便秘を解消

便秘を解消するなら

便秘を解消するということは便秘がどうして起きるのかということを知っていなければ便秘を解消することはできませんので便秘というのは大腸が深く関係しているということは分かりやすいと思います。
便秘が起きる時には大腸が前と運動という便を前に、また、先に送り出す運動して便が出てくるわけですから、その運動ができない原因が何かあって便通が停滞気味になり便秘になっています。
ただ便が出ないから便通が悪いから頭だけ思うだけではなくどうして大腸の働きが落ちているのかということや大腸の働きを元気にすることができるのかということを考えなければいけません。
便秘の方の多くの方が薬を使ったりサプリメントを試したり雑誌やテレビなどで特集されていることをやってみたり色々な方法をしていると思いますがどれも効果はイマイチだと思っています。

便秘を解消するなら

便秘と体調の働き
便秘を解消しようと思うなら運動したり、腸の後ろにある筋肉を大きく動かすようにストレッチをしたり、サプリメントを使ったり、下剤を使ったり色々な方法があると思うんですが、どうして腸に目を向けないのかということも考える必要がありますので便秘がどうして起きるのかということも知っておいてください。
便秘というのは根本的には大腸が便を送り出すことができないために停滞気味になっていることが便秘です。
ということを考えれば大腸を元気にすることができれば大腸が活発化されてしまい便が出やすくなるということを考える必要があります。
大腸を元気にすることができるのかという問題なんですが、そのためには二つの方法が存在しています。

 

大腸の体調

体の調子とか体調が悪いとか言われる体調なんですが内臓にも体調というのがあるとすれば大腸の働きが低下している理由がわかると思います。
大腸にもお疲れやストレスが多く貯まるということが本当にありますので大腸に多くの疲れやストレスが溜まっていけばいくほど大腸の働きは低下して便を送り出すことができません。
大腸と便秘と疲れやストレス
目の前に送り出すことができないから便通が悪くなり便秘になっているわけです。
そして大腸を働かせる自律神経の中の交感神経という神経が正常で元気であれば、正しく働けと命令を出すことができるんですが自律神経の何らかのトラブルが起きていれば大腸を動かすことができません。
大腸というのは内臓を支配している自律神経の中の交感神経という神経で働きを促されていますので交感神経の働きが低下した状態であれば大腸の方に命令がうまく行き届かず代腸を元気に働くことはできません。
大腸を働かせることができない一番の原因は毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで生み出されていくものが弱い部分に溜まったのが原因です。

弱い部分と大腸

誰でもある弱い部分というのは疲れやストレスをためやすくなっていきますので疲れやストレスを溜めていくと働きが低下したり、働きが低下するだけではなく細胞レベルが悪くなっていきます。
疲れやストレスが多く溜まっていくと大腸の働きが低下します。
疲れやストレスが多くなればなるほど溜め込んで行きますので大腸自体が元に戻らなくなっていきます。 (老化)
大腸が老化すればするほど働きが低下した状態で大きい元に戻らなくなりますので高齢の方が全員大腸が老化しているかと言うとそうではありませんので弱い部分に疲れやストレスが溜ていくと大腸の細胞が老化していくことが起きるわけです。
大腸の老化が進んでいけばいくほど、大腸は、どんどん働かなくなりますので便を出すことができなくなってしまいます。

 

大腸の働きは体質レベルでも深く関係していますので根底にあるものから変えていかなければいけません。

 

大腸と体質改善

便秘を起こしやすい方というのは生まれつき背骨の腰椎の4番目の骨がずれていてずれることが原因ではありませんが同時に大腸の働きも弱いという状態で生まれてきます。
成長という名の老化が起きて体調はどんどん疲れやストレスを溜めていき大腸が徐々にはてな気を悪くしてしまって初めて便秘が出てきます。
一度便秘になってしまったかたは大腸の老化現象から起きてしまいますので簡単に戻ることはなくマッサージしてもサプリメントを使っても運動してもストレッチをしても効果はあまり少ないようです。
老化した大腸が関係しているわけですからマッサージしてもサプリメントを飲んでも繊維質がある食べ物を食べてもあまり効果は期待できません。

