人気がある骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

初めから骨盤が小さくなる骨盤矯正ですから評判の良い歯科も人気のある骨盤矯正です。

当院では多くの方が骨盤矯正を希望されて 訪れていますが骨盤矯正の意味というものを分かっていない方が多数を占めていますので骨盤矯正の意味というものを説明していきたいと思います。

骨盤矯正で骨盤が小さくなったり小尻になるということはどういうことなのかということを説明していかなければ本当の意味で骨盤矯正を分かる言葉をありませんからなんとなく骨盤矯正をしていては意味がありません。

骨盤矯正というのは骨盤を矯正して小さくするということもありますが骨盤矯正で対象となるのはそれ自体の問題です。

確かに骨盤矯正でしていく項目には骨盤の歪みや骨盤の開きというものもありますが骨盤が歪んだり骨盤が開いたりということをが起きるのは原因があって起きていますので、ただ何も原因がなくて開いたり歪んだりするということはありません。

確かに骨盤矯正をしていくことで骨盤の歪みや骨盤の開きが改善できれば骨盤が小さくなることも多く見受けられますが、それだけでは持続する力もありません。

そして骨盤周辺にできてしまった脂肪やむくみなどを減らすことができれば骨盤矯正というよりも骨盤周辺矯正ですから骨盤周辺のむくみや脂肪が減るということはあります。

骨盤周辺にも

骨盤周辺のむくみや脂肪が減れば骨盤が小さくなるということは確かに存在します。

骨盤周辺ではなく骨盤矯正ですから骨盤自体をどうにかしなければ骨盤が本当の意味で小さくなるということはありません。

当院では骨盤矯正をして行く時にも検査することを重要視していますので検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きというものが大変多くの方に起きているということがわかります。

骨盤の歪みや骨盤の開きを改善することでも骨盤が小さくなっていくことができますが単純にそんな簡単な問題だけで骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているということではありません。

どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかという言葉で追求して原因を見つけ出すことが骨盤矯正の重要なものになります。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因は骨盤にも原因がありますがあるものが多く蓄積してしまったのが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていく原因というのは体に溜まった疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスの蓄積が

体に蓄積する疲れやストレスというのは毎日毎日多くなるばかりなんですが、最近は多くの方が眠りが浅く眠る時に解消することができるまた減らすことができる疲れやストレスを減らしていません。

寝る時にもただ寝ているというわけではなく脳から眠ることが眠りですからノーから寝ていないと眠りということはできません。

体が寝ているというよりも脳が寝ていることが眠りになりますし睡眠をするということにもなります。

体が寝ていても目をつぶっていてもスースー寝息を立てていても脳が緊張したり興奮状態に陥ると寝ているようで眠りが浅い睡眠になっています。

この眠りが浅い睡眠というのが骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしているということが多く最近はあります。

しかし初回からは色々な改善ができませんので、まずは骨盤が小さくなるということが分かってもらうために骨盤だけ触って骨盤を小さくしていくことをしていきます。

毎日毎日の生活で疲れやストレスを溜まっていきますし仕事上でも疲れやストレスは溜まりますし 美味しいものを作る食事を作る時でも疲れやストレスを溜まっていきますしお風呂に入ることでも疲れやストレスを溜まっていきます。

この溜まっていく疲れやストレスを唯一減らすことができるのは眠りの時だけです。

最近は多くの形が寝ているようで寝ていませんので 寝ながら考え事をしている睡眠が多くなって睡眠負債状態に陥っています。

寝ながら考え事をしている睡眠というのは最低最悪な睡眠ですから体調もどん底の米をしていき体調が落ちれば骨盤の歪みや骨盤の開きなども起きて背骨のズレも起きていきますが脳疲労が日増しに強くなっていくと脳が鈍化になって麻痺をしていきますので麻痺すればするほど痛みやこり色々な症状を感じにくくなっていきます。

痛みやコリが感じないからと言って体調が良いわけではありませんので自分で脳神経を働かせていることができていれば 歪みが起きていたりずれがあると痛みやこりになって何かの不調を感じていますが脳が麻痺していると歪みやズレが起きていてもどんなに痛みやコリが起きていなければいけないことが起きていても感じません。

脳が感じないだけで実際に体には多くの疲れやストレスが溜まって歪みやズレが起きているんですがそれを感じない方が多くなっていて感じ無い方が骨盤矯正ということできています。

体調が落ちすぎている方は体調からあげたりしなければ骨盤の持続する力がありませんし疲れやストレスが溜まっていたり背骨の歪みが起きているということもありますのでそれらを減らすこともしていかなければいけませんが初回からは骨盤が小さくなるそしてウエストまで細くなるくびれができるということを体験してお見せしなければいけませんので骨盤矯正の中でも骨盤だけを中心的に調整して小さくしていくようにしています。

しかし体調が悪かったり眠りが浅かったりする方は、いくらどんなに良い骨盤矯正をしても持続する力がありませんし戻りやすくなります。

体調や眠り

そしてそれ以上に骨盤矯正の中でも骨盤というのは内臓を納めていますので骨盤が歪んだり骨盤が開いたりしているだけでも内臓の影響は多大なものがあります。

内臓と言っても病気と言ってるわけではなく 内臓の働きに関係していますので骨盤を整えても内臓の働きが上がることもありますが正常になることはありません。

どちらかと言うと骨盤矯正でも中心的なものは筋肉や靭帯やリンパや神経の働きや循環だけではなく内臓が中心だと言っても間違いではありません。

骨盤矯正をして行く時には内臓重視でして行った方が矯正もし安く維持する力が大きくなるというのが現実です。

骨盤矯正をして行く時には骨盤の歪みや骨盤の開きがありますが骨盤の開きや骨盤の歪みを起こしてる原因は内臓に溜まってしまって働き落としたのが原因ですが 内臓の働きを低下させてしまっているのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因です。

ですから内臓に溜まってしまった疲れやストレスを改善して減らすことをしていかない限りはまたすぐに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きてしまうということで歪みやひであきが起きれば骨盤周辺に脂肪が多くなったりむくみやすくなっていきます。

骨盤矯正をお考えなら 骨盤の中に入っているものから重要視しなければ骨盤矯正をいくらしても戻りやすくむくみやすくなります。

そして最近多くの方が普通では起きない現象が起きています。

普通では起こらない現象というのは骨自体が炎症や腫れが起きているという方が多くなっていることです。

普通一般的に骨盤の歪みや骨盤の開きというのは起こりますが骨まで炎症を起こしたり腫れたりということは起きるものではありませんが検査をしてみると骨の炎症や腫れが起きている方が多くなっています。

骨の炎症や腫れがあると骨周辺の筋肉や靭帯などにも脂肪が多くなったりするというのは当然、起こりますしむくみやすくなるということがあったりします。

 

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れています。