小顔矯正とは

小顔矯正とは読んで字のごとく顔を小さくしていくことなんですが、顔を小さくするということはどういうことなのかということも分かっていない方が多くいますので、小顔矯正を説明していきたいと思います。

小顔矯正というのは、顔を小さくするということなんですが、顔を小さくするというのは顔を小さく見せるというのではなく、実際に顔を小さくすることができなければ小顔矯正ということができません。

エステや髪の形で顔を小さく見せるというのもあると思いますが、実際に小顔矯正というわけですから、顔を小さくすることができないと小顔矯正とは言えません。

では、顔を小さくしていくためにはどうしたら顔を小さくすることができるのかということになります。何をしたら顔を小さくすることができるのでしょうか。

顔を小さくしていくためには、どうしたら顔を小さくすることができるのかということなんですが、実際に顔に何があるのかということを説明すると皮膚と筋肉と靭帯と皮下脂肪と骨があります。

この5つの中で何をしたら顔が小さくなることができるのでしょうか。

顔にできてしまったむくみや脂肪を減らしていくことでも顔が小さくなって小さく見えるかも分かりませんが、それでは小顔矯正ということは言えません。

顔を実際に小さくしていくことが小顔矯正ですから、顔にできてしまったむくみや脂肪を減らしていくということは確かに顔が小さくなったような感じがすると思いますが、それだけでは小顔矯正とは言うことはできませんので、どうしたら顔を小さくすることができるのかということを説明していきたいと思います。

小顔矯正は

顔を小さくしていく小顔矯正というのは、顔の歪みを整えていくことでも、顔が小さくなるかも分かりませんが、当院でしている小顔矯正は歪みやズレも矯正することをしていますが、顔に歪みが起きると言うことは顔だけで起きているものではありませんので、体の状態も確認しなければ小顔矯正をすることができません。

単純に顔が歪んでいれば、顔の歪みだけを矯正すればいいというわけではないということなんです。

顔がどうして歪みを起こしているのかという原因がありますので、原因から確認しながら整えていくことをしないと顔だけしても、また、すぐに顔の歪みが起きていきます。

当院では院長が小顔矯正をしていますが、小顔矯正をする時にも検査をすることを重要視していますので、検査と言っても病気の検査ではありませんが、体調の検査や歪みやズレなどの検査をする事をしています。

今まで多くの方の小顔矯正を希望されて訪れた方の顔を小さくすることをしていますが、小顔矯正に入る前に院長から体調はどうですかとか長所は悪くないですかと聞くと、多くの方が同じ答えを返してきます。

同じ答えというのは、体調は悪くありません、とか調子は悪くありませんという感じなんですが、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃ大きくあったり、背骨の歪みが起きてガタガタ状態になっているし、椎間板ヘルニアなども起きているぐらい調子が悪いと思われるのに、その悪さを感じていないのか言わないだけなのかということなんです。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあるだけでも体調が悪いという証拠でもありますし、背骨のズレが起きてガタガタ状態になっているということだけでも普通は調子の悪さを感じた人どこかが痛いとかどこかが張っているとか言うことを感じなければいけません。

単純に調子の悪さがあっても言わないだけの方もいますから一概には言えませんが。

しかし、小顔矯正をしていく時には骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレが大きくあって、ガタガタ状態になっている背骨がいかに小顔矯正をしていく時の障害になるのかということが大きくあるんです。

障害になるものですから、大変な問題なんですが、本当は体から整えていくことをしなければいけませんが、小顔矯正を希望されて訪れている方ですから、顔を小さくすることに専念していくのが初回でしています。

初回では顔を触って顔を小さくすることに専念していきますので、体は二の次ということになります。そのため、あまりにも体調や調子が悪い方は小顔矯正をしてもダメージとして残ってしまう為に揉み返しではありませんが、だるく、なる方がいます。

特に体調や調子が悪い方ほどだるくなることが多くありますので、小顔矯正と言ってもあまりにも初回から顔を小さくしすぎるのは良くないと思うのですが、小顔矯正に訪れている方はそういう感じではとってくれません。

小顔矯正に訪れた方の多くは、初回から顔が小さくなるようにしてほしいというばかりですから、初回から顔が小さくなるように努力することをしています。

顔を小さくするとは

顔を小さくしていくためには、どうやって顔を小さくするのかということがありますから、痛くないのか怖くないのかという感じで言うと全然痛くないと思います。

顔を無理やり押さえつけたりすることはありませんので、安心して受けてもらうことができる小顔矯正をしています。

当院の院長がしている小顔矯正はマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができますので、マッサージ感覚で受けてもらうことができる小顔矯正だということで説明しています

