首の痛み、首のコリを解消

首の痛みや首のコリを 改善していくためには 痛みやコリのある部分を 改善する為には、 どうして首の痛みや首のこりが起きているのかという原因を見つけなければいけません。

何も原因がなくて首の痛みや首のこりが起きる理由はなく何かの原因があるから首の痛みや首のこりになっていますので 長期間慢性化してしまった首の痛みや首の凝りも原因があるから起きていますので簡単に考えないで原因を見つけるようにして行くと楽になっていくと思います。

首の痛みや首のこりというのは大変多くの方に起きているものですが 交通事故や転倒などで首の部分を痛めてしまったり むち打ちを起こしてしまったりえ違えを起こしてしまっていて 痛みやコリがあるという方が多くいます。

特に交通事故などの首の痛みでむち打ちになった方はしばらくは急性状態でいたいと思いますが 程度に応じて2、3週間から一か月以上 首の痛みや首のこりが起きる時には何か他の原因があるから痛みやこりになっていると考えた方がいいと思いますのでその原因を見つけていくようにしています。

半年以上前に起きた交通事故でむち打ちになった方もいますが整形外科やけ家などでレントゲンを撮ってももう異常なしという感じで言われてしまってなおかつまだ首の痛みや首のコリを訴えている方がいますがしっかりとした原因がありますのでその原因を見つけていくことをしています。

首の痛みや首のコリを

首の痛みや首のこりというのは整形外科や病院などでも分からないことが多くあり 検査をすることで痛みやコリの原因を見つけることをしています。

当院で行う首の痛みや首のコリの検査というのは 目に見えないものを表面上から見て判断していきますので正確でどういう状態になっているかということを突き止めていくことができます。

そのためには首の痛みや首のコリの炎症や腫れを改善するようにしてどうして長期間、炎症や腫れがあるのかということを探っていかなければいけませんのでまずは体を整えていくことから始めていきます。

首の痛みや首のこりがある方また起きやすい形繰り返しやすい形に違いやすい方は全て原因がありますので、この原因から改善していかなければ首の痛みや首のコリは楽になることはなく長期間 慢性化した状態で患うことが多くあります。

首の痛みや首の凝りがある部分の片側だけの方の場合は妻を比べてみると 間食や大きくなっているということがありますのでまずは触ってこ自分でも確認してみることも大切になります。

首を触ってみるとわかる

ご自分の両方の手のひらを右手は右側を左手は左側を首の部分に当ててそれぞれを押してみることをしてみてください。

痛みがある部分に何かの問題が起きていたりこりがある部分に何かの問題が起きていたりということがありますのでそれらを探って見つけ出すことをしていかなければいけません。

寝違えというのも枕や寝具で起きるのではなく自分の体調に全て関係がありますので体調が悪いということで生きていきますが体調が悪いというのは疲れやストレスが体に溜まっている現象です。

多くの方は枕の位置が悪かったり首の位置が変だったりということで 言い訳をしますがご自分の体調でそういう状態になっているということは考えもしません。

体調というのは説明してもわかってもらうことは少なく意味不明なことが多くあり自分で体調の悪さを感じている方もいれば体調の悪さを感じていないという方もいますので体調の悪さを感じている方は理解できますが体調の悪さを感じていないという方はいくら説明してもわかってもらうことはできません。

体調が悪いから首の痛みや首のこりが起きているわけだので寝違えなんかもまたむち打ちや交通事故なども同じ現象で起きています。

一度、体調が落ちてしまうとある現象が起きることで回復ができなくなりいつまでも長期間慢性化した状態で悪いままになります。

体調を落とすから痛みやコリが

体調を落とす原因として一番にあげられることは最近多くの方が患っていることです。

夜寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっていることなんです。

普通に考えればそれは正常で良い状態の眠りをしているということなんですが誰が見ても人が見てもスースー寝息を立てている状態でも脳が活性化した状態で夢を見るというよりも寝ながら考え事をしてる睡眠をしています。

寝ながら考え事を知る睡眠をしているから体調は豚足のような体調になり奈落の底のような体調になっている方が多くいます。

しかし今年の隠れインフルエンザという言葉があるようにインフルエンザウイルスが入っ体内に入って増殖していても 道が弱っていれば何も起こらないし熱を出すこともなくインフルエンザウイルスの症状を起こすことはありません。

インフルエンザウイルスが発散できなくて自分の体内にこもったままになっていき長期間、体調の悪さがあるという方が多くいます。

隠れインフルエンザ

大脳が元気だからインフルエンザウイルスが体内に入って増殖したスト ウイルスを減らそうとして熱を上げたり咳やくしゃみや鼻水を出したり関節を痛めてしまったり体がだるくなるということで細菌を減らそうとしたりウイルスを減らそうとします。

体内にインフルエンザウイルスが増殖して多くなってもまた風邪の細菌が多くなっても脳が弱っていれば何も起こりません。

この事を隠れインフルエンザという言葉の代表的なものになります。

ウイルスや細菌が体内に入って増殖していても脳が弱ってしまっていては何も起こりませんし何も症状を出すことはありません。

このことから 首の痛みは首のコリはあるけど他は何もなく体調は良いと思っているという方が多くいます。

首の痛みや首のコリが慢性化して長期化した人形は体調が悪いから起きていますし体調を戻す力がないから長期間慢性化した状態になっています。

体調の悪さを感じていない肩が治療することで体調が良くなっていくとインフルエンザになったり風になったりだるくなったりということが起こりますがこれは今まで出なかったものが出てきてるだけですから新しい風邪、ウイルスを移されたわけではありません。

インフルエンザウイルスが大量に入っていても風邪の細菌が大量に入っていても脳が終われば何も起こりませんし何も感じない状態で首の痛みだけ起きていたり首のこりだけ起きていたりという方が多くなっているからです。

昔でしたら寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったりまたなんとか眠れるけど夜中に何回も目が覚めたり夢を見たりという方が多くいましたがこういう方は不眠症と言いましたが最近はそういう状態の方もいらっしゃいますが多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているという不眠症になっています。

このえながら考え事をしてる睡眠というのは睡眠負債になり睡眠障害になりますから最悪な睡眠で寝ながら考え事をしてる睡眠というのは妄想に近い睡眠ですからねている間に異常に体調が落ちていき寝ている間に膿が弱っていき生命機能の中枢である大脳の中の脳幹が疲弊していき脳幹の力が極端に落ちていきます。

脳幹の力が落ち込めば眠りが浅くなりますので眠りが浅いと脳疲労になります。

大脳や脳幹の力が落ちた方は寝ていても眠りが浅く目が覚めないから寝ていると勘違いしないでください。

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区から多くの方が訪れる首のコリ首の痛みを解消いたします。