肩こりを楽にするなら原因も見つけ出すことも

肩こり

肩こりには原因があるから肩こりになっています。肩こりを、強い、軽いにかかわらず簡単に考えないで下さい。肩こりというと簡単に筋肉のコリだと思っている方が多くいますが肩こりと言うのは、もっと重要な意味を含んでいることが多くあります。
[ココをクリック]093-962-9133 予約する時には携帯の番号が必要ですから携帯の番号を用意して お電話でホームページを見たと言って予約すると30周年記念で初回5000円が期間限定ですが3000円になります。 2回目も3000円です 。予約時間の遅刻は厳禁です。
肩こりと疲れやストレスが筋肉に
肩こりと言うのは筋肉のコリさえほぐしたりするとコリがわからなくなります。しかしコリをほぐしても、裏に潜んでいる本当の原因があります。本当の原因を説明すると大抵の方は驚きます。信じられない方もいますが事実です。そんんに頻繁に肩こりを繰り返したりすることがおかしいと思いませんか。
肩こりと疲れやストレスが筋肉に
普通は体が正常に正しく働いていると筋肉のコリはホルモンが解消するはずなんです。ホルモンが解消できるものであればの話ですが。

 

ただ肩が凝っているとか思うのではなく、どうして肩こりになるのか、どこから肩こりが起きているのか、考えるようにして下さい。

肩こりと言うと3つの肩こりがあります。

①単純な筋肉のコリから起きている肩こり。
②背骨のズレから起きている肩こり。
③内臓から起きている肩こり

①筋肉のコリから肩こり

肩こりと疲れやストレス
毎日の生活することでも多くなるのが疲れやストレスです。人が生きていく限りは疲れやストレスとは無縁ではいられません。常に隣り合わせになるのが疲れやストレスです。
生活する事でも、掃除する時でも、食事を作ることでも、車の運転をする時でも、仕事をする時でも、運動する時でもジョキングする時でも歩いたりすることでも疲れやストレスが多くなるばかりです。
この多くなる疲れやストレスが筋肉にたまっていきます。筋肉にたまりながら筋肉が緊張したり疲労をためたりして肩こりになります。
肩こりと疲れやストレスが筋肉に
筋肉の緊張が起きるとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していき循環が悪くなります。しかし筋肉の緊張でしたら肩や首を動かすことでコリは減ります。これでは解消しないくらい疲れやストレスがたまってしまっている時に肩こりになります。
●肩こりになると湿布を貼ったりしても楽になる程度の肩こりでしたら楽になると思います。普通は冷やす方が良いと思いますがなんでもかんでも冷やせば良いと言う物ではありません。

 

●ドラックストアに売っているサプリメント、医薬部外品でも肩こりを楽にすることはできます。栄養やビタミン、ミネラル、何かのエキスと言う成分が入っているので効果があることもあります。

 

●家族の方にマッサージしてもらっても専門家の方にマッサージしてもらっても筋肉をほぐして楽になる肩こりであれば楽になります。

 

●低周波治療器や電器をしても肩こりは楽になることはあります。しかし低周波治療器はコリを散らしているだけです。湿布を貼ったりすることと一番、簡単な方法が低周波治療器です。低電流の電気をプラス端子からマイナス端子へ流すだけです。電気で筋肉を動かして運動させます。筋肉疲労が起きている上に電気で筋肉を運動させてさらに疲労させます。しかしリンパの流れは良くなって老廃物が多く流れていきます。循環は良くなりますが一時的です。

 

疲労がある上に疲労を積み重ねると、しばらくは肩こりを感じることができません。そうすると、しばらくは肩こりが良くなったと思います。弱い筋肉にも多くの疲れやストレスがたまっていきますから疲れやストレスが筋肉にたまると老化していき固くなっていきます。筋肉も老化していきます。
肩こり

②背骨のズレから肩こり

 

当院の院長の経験から肩こりは筋肉のコリだけで起きている方は今まで30年間で一人もいませんでした。筋肉と言うのは骨から骨へくっいていますから骨が動くことで筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んだりします。しかし何も検査していない治療院の先生が検査もしないでマッサージをしたり、低周波治療器や電器をすると一時的にコリを感じなくなります。

 

