腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるのは骨盤の歪み・背骨のズレがある時に起きています。
骨盤の歪み・背骨のズレがあると骨盤が不安定になり体を支えることができません。保持することができないと何をしても痛くなります。また、何もしなくても痛くなります。
[ココをクリック]093-962-9133 予約する時には携帯の番号が必要ですから携帯の番号を用意して お電話でホームページを見たと言って予約すると30周年記念で初回5000円が期間限定ですが3000円になります。 2回目も3000円です 。予約時間の遅刻は厳禁です。

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどなどは湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメントを飲んだり低周波治療器や電器などをすると楽になっていく事もありますが、腰痛を起こした原因が残ったままになっています。
腰痛と言うと色々な治療がありますが、湿布を貼ったり、注射を打っても、サプリメント、医薬部外品を飲んでもマッサージしても針を打っても低周波治療器や電器をしても整体やカイロプラクティックでボキボキしても、おおもとの原因が残ったままになっています。原因は骨盤の歪み・背骨のズレだけではありません。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどの原因は

①腰痛がどうして起きるのか

腰の痛みがある時には筋肉、じん帯の炎症やハレを伴って骨盤の歪み・背骨のズレになっています。強い痛みがあっても湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になる事はありますが骨盤の歪み・背骨のズレが残ったままだと繰り返しやすく癖になります。そして肝心なのは腰の痛みがない時でも歪みやズレを起こした部分が悪くなっていきます。
最悪は椎間板ヘルニア、坐骨神経痛さらに進行すると脊柱管狭窄症になる事もあります。
歪みやズレと言うのは慢性化する事もありますから単純に歪みやズレだけでは済まなくなります。歪みやズレは骨盤では中央の仙骨(尾てい骨)を中心に歪みを起こします。左の骨盤が前へ傾いたり、右の骨盤が後ろへ傾いたりします。
あとは仙骨を中心にして外旋、内旋と言うのがあります。骨盤が歪んだりすると骨盤は土台ですから安定力を失って上の体を保持することができません。保持できない時に重たいものを持ったりすると痛くなります。

 

痛みは骨盤の歪み・背骨のズレから

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。しかし歪みやズレを矯正しなくても楽にする事はできます。それは注射を打ったり、湿布を貼ったり、マッサージをしたり低周波治療器や電器をすることですが、これらの治療のことを対症療法と言いますが対症療法と言うのは原因なんか関係なく表面上の痛みを楽にする治療の事です。
しかし表面上の痛みを楽にしても骨盤の歪み・背骨のズレは残ったままです。

腰痛が起きる時には筋肉、じん帯の炎症やハレを起こしながら、骨盤の歪み・背骨のズレがあります。そして骨盤の歪み・背骨のズレを起こした原因もあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると筋肉、じん帯も炎症やハレを起こしています。

腰痛が起きる時には必ず筋肉、じん帯の炎症やハレ、骨盤の歪み・背骨のズレも起こして骨盤の歪み・背骨のズレを起こした原因が存在しています。
①筋肉、じん帯の炎症やハレ
②骨盤の歪み・背骨のズレ
③骨盤の歪み・背骨のズレを起こした原因があります。

①筋肉、じん帯の炎症やハレは骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。ですから①と②の原因は同じです。骨盤の歪みや骨盤の開きがあると筋肉、じん帯は、かなりの緊張を持ちますから支えることができないと炎症やハレになり、さらに歪みが大きくなり骨盤が開いてくると保持することができませんから軋轢が大きくなります。この時に筋肉、じん帯が徐々に緩んでいき、これが炎症やハレになります。

 

③骨盤の歪み・背骨のズレを起こした原因はストレスの蓄積です。腰のある部分に疲れやストレスがたまると関係する筋肉に影響を与えていきます。腰痛のおおもとの原因になるものに疲れやストレスがたまると筋肉・じん帯のバランスが狂っていきますから骨盤の歪み・背骨のズレになっていきます。

 

②腰痛の原因は

腰痛の原因は骨盤の歪み・背骨のズレですが、どうして骨盤の歪みやズレが起きるのか、と言う問題があります。姿勢で歪みやズレが起きる事はありません。猫背でもありません。骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスにあります。疲れやストレスは弱い部分に多くたまりますから腰が弱い方は骨盤の歪み・背骨のズレになります。

 

③骨盤の歪み・背骨のズレの原因

理由がなく骨盤の歪み・背骨のズレが起きる事はありません。弱い部分に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になります。弱い部分と言うのは筋肉、じん帯の場合もありますが、例えば体重が100キロの方がいるとしたら体をギュウーと絞ると水が65キロも出てきます。体の体重半分以上は水分です。水分と言っても血液、リンパ液、体液などです。水に疲れやストレスがたまると言う事はないので、あと残った35キロの中疲れやストレスがたまる所があります。疲れやストレスは弱い部分にたまる傾向がありますから弱い部分を変えない限りは起こりやすくなるのと、それだけではありません。先将来の問題につながります。

 