 

 

 

女性に多い便通が悪くなる便秘なんですが便秘と言うとお腹をさすったりマッサージをしたり運動したりストレッチをしたり繊維質があるものを食べたり便秘が解消すると言うサプリメントを飲んだりツボを押したりすることが多くあるんですがどれもこれも本当の意味で効果的ではありません。
便秘がどうして起きているのかということを考えることも必要になりますので便秘というのは腸の 働きが落ちているのが原因ですから年齢とともに腸は徐々に働きを低下させていくということで便通が悪くなっていきます。

 

便秘とは

便秘が起きる時には一番関係しているのが、 腸の働きが弱いということです。 腸の働きが弱いから便を前に前に送り出すことができなくなって便秘になってしまうということが起きてしまいますので、便秘になっていて腸の問題起こしてる方は骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなっていきます。
もし仮に大腸の働きが良ければ便通は正常に働いて便秘になることはありません。
腸の働きが弱く便を前に送り出すことができないので便秘になるということを考えなければいけませんのでどうして腸が弱いのかということを考える必要があります。

大腸の働き

大腸の働きというのは誰でも同じではありませんのでいい方もいれば悪い方もいるという状態なんですが、ここに関係するのは体質と体調が深く関係しています。
大腸の働きが弱いという体質の方が疲れやストレスを多く貯めてしまうと働きの低下を招いてしまい便秘が悪化してしまうことで何日も便が出ないということで大腸に溜まったままになります。
便が多く溜まれば溜まるほど、後ろから押されて便が出るということもあるかも分かりませんがなかなかうまくいかないのが便通です。
食べている割には腸の働きが悪ければ当然として今日は便を前に前に送り出す蠕動運動が出来ませんので蠕動運動というのは便を前に送り出す働きになります。
大腸というのは蠕動運動をしていますが自分でも気がつかないぐらいの動きしかしていませんので蠕動運動ができないぐらいの状態になっていれば便が出ないのは当然なんです。

大腸の働きが弱い体質

大腸というのはどれぐらい動いてるのかということは個人差で違いますので便秘の方は大腸の働きが悪く 便をうまく前に送ることができないために便秘になってしまうということで便が何日も出ないということが便秘ですから腸の働きの問題を解消していくことが基準になりますが、そのためにはまず体を整えていくことから始めなければいけません。
大腸の働きを体質改善で帰るためにもまずは体の歪みやズレを整えてことやいろいろな内臓の働きを良くしてことや骨盤の歪みや骨盤の開きそして大腸の働きに関係する背骨の4番目の骨のズレを解消していく必要があります。
便通を改善しようと思うなら繊維質がある食べ物やツボを押したり薬を飲んだりすることも可能なんですが何よりも原因から見つけ出すことをしなければいつまでたっても、お腹が張ってしまったり腹痛が起きたり吐き気になったりということが起きてしまいます。
体には多くの疲れやストレスが蓄積していくと内臓の全てが働きの低下を招いてしまい弱っていきます。
内臓が弱ることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたり背骨がズレたりすることが普通に起きています。
ということを考えればまずは疲れやストレスを減らしていくことからしなければいけないということです。
疲れやストレスが多く溜まってくると便秘に関係する骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなり背骨がずれていきます。
しかしこれを解消すればいいわけではなく限界がありますので大腸の働きをもっとさらにあげる必要がありますので腸自体をどうにかしなければいけません。

体質改善と便秘

腸自体をどうにかする矯正のことを体質改善と言います。
体質改善というのは初回からできる治療ではありませんのでまずは体を整えてパワーを上げていかなければいけません。
そして体質改善の治療も一回で終わりということはありませんので状態に応じて、または状況に応じて治療を進めていく必要もあります。