普通は低周波治療器をして感じなくさせることを治したと言いますがコリが散っているだけです。

 

しかし骨がズレていると言う事は大変なことが起きています。背骨のズレは原因があるからズレていきますから何も原因がないのに背骨のズレが起きることはありません。背骨は中枢神経を守っています。簡単にズレたりすると大変なことになります。ですから姿勢でズレたりすることもありませんし、猫背でズレたりすることは起こりません。

 

背骨のズレがどうして起きたのか、理由があります。その理由を見つけ出すことなく肩こりを一時的に解消しても肩こりを感じない時も原因は進行していきます。原因もいつまでも同じままではいられません。

 

いつまで肩こりを楽にすることばかりしますか。原因を見つけ出すことから解消を目指しませんか。その為にも、まずは肩こりを楽にすることから始めていきます。

③内臓から肩こり

背骨のズレは内臓に関係があります。テレビの特集でも内臓のことを言います。しかし当院では病気ではないものを対象としてます。多くの背骨のズレは毎日、毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャー、抑圧、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスがたまります。これがすべて内臓にたまっていきます。

 

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

 

消去法で言えば、例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。水分に疲れやストレスがたまるという事はありません。あとの35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

 

35キロの中には骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

 

多くの肩こりは内臓疲労から起きてます。肩こりに関係する内臓は心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓です。しかし病気ではありませんよ。

肩こりと疲れやストレスの蓄積

毎日の生活で、どれだけの疲れやストレスが生じているのかによります。たまった疲れやストレスを減らしていますか。

 

疲れやストレスがたまったら多くの方が放置しています。そのうち減るだろうと。

 

簡単に考えています。疲れやストレスが多くたまると進行していきます。つまり心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓の細胞が変化していき何かの問題になる訳です。

 

健康な細胞から一気に病院の細胞になることはりません。病気になる為に1年や3年でなることはなく10年から15年くらいかかりながら進行していきます。病気になっていなくても時々、急にセキが出たり、息苦しさや動悸が起きたりしていませんか。

 

また一瞬ですが胸の心臓のあたりでチクッとする痛みが本当に一瞬あるとか、起きていませんか。しかし病気ではありません。

 

肩こりになる時には筋肉と内臓が深く関係しています。

 

肩こりが どうして起きているのか、なぜ肩こりになるのか、肩こりを繰り返すのか、肩こりが直らないのか、それは原因があるからです。簡単に何も考えることもなく肩こりだと思わないで下さい。肩こりには重大な原因が潜んでいます。しかし、重大な原因を見つけ出すことは簡単なことではない為に、多くの肩こり解消法が対症療法ばかりになっています。対症療法と言うのは原因は関係なく楽にすれば良いと言う解消法です。しかし肩こりを起こしている原因は肩こりを感じていない時でも水面下で進行していきます。

一般的に肩こりと言うと

マッサージをしたり、湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだり、注射を打ったり、低周波治療器をしたり、電気をかけたりして楽にする事ばかりしていますが、その行為が楽になることもあるから、良くないんです。肩こりが起きた時には、特徴としてあまり考えもせず何かの治療やサプリメントを服用しています。

 

多くの場合、筋肉だと思って治療していますが、当院で検査してみた限り筋肉だけがコリを起こしていることは、あまりありません。あまりと書いたのは、全然ないと言うことはないと思っているからです。しかし筋肉のコリが起きても体が正常に働いていれば筋肉のコリを解消するホルモンがあるからです。しかし体調が悪かったりすると内の働きも低下しています。

 

コリのある筋肉をほぐすホルモンが正常に働かないと筋肉のコリを起こすからです。

 

肩こりがあっても軽いうちはマッサージしても楽になることもあります。肩こりを起こしていても軽いうちは低周波治療器や電器をしても楽に難じることもあります。

 

しかし肩こりは筋肉のコリだけではありません。しかし筋肉のコリをターゲットにして肩こりをわからなくしていることが多くあります。肩こりと言っても原因がありますから原因から見つけていくことをしないと原因もいつまでも同じままではありません。

 

原因も進行すると言う事です。肩こりの原因が進行してしまうと形が違ったものとして起きていきます。当院では肩こりを改善する時に、2通りの治療があります。

 

