整体とは

整体とは痛みや凝りの原因になっているものは、歪みやズレにあるということですから、歪みやズレから改善していくようにしますが、歪みやズレを改善すればいい訳ではありません。

歪みやズレというのは、どうして起きるのか、どこから起きたのかということを見つけ出さなければいけませんので、単純に歪みやズレを矯正すればいいというわけでもないし、歪みやズレを矯正したら終わったというわけでもありません。

歪みやズレがどこから起きるのか。

歪みやズレがどうして起きるのか。

起きる原因を見つけ出して解消することをしないと戻りやすく、歪みやすく痛みやコリがないときでも原因はいつまでも同じままではいませんので、進行していきこじらせた状態などになったり、変化して違う形として現れてくることが多くあります。

歪みやズレというのは原因があるから起きている訳ですから、原因を見つけ出すことをしていますので、そのためには検査することができないと原因がわかりません。

検査というと病院の検査をイメージされる方もいますが、当院では病院の検査をしているわけではありませんし、病気の検査をしているわけではありませんが、原因を見つけ出すことの検査をしています。

病院では血液検査や尿検査やレントゲン検査やMRI検査やエコー検査などの検査がありますが、これらは全て病気の検査であって、病気として完成した時に陽性反応を示す数値に異常が示すものです。

しかし、いろいろな症状というのは病気で痛みや張りや重たいなどの症状を起こすこともありますが、病気ではない状態で起こすことの方が多いくらいなんです。

ですから、病院に行って検査しても異常がない健康だとしても裏側に潜んでいる何かのものがある可能性があるんです。

当院の検査は病気の検査をしているわけではありません。

痛みや凝りの原因になるものは、体に蓄積していくある物が原因なんですが、あるものというのは特別なものではなく、日常的に生活したり運動したり仕事をしたりすることで多くなっていくものです。

普通一般的に多くなるものというのはジョギングをしても多くなりますし、運動をしても多くなりますし、歩いても多くなったりするものであり、買い物する時でも多くなったり、旅行に行ったりすることでも多くなったり、カラオケで歌を歌うことでも多くなったり、色々なことで多くなったりするものが原因なんです。

歪みやズレと疲れやストレス

歪みやズレを起こす時には、疲れやストレスが体に蓄積していることが多く見受けられる時に歪みやズレになります。

歪みやズレというのは、日常的に多くなったり、掃除をする時でも多くなったり、洗濯物を干すことでも多くなったり、食事を作ることでも多くなったりするのが日常的な疲れやストレスです

仕事をする時でもデスクワークをする時でもキーボードで何かを打つ時でも多くなったりするものが、疲れやストレスです。

旅行に行っても歩いたり車に乗って移動したりすることでも疲れやストレスは多くなりますので、疲れやストレスは溜まるばかりなんですが、旅行に行っていい感じがするのは温泉に入ることもありますが、気分転換ができるからです。

日常と離れて気分転換ができるから、旅行に行くということがストレス発散になりますし、カラオケに行くことも普段と違うことをしていますので、ストレス発散になっていきますが、精神的なストレス発散にはなりますが、肉体的なストレス発散にはなりませんので、肉体的には疲れやストレスは逆に溜まっているだけです。

何をしても疲れやストレスは多くなるばかりだし、美味しい焼肉を食べてもアルコールを飲んでも内臓が働いてくれていますので、エネルギーを作って生活したり動いたり運動したりすることができますから、内臓が動くことでも内蔵自体に疲れやストレスが溜まります。

内臓自体が働くことが原因で疲れやストレスを自分自身に溜めてしまいますので、内臓に疲れやストレスがたまることが原因で色々な症状になることもあります。

疲れやストレスというのは大変多く存在していますので、疲れやストレスを溜めてしまうことが多くありますが、疲れやストレスを溜まったところから解消することを考えていません。

疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっている訳ですから、どこに溜まっているのかということを知らなければ減らすことができません。

疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながらある部分に筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスが溜まっています。

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら百kg中体をぎゅっと搾ったら65キロの物の水分が生まれて出てきます。

あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

35キロの中には皮膚の重さと筋肉と靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さとリンパと神経と血管の重さと、あとは中枢神経系と内臓しかありませんので、中枢神経系も内臓-1部ですから疲れやストレスというのは主にですが、筋肉と内臓に貯まるということが消去法で分かります。

疲れやストレスが内臓に溜まることが多く見受けられますので、筋肉よりも何10倍も疲れやストレスが溜めてしまうのが内臓なんです。

内臓に蓄積した疲れやストレスが多いと痛みやコリになりやすく、体-1番内側にあるのが内臓ですから、内臓から歪みやズレの原因になってしまい、痛みやコリに進行していきます。

