小顔矯正をする前の顔の触り方|北九州市八幡東区からも徳力整体院

小顔矯正をする時には自分で顔の変化がわかる事

北九州市八幡東区からも多くの方が訪れる小顔矯正の触り方は30年のカイロプラクティック徳力整体院。
小顔矯正をする時に顔の触り方を説明していきます。当院の特徴はウソでもなく、まやかしでもなく本当に顔が小さくなることで評判なので、顔が小さくなったのが、わからないと言う事がないようにしています。
その為、スタッフが計測したりする事はありませんので、自分で計測してもらいます。顔が小さくなったのが自分でわかるようにしていますがメジャーなどは使いません。
小顔矯正
自分の手を使って確認してもらうことをしていますから、自分でわかるのが特徴です。
しかし小顔矯正と言っても1回で終わる事はないと思って下さい。と言うのも初回は顔だけしか触りません。当院の小顔矯正は顔を触らなくても顔を小さくする事はできます。しかし変化がある為に、小顔矯正したあとダルクなる方がいます。顔しか触って小さく小顔になる事で変化していますので変化に体調や体力がない方ほどダルさが出てしまいます。
ダルさが出てしまうと、顔が小さくなっても評判は良くありません。その為、顔だけ触って顔を小さくすることに専念していきますが、小顔矯正をするときには一番の敵は疲れやストレスの蓄積です。
疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスと睡眠負債

疲れやストレスと睡眠負債のある方ほどダルクなるからです。体調や体力がある方ほどダルクなる事はありません。自分でも気が付いていないくらい落ちています。顔が小さく小顔になるのもパワーが必要になります。パワーがない方ほどダルクなりますので注意が必要です。
疲れやストレス
多くの方ができるだけ初回から顔を小さくしたいと言うでしょうが、多くの方がパワーを落としています。
当院ではパワーを上げる施術もしています。理想は徐々にパワーを上げながら回復させることです。そして、そのたびに顔が小さくなります。

小顔矯正に入る前に

小顔矯正に入る前には院内に鏡を置いています。その鏡で顔を見て輪郭をおぼえてもらいます。その時に注意しておぼえる事は左右差です。鏡で見ることは肌の色とかお化粧のノリとか見ていると思いますので、当院の鏡で見る顔は顔全体の大きさ、輪郭、浮腫み度合い、左右差です。
単純に顔の右側が大きいとか、左側の方が大きいとか、です。

自分で顔を触る事

顔を鏡で見ておぼえたら、今度は、手で触ります。
しかし、目で見るよりも手で触ると言うことは簡単ではありません。一番、難しく間違うのが手だけで触る事です。その為、意識してさわることができないと小さくなっても分かりません。つまり手を置いただけではわかりません。
小顔矯正と言っても5センチも10センチも小さくなることはありません。
小顔矯正で変わるのは1センチ、2センチ、3センチと言う感じです。しかも浮腫み、脂肪だけではありません。疲れやストレスがたまっていると顔の骨が肥大して大きく変形を起こすからです。
顔の骨と言うのは顔面骨ですが正式名称は頭がい骨です。頭がい骨の全面の顔の部分を小さくするのが小顔矯正だからです。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時に触り方は、
① アゴの部分に両手の手首を当てる
② 手のヒラと指を顔に密着させる
③ 左右差を感じようとする

 

左右差を感じようとすると、右側が大きいとか、左側の方が大きいとかで構いませんので。その時に手の集中力を向上させて手の感覚神経大脳の感覚神経を働かせることができます。これをしないと小さくなっても、しっかりとわかりません。
顔に手を当てて感じようとすることが大切です。
自分の顔を感じようとして触った方ほど、しっかりと顔が小さくなったのが、わかりますし浮腫みも減ったのが、わかります。

 

小顔矯正の触り方