一つ目の治療は、肩こりを楽にするために体調を上げていくこと体調を上げると言うのは、筋肉のコリを減らしていくことと、骨盤の歪み・背骨のズレを改善していくことです。肩こりには必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

筋肉のコリが起きた原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると筋肉は緊張したりコリを起こします。しかしどうして骨盤の歪み・背骨のズレが起きたのか、ここでも更なる原因があります。肩こりと言うと筋肉のこりという要素が強いですが筋肉のコリを改善ばかりしていると原因はどんどん進行していきますから注意しないといけないと思います。

 

 

八幡東区 40代の女性

 

いつも肩が重たくてダルクて、そして肩こりがあります。いつもはマッサージをしたり整体も受けたことがあります。しかし先生から戻りやすい肩こりだと言われています。どうしても肩こりだけでも楽にしたいです。

 

院長:

 

この方の肩こりは繰り返しやすいと言われたので検査してみると、普通の筋肉のコリから起きる肩こりではなく筋肉のコリもありますが、違う原因から肩こりになっていました。

 

肩こりと言っても筋肉ばかりではありませんから、検査で筋肉のコリがあるのか判断していきますが、そして背骨の歪みや首の骨の歪みもありましたが、肺の問題から起きている肩こりでした。肺と言っても病気ではありません。

 

最近、時々いますが、肺が弱りすぎていることがあって眠りが浅いと肺が炎症を起こしたり上の肋骨から飛び出てきます。肺が肋骨から飛び出てくると肋骨の一番上の部分から肺の先端が出てきます。

 

【内臓の名称が出てきますが内臓の病気と言っている訳ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。】

 

これが肩こりの原因でした。ですから、この方も時々、急にセキが出る症状を感じていました。肺が弱っていると息苦しさや胸苦しい、セキなどが起こります。

 

しかも肺が弱ると血中酸素が減少しますからめまい、吐き気、ふらつきなどの問題も起きる場合があります。

 

あとは血中酸素が減るので眠りが浅くなります。脳が大量な酸素を消費しますから脳疲労が起きやすくなります。それで脳疲労になります。脳疲労が起きると眠りが浅くなって頭痛も起きたり、イライラしたりします。

 

この方の肩こりを楽にしていく為に、筋肉をほぐして歪みも改善して肺を良くしていくことをしていきました。そうすると肩こりが楽になっていきました。

 

肩こりと言っても色々な肩こりがあります。しっかり検査できる説明できる治療院を選ぶようにして下さい。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

 

※肩こりを改善していく変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

八幡西区 60代の女性

 

肩こりと首のコリを楽にする為に来ました。いつもは整骨院でマッサージと電気をしています。でも肩こりが楽になりません。

 

院長:

 

この方の肩こりを検査してみるとおおもとの肩こりの原因が判明しましたが、肩こりと言っても筋肉ばかり刺激する電機では無理な肩こりでした。

 

電気と言うのは主には低周波治療器ですが、低周波治療器と言うのは直すものではなく肩こりこコリを散らすだけです。肩こりも原因があるのにコリを散らしてわからなくすることができるのが低周波治療器です。マッサージも筋肉に対してコリを解消する為にしていますので、それ以上の肩こりには効果がありません。

 

肩こりと言うのは筋肉のコリもありますが、筋肉以外で起きる肩こりがほとんどです。もちろん筋肉のコリも起こしていますが、どうして筋肉のコリが起きているのかと言う裏側があります。

 

その裏側とは歪みです。背骨や首の骨がズレたりすると筋肉も緊張したり引っ張られたりします。これから起きる肩こりが多くあります。

 

ですから肩こりを改善するなら筋肉のコリをほぐしたら背骨のズレを改善しないといけませんが、背骨のズレも何も原因がなくて起きるものではありません。

 

背骨のズレを起こしたのは原因があるから背骨のズレになっています。この背骨のズレを起こした原因は、疲れやストレスの蓄積です。

 

この疲れやストレスはある部分にたまっていきます。このたまる部分が一番の問題です。

 

疲れやストレスがたまる部分は内臓です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

 

内臓疲労が背骨のズレ、首の骨のズレを起こしていきます。ですから根本的に内臓疲労から減らしていくことをしないと肩こりはコリを感じていない時も進行していきます。

 

