

 

八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区から多くの方が訪れている自律神経失調症を改善する徳力整体院です。

自律神経失調症 になるのは原因があります。