骨盤矯正をしています

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正を痛くない怖くない無理に押さえつけたりすることもなく骨盤矯正をしています。

骨盤矯正 をしていくときには 電気や機械を使うことなく手の技術力のみで骨盤を小さくすることができる特殊な方法をしています。

骨盤矯正をしていく時には骨盤矯正に入る前に 自分の骨盤の幅を触って覚えてもらうようにして骨盤矯正を進めていきます。

骨盤矯正に入る前の骨盤の大きさや幅や骨盤矯正をした後の骨盤の変化を自分の手で実感できるようにしているのが当院の骨盤矯正の特徴です。

当院の骨盤矯正は、必ず骨盤矯正に入る前に 骨盤の幅を触って覚えてもらうようにして 骨盤矯正を進めていきますので骨盤の変化がしっかりと分かります。

骨盤矯正を行う時にはウエストの幅も細く引き締まっていきますので一回で骨盤矯正が終わることはありませんが続けて受けてもらうことでウエストがどんどん細くなって引き締まっていき骨盤も小さくなる骨盤矯正をしています。

ただ骨盤矯正をすればいいというわけではなく骨盤矯正をしても色々関係する部分の調整をする必要がありますので一回で骨盤矯正が終わることはありません。

骨盤矯正とは

骨盤矯正を行う時には まずは自分の両方の手のひらをご関節の上に当てて幅を覚えてもらうようにしていますがこの触り方が一番わかりやすいんですが 簡単な方法ではありません。

ただ手を当てればいいというわけではなく手を当てて幅を感じようとしないと骨盤の幅がわからなかったり覚えていられなかったりして どんなに骨盤矯正で骨盤を小さくしても分からないと言うかと思います。

できるだけ分からないということがないように、どんなに言葉を小さくしても骨盤の幅が分からなければ意味がありませんからしっかりと骨盤矯正をする前に触って記憶してもらうようにしています。

骨盤矯正をする前の骨盤の触り方は股関節の上に手のひらを片方ずつ当てて もらいます。

そして、ただそれだけではわかりませんので左右を感じるようにして左右差を認識してもらうようにしています。

一番大切なことは左右差を感じようとして手のひらを小関節の上に当てて いることが大切です。

両方の手のひらを股関節に当てて左右差を感じようとする時に必ず骨盤でも顔でも同じなんですが左右差があります。

必ず誰でも左右が同じような感じに見えますが触ってみると中心軸からして右側が大きいとか左側が大きいとか感じることができますから左右を感じるようにして触ると必ず左右差があります。

それを触って覚えているだけで骨盤の幅がわかりますから必ず左右さを感じようとして覚えてください。

骨盤矯正に入る前に

骨盤矯正に入る前に骨盤の左右差を感じて覚えてもらうようにして骨盤矯正に入りますが治療する際に寝てもらうことをしていますが治療する第2でもらってまたさらに骨盤の幅を覚えてもらうようにしています。

この時に骨盤矯正をすると同時にウエストの幅も変わりますからウエストの幅を触って太さを覚えるようにしてもらうと変わったのがしっかりと分かります。

骨盤矯正を行う時に同時にウエストのくびれが出てくるのが当院の骨盤矯正の特徴です。

骨盤矯正で骨盤が小さくなり小尻になる子ウエストの幅が細くなってくびれが出てくるのが当院の特徴ですが骨盤矯正も何回も言っていますが一回で終わることはありません。

初回からいろいろ変えすぎると骨盤矯正をした後にだるくなったりきつさが出てしまいますので注意しながら行いますがどうしても体調が落ちたかたほどだるくなる傾向が見受けられます。

骨盤矯正をする時には

当院では骨盤矯正を押して行く時にはマッサージをするような感覚と思ってもらえれば一番近いと思いますがマッサージではありませんしただ骨盤周辺を揉んでいるわけではありません。

骨盤矯正を行う時には委員長である私が骨盤矯正をしていきますが他の治療院専門家の先生が見ても、ただ骨盤周辺や骨盤を揉んでいるようにしか見えませんからマッサージをしているよと言われますがマッサージとは違いマッサージよりも骨盤が小さくなるということで人気があります。

当院の院長である私が骨盤矯正をしていくときにマッサージをするようにして骨盤やウエストなどを揉んだりマッサージをしたりしていくだけで骨盤の歪みや骨盤の開きが改善できて骨盤が小さくなりさらにそれ以上のことも強制することができますが初回からは骨盤が 小さくなるということをお見せするためにもまたウエストが細くなるくびれができるということを体験してもらうことを重要視していますので次回からはその他の部分の調整や脂肪の減少やむくみなども解消していくことができます。

そして骨盤矯正といっても骨盤だけ歪みを整えていけばいいというわけではありません。どうして骨盤が歪んだり骨盤が開いたのかという原因が裏側にあります。

骨盤がゆがんだリ骨盤が開いたりすることは日常茶飯時的に起きている現象なんですが、これにも原因があって骨盤の歪みや骨盤の開きになっています。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりするのは

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりする原因は体に蓄積した疲れやストレスが原因です。

最近は多くの方が疲れやストレスを溜めすぎている傾向がありますのでかみすぎていると骨盤が歪んだり骨盤が開いたりまたさらに内臓の調子を落としていたり骨自体も炎症や腫れがあるということがわかります。

初回は骨盤だけを整えていくことをしますが中に入っている内臓つまり 大腸や小腸や子宮や卵巣や膀胱なども炎症を起こしたり腫れたりということが起きているか違いますし腸周辺にある腹膜という膜が炎症を起こしたりということも起きていますのでそれらを改善していかなければ骨盤は安定はしません。

骨盤矯正と言っても 骨盤の中に入っている内臓の調子が悪かったり便秘が起きたり生理痛があったり生理不順があったり膀胱炎を繰り返したりということで あれば骨盤に全て影響を出してしまいますので骨盤矯正と言っても内臓の調整も必要になります。

内臓から元気にしていことをしないと骨盤は安定しませんしまたすぐに歪んだり開いたり 骨盤周辺に脂肪やむくみなどを起こしたりして足が太くなるということもあります。

多くの骨盤矯正を行う他の治療院ではここまでしていませんから効果がなかったり戻りやすくなったりしていますが当院では内臓の調整などもしていますし筋肉バランスを整えることもしていますから骨盤矯正を行う時には一番の矯正方だと思います。

そしてさらに治療を進めていくことで体質改善という治療があります。

体質改善の治療をしばらく受けてもらうことで骨盤矯正をする時には一番の安定状態を作ることも出来ますし骨盤がどんどん小さくなって 行くと思います。

骨盤矯正を行う時には一番関係になるのは疲れやストレスなんですが疲れやすとレスもただ単に何もないところに蓄積するわけではなく 内臓に多くの疲れやストレスは溜まっていきますから内臓に蓄積してしまった疲れやストレスを減らすことでも内臓の働きは整ってきて骨盤の歪みや骨盤の開きが安定状態に入ります。

疲れやストレスというのは病気ではありませんが内臓に蓄積して内臓の働きを悪くしてしまいますのでその代表例が便秘や生理痛や生理不順などです。

 

当院では八幡東区と戸畑区と八幡西区と若松区と門司区から多くの方が訪れている骨盤矯正をしています