当院では肩こりを改善することをしていますので検査することで確認しながら肩こりを解消していきます。

 

 

 

当院では体質改善と言う肩こりを根本から変える治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

 

※肩こりが楽になる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

八幡東区 60代の女性

 

昔から肩こりがあって悩んでいます。今までは肩こりを良くするために色々なことをしてきました。肩こりに効くと言うサプリメントを飲んだりマッサージしたり、整骨院に行ったり整体も行きました。でも肩こりが繰り返し起こります。どうにかしたくて来ました。

 

院長:

 

この方の肩こりは内臓疲労から起きている肩こりでしたから内臓疲労が起きると背骨のズレ、首の骨のズレが起こります。骨がズレを起こすと筋肉も骨から骨付着していますから筋も引っ張られたりして肩こりになります。

 

しsて体調が悪くなっていくとさらに椎間板ヘルニアも起きていました。

 

まずは肩こりを良くする為にも筋肉のコリをほぐしたら背骨のズレを解消することをして椎間板ヘルニアも改善していきました。そうすると肩こりが徐々に楽になっていきました。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

 

※肩こりを楽にする変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

八幡東区 20代の女性

 

高校生の時から肩こりがあります。高校の時は親から進められてマッサージに行っていました。

 

院長:

 

この方の肩こりの原因は検査して判明しましたが心臓の疲労から起きる肩こりでした。

 

心臓の疲労ですから病気ではありませんから、病院で検査しても分かりません。病院は病気の専門家ですから病気として完成したらわかります。しかしそれ以外はわかりません。

 

この方の心臓疲労は、心臓自体の問題で起きているのか、検査してみると結果として疲労していることがわかりましたので、原因は別にあると言う事です。その別の原因を見つけることをしないと肩こりが良くなりませんから、原因を見つけることをしていきました。

 

そうすると睡眠負債から起きている心臓の問題だとわかりました。最近は多くの方が眠りが浅く眠りが浅いと心臓に負担が起こりますから心臓が浮腫を起こしたり心臓肥大と言う方までいます。

 

これらを改善しないと肩こりは楽になりませんから、筋肉のコリをほぐしたら、背骨のズレを改善したら心臓の問題を起こした脳疲労を解消していくことをしていきます。

 

脳疲労を改善するのが一番厄介で難しい問題です。時間はかかりますが改善していきます。

 

脳疲労を改善しても心臓の問題が起きていることが強いと自力改善はしないこともありますから、状況に合われて解消していきます。

 

 

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

 

※肩こりを解消する変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

 

 

 

つらい肩こりを原因から改善することをいています。肩こりは筋肉のコリのことなので筋肉からほぐして柔らかくすることしていきます。まずを肩こりというと何といっても筋肉のコリなので筋肉がコリを起こすと、循環が悪くなったりリンパの流れが滞ったり老廃物のを待ったり筋肉が硬くなると色々なことが起こりますので筋肉のコリから解消して楽にしていきます。

肩こりが強く起きている方は、首の痛みや首のコリも強く起きている方もいます。そして肩こりが強く起きてしまうと吐き気や気分が悪くなったり体調を低下させてしまうこともあります。

何よりも肩こりは筋肉から

肩こりというと病院の外来などで湿布や電気をしても良いかもしれませんが原因が残っています。原因から変えていくことをしないと肩こりは解消しないと思います。普通は肩こりというと湿布を貼る、電機治療器をかける、マッサージをする、肩こり解消の薬を飲む、サプリメントで癒す、猫背矯正ベルトをするなどの治療がありますが、原因は???