しかし、内臓と言っても病気と言ってる訳ではありませんので、内臓に蓄積した疲れやストレスと説明していますので、病気と勘違いしないでください。

多くの表情は毎日毎日の疲れやストレスの蓄積で起きていますので、疲れやストレスが溜まっていない方はいませんが、分かっていない方は多くいます。

睡眠負債と歪みやズレ

疲れやストレスとは別に、最近多くなっているもので、気がついていない方が多くいますので、気が付いていないぐらい多く溜まっているものがあります。

気がついていないくらい多く、溜まっているものは睡眠負債状態ですが、睡眠負債というと夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているのがトラブルの原因になっています。

多くの方が夜寝ようとするとすぐ眠れるし、朝まで目が覚めないから寝ていると思っていますが、不眠症でしたら寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり、夜中に何回も目が覚めたりという方が不眠症でしたが、睡眠負債状態は違うんです。

睡眠負債というのは、目が覚めないのが特徴なんですが、睡眠負債というのは眠りが浅いことを言います。

眠りが浅いと言っても、夢ばかり見ているというわけではなく、例えばですけど6時間の睡眠時間がある方が夜の12時に寝て朝の6時に目が覚めるという感じになっているとしたら6時間中の睡眠で寝ようとする時間が5分、目が覚める時間が5分、夢を見ている時間が1分だとしたら5時間49分の時間は寝ながら考え事をしているんです。

夢というのは、目が覚める瞬間に見ているから、記憶に残り覚えていますが、夢を見ている時間というのは数分の時間で夢を見ていますので、あと残った時間を寝ながら考え事をしてる時間が圧倒的に長くなっています

寝ながら考え事を教える時間というのは最悪な睡眠ですから、最悪な睡眠をすればするほど気がつかないでも脳細胞の急激な減少が進行していきます。

睡眠負債のある方は、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって、背骨がガタガタしていますが、痛みや凝りを感じていない方が多くいます。

歪みやズレは

歪みやズレが起きる時には疲れやストレスの蓄積の状態と睡眠負債状態から起きていますので、両方が関係した状態で骨盤が開いていたり、骨盤が歪んだり背骨がズレたりしています。

整体と言っても単純に体を整えたりすればいいというわけではなく、歪みやズレだけを矯正してしまえばいいと言うわけではなく、歪みがズレがどうしてどこから起きているのかということを見つけ出さなければいけません。

歪みやズレが起きるから腰痛や肩こりが起きる訳です。

単純に疲れやすですが、溜まっていくとマッサージをすれば改善できるか減るかというと疲れやストレスはマッサージでは減ることはできませんし、マッサージというのは筋肉に対して施術しているだけです。

サプリメントを飲んだりしても、栄養やミネラルですから、疲れやストレスが減ることはありませんし、美味しい焼肉や鰻を食べても疲れやストレスは減ることはないし、食欲が増して多く食べたというだけです。

しかも焼肉や鰻を食べたりすることでも内臓が働いて消化や分解を行いますので、内臓の仕事量が増えてしまうということがあります。

生活したり、運動したり、仕事をしたりすることでも、食事をしたりすることでも疲れやストレスは多くなるのに、その全てが内臓に蓄積していくことがあるのに減らすことを考えないで生活しています。

人は生きている限り生活している限り、疲れやストレスは縁を離すことはできませんので、疲れやストレスは蓄積していくことが多くあり、蓄積していくほど老化が急速に進行していき、内臓に蓄積した疲れやストレスが細胞の変化を起こし、病気へと近づく可能性が増えていきます。

体質改善と整体

疲れやストレスというのは、人には生まれつき弱いところとそうでもないところがありますので、そうでもないところはあまり痛みやコリになりにくく、病気になる可能性も少ないんですが、弱いところほど疲れ、ストレスが溜まりやすく疲れやストレスが溜まると先将来のものに関係することが多くなっていきます。

弱いところというのは、生まれつき弱い部分ですから、人は生まれながらにして弱い部分を必ず持っていますので、弱い部分が老化していき、さらに弱くなることで色々な症状を起こしています。

弱い部分が筋肉や関節やったら膝が痛くなったり、肩が痛くなったりということで症状を感じます。

弱い部分というのは、関節の痛みが常に起こりやすくなることがありますので、関節だけではなく内臓に関係した背骨の部分のずれが起こりやすくなります。

八幡東区八幡西区戸畑区若松区門司区から