骨盤矯正とは

骨盤矯正なら 初回から骨盤が小さくなると人気のあるボキボキもしないし痛くもない怖くもない骨盤矯正をしている30年の経験がある徳力整体院。

骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなると評判の良い骨盤矯正をしています。

多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れていますが骨盤矯正の何たるかを知らなくてただ骨盤を小さくして欲しいとか小尻に来てほしいという希望ばかり言っていますので骨盤矯正というものがどんなものかということを分かってもらいたいから説明していきたいと思います。

骨盤矯正というのは骨盤を小さくしていくことなんですが骨盤というのは何を小さくすれば骨盤が小さくなるのかということになりますのでどうすれば骨盤を小さくすることができるのかということを説明するわけですけど 骨盤を小さくするというのは骨を小さくしなければ小さくはなりません。

骨盤矯正をして行く時には骨盤の歪みや骨盤の開きなどが検査することでわかればそれらを整えていくことでも骨盤は少し小さくなると思います市骨盤周辺に多くなってしまった脂肪やむくみなどを減らすことでも骨盤は小さくなると思いますがそれだけではないんです。

最近は多くの方が院長から体調はどうですかと聞かれると全員の方が体調はいいですと答えたり調子は悪くありませんと答えますが当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあって背骨がガタガタになっていても体調は良いと言います。

骨盤が歪んでいたり骨盤が開いたりすることだけでも体調は悪くなっているわけですけどそれらを感じていない方が多くなっていますので痛みやコリがないからと言って体調が良いということはありません。

体調というのは疲れやストレスの蓄積なんですが 疲れやストレスは毎日毎日の生活や仕事や精神的な緊張など、そしてさらに睡眠負債状態でも多くなっていきます。

疲れやストレスの蓄積はないという方はいませんので全員と言っていいほど疲れやストレスが溜まっています。

疲れやストレスがたまると体がどういう風になるかと言うと必ず骨盤の歪みは骨盤の開きが大きい代謝が悪くなってリンパの働きが低下していき老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

疲れやストレスと言いましたが疲れやストレスというのは同じ言葉の意味ですから蓄積した疲れが溜まった状態がストレスと言いますので 蓄積疲労=ストレスです。

日常的に仕事をしたり運動したり筋トレをしたり 掃除をしたり洗濯をしたり歩いたり 仕事をしたりすると ストレスが多くなります。

このストレスが原因で骨盤は歪みや開きが起こり背骨のズレになります。

骨盤矯正とストレス

骨盤矯正をしていくときに一番、邪魔なものがあります 邪魔なものというのは骨盤矯正をしていくときに問題になるものなんですが問題になるものはストレスの蓄積と睡眠負債状態です。

先ほども説明しましたがストレスがないという方はいませんしストレスが溜まっていないという方はいませんのでそれを分かっていなくてストレスが溜まっていないという方はいるかも分かりませんが現実に考えて生活している限りストレスは多く蓄積していきます。

ストレスというのは限界なく蓄積していきますのでストレスがたまるところがあります。

ストレスというのは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。

このストレスが溜まるところというのは内臓です。 内臓と言っても何でもかんでも即病気というのを結びつけることなく内臓にストレスが溜まる、つまり内臓が疲れていく内臓に疲れやストレスがたまるということです。

内臓にストレスが溜まると内臓の働きが低下していき 骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレになります。

骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると骨盤周辺にはむくみや脂肪が徐々に多くなっていきます。

ストレスというのは内臓に蓄積していくと説明したように骨盤に関係する内臓というのは言葉の中に入っている内臓なんですが小腸や大腸の働きが悪くなり便秘が起きたり便通が悪くなったり切れ気味になったりまた生理痛は生理不順が起きたり膀胱炎を繰り返したりすることもありますし股関節の痛みとして起きたら足が冷えたり足がむくんだりということでも起こります。

膀胱炎を繰り返す方の場合、病院に行くと細菌やウイルスが侵入して膀胱炎になったという風に説明を受けると思いますが 骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると膀胱は弱っていきますので膀胱が弱るとウイルスや細菌の侵入を許してしまうことになります。