 

ということになります。

すべては一時抑えですから、原因から改善しなければならないのに、原因もいつまでも、そのままではありません。肩こりを感じないときでも原因は進行していきます。肩こりというと筋肉のコリや筋肉が硬くなるという感じですが、多くの場合、筋肉も疲れたりストレスをためることがあります。

筋肉に疲れやストレスをためてしまうと、筋肉疲労が起きてリンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまります。このことからも肩こりになる場合も多くあります。肩こりほど、色々な原因があるものはありませんので、湿布を貼ることもかまいませんし、低周波などの電気をすることも良いかもしれませんが、肩こりには原因がありますから原因から改善していくことをしないと、悪化していきます。

肩こりは筋肉のコリの事ですが、多くの場合、筋肉だけで起きていることはありません。肩こりはイラストにあるように僧帽筋と言う筋肉のコリです。

僧帽筋から肩こりになる

例えば、

筋肉を使う事をして、筋肉が緊張したりしてコリを起こして、筋肉が骨を引っ張ることがありますが、これは稀な場合です。多くの場合、骨の歪みが起きて、骨が歪みを起こすと歪みが起きた分だけ筋肉は引っ張られますから、これが筋肉のコリになりますから。

しかも、骨が歪みを起こす原因があります。骨が歪みを起こすのは、体の中から歪みが起きています。つまり、体の中が原因です。単純に肩こりと言っても、筋肉だけで起きる肩こり、筋肉以外から起きる肩こり、内臓から起きる肩こりがあります。

 

肩のコリというのは

肩こりと言うのはいくつかの原因があって肩こりになっていますから、その原因を見つけていくことで肩こりを解消していくようにしています。

 

①筋肉で起きる肩こり

筋肉で起きる肩こりは、筋肉の疲労から起きる場合が多いようです。主には筋肉から起きる肩こりは筋肉の使い過ぎで起きています。筋肉を使いすぎると筋肉も疲労して疲れをためていきます。筋肉が疲労すると硬くなりますので、硬くなると循環も悪くなりますし、循環が悪くなるとリンパの流れが滞って老廃物が多く蓄積してしまいます。

これが老廃物を多く筋肉にためてしまい肩こりになります。筋肉に栄養もいかないで停滞してしまうので、コリは余計に強く起きてしまいます。

 

②筋肉以外で起きる肩こり

筋肉以外で起きる肩こりがあります。それは背骨の歪みから起きる肩こりです。もちろん背骨が歪みを起こせば筋肉も緊張したり引っ張られたりすることになります。背骨が歪みを起こせば、周辺は循環が悪くなってリンパの流れが滞って老廃物がたまります。

 

③内臓から起きる肩こり

内臓の病気ではない状態で起きる肩こりがあります。

なんでもカンでも病気と言うのを結びつけることなく内臓の病気ではない状態が肩こりを起こしていることが多くあります。

 

しかし、2番目の背骨の歪みをおこす原因が、内臓なんです。

内臓と言っても内臓に疲れやストレスが蓄積すると背骨が歪みを起こすという事です。

多くの場合、内臓に初めに疲れやストレスがが蓄積していきます。

内臓に疲れやストレスがが蓄積することで、その疲れやストレスが蓄積する内臓の背骨が歪みを起こしていきます。

例えば、心臓に疲れやストレスがが蓄積すると背骨の一番上の部分が歪みを起こしていきます。(背骨の1番上というのは首と肩の間です)

 

肩こりに関係しやすい内臓というのは、主には心臓、肺、横隔膜、胃、肝臓です。

症状はなくても、内臓に疲れやストレスがが蓄積することはあります。最近、多くな方は、セキが出やすくて困っています。セキこむというよりも急にセキが出やすいという事が起きる場合が多くあります。また、いつの間にか、横隔膜の動きが悪くなっているという事があります横隔膜の機能低下から起きる問題で肺の動きが悪くなって酸素不足になります。

 

酸素不足になると、全体の酸素が減って細胞の酸素不足になります。

酸素不足になると、脳への血流が停滞してしまい、循環が悪くなります。つまり、老廃物が多く蓄積してしまい、脳の血管に多くのゴミがたまります。そうすると余計に血流が悪くなります。つまり、悪循環が起こります。

脳が弱ると心臓に悪影響が出てしまいますので、首の骨などに歪みが起こります。そうすると横隔膜や肺の問題が起きて背骨や首の骨が歪みを起こしていきます。これが筋肉に影響してコリを起こしていきます。

これが肩こりになる方もいます。

このように肩こりは色々な原因があります。さらに免疫に関係するものが関係している場合があります。これは治療が進んでいかないとわかりません、肩こりほど色々なものが関係することはありません。

八幡東区、八幡西、戸畑、門司、若松などから30周年のカイロプラクティック徳力整体院。

page top