骨盤矯正は

骨盤矯正をするなら、初回から骨盤が小さくなることで人気がある骨盤矯正をしているボキボキもしない痛くもない、骨盤矯正で評判です。当院では骨盤矯正をしていく時には痛くもない、怖くもない、骨盤矯正をしていますので、骨盤を無理やり力任せに押さえつけたりすることもしていません。

骨盤矯正をしていく時には、電気や機械などを使うことはしませんので、手の技術力のみで骨盤を小さくしていくことをしています。

手の技術だけで骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする前に骨盤をしっかりと触って幅などを覚えてもらうことをして、骨盤矯正に入るようにしていますので、自分で骨盤が小さくなったのが分かるようにしています。

骨盤矯正をする時には、骨盤矯正に入る前に二度ほど骨盤の横の幅を触って覚えてもらうことをしています

骨盤矯正に入る前に自分の骨盤の幅を触って覚えないとどれぐらい小さくなったのかということがわかりませんので、触る練習を二度ほど行います

骨盤矯正をするためには、触り方に特徴があるんですが一番わかりやすい触り方を説明していますが一番わかりやすい触り方でも簡単なようで簡単ではありませんので、時々分からないという方がいます

わからないということがないように出来るだけしっかりと触ってもらっているんですが、単純に手を当てただけでは分かりませんので手を当てただけで骨盤矯正をした後の変化が分かる訳はありませんので、骨盤矯正に入る前にしっかりと触って覚えておいてほしいんです。

骨盤矯正に入る前に股関節の真横の部分の骨盤を触ります。

そして少し中心部に向けて押すようにして触ってください。

その時にただ手を当てただけでは分かりませんので、左右差を感じようとして触ってください。

骨盤には左右に違いがありますので、右側が左よりも大きいとか言う感じで左右さを感じようとする時に手だけではなく脳の感覚神経を働かせることができます。

そうすると、しっかりと左右差が分かる訳ですから、骨盤が小さくなったのが分かるということになります。

今まで多くの方の骨盤矯正を30年間でしてきましたが、1人も小さくならなかったという方がいませんけど、100人骨盤矯正を希望されて訪れた方がいるとしたら95人ぐらいが骨盤が小さくなったのがわかりますが、あとの5人ぐらいはわからないという方がいます。

わからないという方は、しっかりと触ることができていないからなんですか脳をうまく働かせて触ることができない関係で、小さくなったのがわからないということなんです。

骨盤が小さくなったにも関わらず、分からないという方は多くの場合、睡眠負債状態が多くあります。

骨盤矯正の方法

骨盤矯正をしていく時の方法は痛くもなく、ぼきぼきもすることもなく、電気や機械を使うこともなくての技術力のみで骨盤を小さくしていくことができますので、初回から骨盤が小さくなることで人気があります

骨盤を小さくしていく時にはどうやって骨盤矯正をしていくのかというと、骨盤をマッサージするような感覚だと思ってもらえれば近いと思います

しかし、実際にマッサージをして骨盤が小さくなることはありませんので、マッサージのするような感覚だと思ってください

骨盤調整をしていく時には本当にマッサージをするような感じで、骨盤を持っていくと骨盤が徐々に小さくなっていきますが、どうやって骨盤矯正をマッサージするような感じでやっているのかというと検査をすることができるからなんです。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤の歪みや骨盤の開きなどを調整していくことはもちろんなんですが、それだけでは骨盤は少ししか小さくなりませんので、ましてや骨盤の歪みや骨盤の開きだけ矯正するだけでは持続力があまりありません。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤が小さくなっても維持することができるのか、持続させることができるのかということをよく聞かれますので、それにも深く関係しているものがあるんです。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤周辺のむくみや脂肪も減らすことをしなければいけませんが、単純にそれだけでも骨盤は少ししか小さくなりません。

では、どうやって骨盤矯正をするのかということは、マッサージをするような感じですると説明したように、単純にそれだけでやっている訳ではありません。

骨盤を検査する

当院の骨盤矯正は骨盤を検査することをしていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きは勿論なんですが、背骨のズレというのも関係することもありますし、骨盤周辺にできてしまった、むくみや脂肪を減らすことをして骨盤を小さくすることもしていますが、単純にそれだけでは骨盤はあまり小さくはなりませんし、維持することはできません。

骨盤矯正をしていく時には、検査することができるという風に説明をしましたが、何の検査をしているのかというと、最近多くの方が疲れやストレスが多く蓄積している状態で大変なことが起きているんです。

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活や仕事をすることでも精神的な緊張やプレッシャーを与えられた人、加えられたりすることでも、運動したりすることでもストレッチをすることでも買い物をすることでも掃除をすることでも美味しい食事を作ることでも、テレビを見ているだけでも疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積というのは、どんなことをしても多く蓄積しているものなんですが、それを減らそうとはしません。