しかし、マッサージ感覚で受けてもらえる小顔矯正と言ってもマッサージをして顔が小さくなることはないと思っていますので、マッサージをしているわけではありません。

マッサージ感覚で顔を小さくすることが出来る特殊な技術と検査をすることができますので、技術と検査の両方が兼ね備えられたものが顔を小さくすることができるということなんです。

当院ではマッサージをするような感じで、顔を小さくすることができますので、単純にマッサージをしているわけではありませんが、徐々に顔が小さくなっていきます。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には、検査することをしていますので、今まで多くの方の小顔矯正を希望されて訪れた方の状態を検査してみることをしてみましたが、全員と言っていいほど体調が悪く言い方は1人もいませんので、悪い方は疲れやストレスが溜まって体調を落としている場合が多く見受けられます。

疲れやストレスというのは、毎日毎日の生活することや仕事をすることや運動したりすることでも多くなりますし、精神的な緊張やストレスを加えられた時でも多くなったりしていきますので、色々なことで疲れやストレスは体に溜まるばかりなんです。

疲れやストレスというのは、どこに溜まるのかということが一番の小顔矯正をしていく時の問題になりますが、筋肉にもたまにながら多くはその奥に溜まっていきます。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら水分が65キロにも出てきます。65キロの水分に何かが起きたりすることはないと思いますので、水分に疲れやストレスが溜まるということは考えられませんので、あと残ったものが深く関係しているということなんです。

体重の半分以上が水分だということなんですが、あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35キロの中には皮膚の重さ、筋肉と靭帯の重さ、脂肪の重さと骨の重さと中枢神経系の大脳とか重さと内臓の重さしかありません。

この中で疲れやストレスが溜まりやすいと考えられるのは、主にですが、内臓と筋肉なんです。

内臓と筋肉と言っても、体の1番奥にあるのは筋肉ではなくて、内臓ですし、内臓がいつも食べたものを消化したり分解したりすることをして働いてくれていますので、体を動かすことだけが疲れやストレスを生んでしまうことだけではありません。

中枢神経系も内臓の1部ですから、内臓と筋肉に疲れやストレスが多く蓄積していくという感じなんですが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、なんでもかんでも病気というのを関係づけることなく内臓に疲れやストレスがたまるということです。

内臓に疲れやストレスが溜まると、体の1番内側から崩れを起こしていきますので、骨盤が歪んだり骨盤が開いたり背骨がずれたりということが起きるわけですけど、特に背骨のズレというのは内臓の疲れやストレスに蓄積した状態に深く関係を持っています。

例えば、肝臓に疲れやストレスが溜まって、肝臓の働きが悪くなると背骨の8番目の骨がズレを起こしますので、背骨の8番目の骨は肩甲骨の部分の少し下の辺りになります。

胃が疲れると胃のもたれや胃炎が起きたりすることがあったり、胃が痛みがあったりということが起きますが、味胃に関係する背骨は胸椎の5番目です。

体調の悪さと小顔矯正

体調の悪さと小顔矯正をする時には一番密接に関係を持っていますので、体調の悪さをあげたり、疲れやストレスが溜まった内臓から疲れやストレスを減らすことをしていかなければ持続する力がありませんし、維持することなんかできるわけはありません。

疲れやストレスが溜まると、内臓が弱っていきますので、弱ることが原因で背骨のズレを起こしていきます。

その状態が顔の歪みとして現われたり、むくみや脂肪として現れたりします。

そして最近多くの方が気がついていない状態で脳を弱らせていますので、脳が弱らせている原因として一番に挙げられるのは睡眠負債状態なんです。

睡眠負債というのは寝ていると思っても眠りが浅いことを言いますので、睡眠負債というのは寝ているような状態でも目が覚めなければ寝ていると勘違いしている方が多くいるからです。

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることだけを言いますので、誰が見てもスースーに影響を立てているような眠りをしていても格好だけ見ると寝ているような感じで思えますが、実は脳が寝ていなければ眠れていません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が大脳を弱らせてしまっていますので、大脳が弱ってくると痛みや凝りを感じなくなって麻痺した状態になります

痛みやコリに麻痺した状態になってくると、顔の歪みや脂肪やむくみが多くなったりしますので注意しなければいけませんが、顔だけではないんです

睡眠負債があると心臓が弱っていきます。

心臓が弱ると顔色が悪くなります。肩こりになりやすくなります。

 

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から