また骨盤の歪みは骨盤の開きが起きると骨盤の中に入っているか腹部の子宮や卵巣の問題が起こりますので骨盤の歪みや骨盤の開きだけが起きても生理痛は生理不順になるということは当然だと思います。

骨盤矯正と睡眠負債

骨盤矯正をしていくときには 最近は多くの方が院長から聞かれると眠れているという風に言いますが院長は検査をすることができますので眠れている頭なのか眠れていない頭なのかということを判断することができます。

頭を触ることでも出来ますけど検査をしっかりすることを二重にしていますので間違いはありません。

最近は多くの方が現代病のような状態で眠りが浅く寝ているようで眠れていませんので寝ていると思っている方も目が覚めないから寝ていると思っているだけです。

誰が見てもスースー寝息を立てて気持ちよさそうな眠りをしているような状態でもね無理というのは脳から休養とって寝ていない限りは眠っていません。

眠りというのは 脳が休養とって眠ることです。

体がいくら横になって寝ているような状態を表面上で見えても 脳が休養とって寝ていない限りは眠れていませんので寝ているとは言いません。

夢というのは目が覚める少し前に見ているから記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしている睡眠というのがあります。

寝ながら考え事をしてる睡眠というのは最悪な睡眠なんですが多くの方は目が覚める前に記憶に残っていない状態だったり夢を見たりすると記憶に残ることはありません。

単純に目が覚めないから寝ていると思わないでください。

寝ているのか寝ていないのかということは 寝ている実感がない限りは寝ていません。

寝ている時間というのは目が覚めてすぐに動かないで目が覚めたまま布団の中にいる時にしか実感はできません。

目が覚めてすぐ動き始めたら 感覚的に眠れていたのか眠れていないのかということは分からなくなります。

眠りが浅いと

眠りが浅いということは脳が弱っていきますので日増しに脳が弱っていくと骨盤をいくら小さくしても骨盤を維持することができませんし持続力はありません。

脳が元気だから維持する力があるし持続させることができますので脳が弱ってしまっているとイライラしやすく頭痛になったり脳が元気じゃなくなると鬱っぽくなったりパニクったりということや頭がぼーっとすることなどが起こります。

脳が元気だからインフルエンザウイルスや風邪の細菌が体内に侵入して増殖すると脳が元気だから熱を上げてくしゃみや咳や鼻水を出して ウイルスや細菌を減らそうとする努力をします。

ということは脳が元気じゃない方は風邪を引くこともできないし インフルエンザウイルスが体内に増殖していても何も感じない何も起こらない熱も上がらないということが起きているわけです。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないでください。

眠りと言うのはそんな簡単なものではありません。

眠れていない方は言葉さえも考えることもなく素通りしてしまい頭に残ることは少なくなっていきます。

骨盤矯正をする時に

当院では骨盤矯正をする時に自分の両方の手のひらを右手は右側に左手は左側の骨盤を触って幅を覚えてもらうことをしていますが脳が弱ったり脳の中の感覚神経がうまく働かない方は幅や形を覚えることができません。

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくわけですから骨盤矯正に入る前に骨盤の幅を触って覚えておかないと小さくなったのが分かりませんので当院では分かるようにしていますが脳が弱った方は、 分かりにくくなります。

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので骨盤矯正をして骨盤を小さくしてもわからないという方が時々いますし同じように骨盤を小さくしてもすぐに分かるという方もいます。

できるだけ分からないということがないように努力をして触ってもらうようにしていますが患者さんの方が簡単に触ってしまっていますので注意して触ってもらうようにしていますが簡単なことではありません。

骨盤矯正をしていくときに骨盤の触り方は 左右差を感じようとして触って欲しいんです。

骨盤矯正をしていくときに左右さを感じようとして触ると手だけではなく脳の感覚神経が集中して働こうとしますので働けば働くほど骨盤矯正をした時の骨盤が小さくなったということがしっかりと分かってきます。

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区からも骨盤矯正なら徳力整体院。