疲れやストレスがどこに溜まるのかということも考えていない方が多くいますので、疲れやストレスにはたまるところがあります。

疲れやストレスがどこにたまるのか、どうやって減らすことができるのかということを考えなければ、骨盤矯正にどれほど影響を与えているのかということも分からずに、ただ骨盤を小さくしたいというだけで訪れている方が多くいます。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスが溜まっていない方はいませんので、全員の方が疲れやストレスは溜まっていますが、疲れやストレスが溜まったところとどうやって減らしているのかということも考えずに毎日の生活を行っています。

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら65キロが水分になりますので、体重の半分以上が水分で構成されていますから、水分が何かの悪さを起こしたり、水分に疲れやストレスが溜まるということはないと思います。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあるということですから、残ったものは皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパの重さと、あとは中枢神経系と内臓しかありません

この中で疲れやストレスが多く、たまるところといえば中枢神経系は内臓の1部ですから、内臓と筋肉に疲れがたまるということを言えると思いますが、最近の研究の成果でわかったことがあります

最近の研究成果でわかったことというのは、疲れやストレスは筋肉にもたまるということはわかっていますが、脂肪にも溜まったり骨にもたまるということが分かったんです。

つまり、疲れやストレスというのは、たまらないところはないということなんです。

疲れやストレスというのは、筋肉よりも内臓に多く、蓄積していきますので一番体の内側にあるのは内臓ですから、内臓の部分に疲れやストレスが溜まると体の歪みになっていく訳です。

内臓に疲れやストレスが溜まると言って説明をしていますので、病気というわけではありませんので、なんでもかんでも病気というのは結びつけるのはしっかりと説明を聞いてからにしてください。

疲れやストレスの蓄積というのは大変多く溜まっていきますので、全身にたまるという風に考えた方が間違いはありませんので、全身に溜まりながら色々な部分に溜まっていく筋肉にも内臓にも溜まっていきます。

例えばですけど、骨盤矯正を行う上で骨盤の骨に疲れやストレスが溜まるということが起きます。

骨盤に疲れやストレスが溜まる事が起きると骨が炎症を起こしたり、ハゲたりという風にして変形を起こしていくということが分かったからなんです。

普通では起こることではありませんので、常識ではありませんが、しっかりと説明を聞いてください。

普通では考えられないことが起きているのがあるということがわかったから、それらを正常に戻していくことで骨盤が小さくなります。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤を小さくしていくことをしますが、骨盤を小さくするというのは本音を小さくしていくことですから。

骨盤の骨にも疲れやストレスが溜まると、骨盤が肥大しながら炎症を起こしたり、ハレたりしながら大きくなっていきます。

骨盤矯正と睡眠負債

骨盤矯正をしていく時にはもう一つ、疲れやストレスとは違って厄介なものがあります。

厄介なものというのは、睡眠負債状態なんですが、最近は多くの方が眠っているようで眠れていません。

睡眠負債状態になっていると、夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、熟睡状態の時間が少しでもあることを言います。

そんなに長く熟睡状態が取れる訳ではありませんので、大脳が休養をとるのは危機感も2時間も時間があるわけではありませんが、数分の時間で熟睡状態を取るのが大脳が唯一、寝ていることになります。

多くの方が目が覚めないから寝ていると勘違いしています。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢よりもさらに悪い睡眠がありますので悪い睡眠というのは寝ながら考え事をしてる睡眠です。

寝ながら考え事を知る睡眠というのは大変多くの方がしている睡眠なんですが、目が覚めた瞬間に忘れてしまうのがこの睡眠の特徴です。

眠りと骨盤矯正

疲れやストレスが多く、たまっている方と睡眠負債状態がある方、または両方がある方が最近増えていますので増えた方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり、背骨を検査してみると背骨がガタガタしている状態でも痛みや凝りを感じない方が多くなっていますが、感じないのは睡眠負債状態があって大脳が弱ってしまっている方です。

睡眠負債状態が多くあると、大脳が弱っていきますので、大脳が弱ると痛みや凝りも感じにくくなり、どんなに自分が体調が悪いということも分からなくなっていきます。

しかし、大脳が弱っていくと脳内麻薬というホルモンが多く分泌される方もいますので、分泌されてしまうとハイテンション状態に痛みやコリを感じなくなったりします。

骨盤矯正をしていく時には疲れやストレスが多く、蓄積している方ほど骨盤が歪みが大きくあり、骨盤が大きく開いています。

そして、睡眠負債状態が多くあって、大脳が弱ってしまった方ほど維持することもできませんし、持続力もありません。

この両方が揃った方が多くなっていますので、体調が無茶苦茶悪いのに体調の悪さを感じていない状態の方は骨盤矯正をしてもたった瞬間から崩れていくという方も、今までいました。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から骨盤矯正が人気。