④体質改善で弱い部分を変える

当院では体質改善と言う施術をしています。体質改善と言うのはアンチエイジングでもありますから簡単に変わるものではありませんが、変えない限りは変わりません。変わらないどころか落ちていきます。体質は良くなることはありません。サプリメントでもクリームでも体質は変わる事はありません。
体質改善は初回からはできませんので空けないで施術を受けて早い方で3回目くらいからです。普通では体質改善の施術は週に2回の施術が基本ですが週に1回でもできない事はありませんが週に2回の方ほど進めることができません。風邪を引いたり寝不足、不眠症、睡眠負債の方ほど空けるできなくなります。
体質改善と言うのは体の中から変えて若返らせる施術になります。若返った分だけ良く働きますから強くなることができます。腰痛だけではなく色々な面で。

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

 

腰痛、腰の痛みが起きやすい方、腰痛、腰の痛みを繰り返す方、腰痛、腰の痛みを慢性化して長期間、改善できない方など色々な腰痛、腰の痛みの方がいますが、それは原因を見つけ出すことからしていないからです。多くの腰痛、腰の痛みを楽にする施術法は対症療法ばかりで楽にしていますから、楽にすれば患者さんも良くなったと思いますよね。しかし腰痛、腰の痛みを楽にすうrことと、腰痛、腰の痛みを直すことは違います。

腰痛を楽にする方法

腰痛、腰の痛みを楽にしてばかりいると腰痛、腰の痛みを起こしている原因もいつまでも、同じままではいられません。体が歳をとる以上に弱い部分は歳をとっていきます。腰痛、腰の痛みを起こしている方、腰痛、腰の痛みが起こりやすい方は水面下で原因が進行していきます。この水面下で進行した物が腰痛、腰の痛みをこじらせて悪化させて脊柱管狭窄症などや腰とは違う形として表面的に出てきます。

 

腰痛や腰の痛みが起きる時にはある現象が起きて腰痛、腰の痛みになっています。湿布を貼っても楽になる腰痛もあります。マッサージをしても良くなる腰痛もあります。注射を打っても楽になる腰痛もあります。低周波治療器をしても楽になる腰痛もあります。

 

しかし腰痛を起こした原因を見つけることなく、考えることもなく、変える事もなくしているようじゃ、大変なことが起きています。腰痛をあまく考えたりしないで下さい。腰痛は腰だけで起きているものではありません。

腰痛の痛みは警報

起きているのは腰の痛みですが、腰痛は体が起こしている警報です。この警報を簡単に考えると大変なことになります。その警報として起こした腰の痛みとして感じたものを軽く考えると先将来に大変なことが引かえているかもしれません。痛みやコリは体が唯一起こすことができる警報であり、ボディランゲージです。

 

この警報機の警報だけ止めることなく考えて下さい。警報のスイッチを切ることなく、どうして腰痛を起こしたのか、原因が潜んでいます。

 

警報のスイッチを切る行為はマッサージや湿布を貼ったり、注射を打つ、低周波治療器や電器です。楽になることもあるから、厄介なんです。この理由は腰痛を起こした原因を進行させることになるからです。腰痛には原因があります。この原因は切っ掛けではありません。

 

つまり

腰痛には原因と切っ掛けの両方が存在すると言う事です。

①腰痛の原因

 

②腰痛を起した切っ掛け
腰痛、腰の痛みが起きる時には、2つの条件が揃ったときに起こります

 

1つ目の条件とは、重いものを持ったら腰痛、腰が痛くなった、足を組んで座っていると腰が痛くなる、長く座っていると腰が痛くなってきた、長時間車の運転をしていたら腰が痛くなってきた、足に合わない靴を履いて長く歩いていたら腰痛が起きた、洗濯物を干そうとしたら腰が痛くなった、掃除機をかけていたら腰が痛くなった、朝起きたら腰が痛くて動けなくなっていた、クシャミをしたら急に腰が痛くなった・・・・などなど色々なものがあります。
もう一つの条件とは、骨盤の歪みです。例えば、重いものを持っても骨盤の歪みがないと腰痛にはなりません。骨盤の歪みがある時に、腰痛が起きることをすると腰が痛くなります。骨盤の歪みがあると体を支えられないので、それで腰痛になります。

体を支えられないと痛くなる

腰痛が起きる原因は骨盤の歪みにあります。しかし、歪みも姿勢で歪みが起きることはなく原因があります。
低周波などの電機や注射などや、湿布を貼っても、ストレッチをしても、骨盤ベルトで固定しても、ブロック注射で痛みを抑えても、体操しても整形外科で薬をもらっても腰痛を解消する専門家の当院にはかないません。
当院では歪みから改善していくようにしていますが、歪みには歪みが起きた原因があります。この原因も改善していくことをしないと効果が出なかったり、また、すぐ腰痛が起きてしまいます。
悪化させると手術するしかないと言うことも起きてしまいます。最近、見たテレビの番組で手術を数回繰り返しているという男性の方を見ました。原因から改善していかないと、こういう結果になります。
腰の痛みは急に起こります。急に起きて動けなくなったり、体を真っ直ぐにできなくなったり、中腰が出来ないなどの症状になります。庭仕事で腰をかがめて仕事をしていたら腰が痛くなった、洗濯物を干そうとして腰が痛くなった、突然腰にひどい痛みが起きた、びりっと足に痛みが走った、足のしびれが突然起きた、靴下を履こうとして腰が痛くなった、慣れないハイヒールを履いて歩いていたら腰が痛くなった、朝起きたら腰が痛くて動けない、くしゃみをしたら腰に痛みが走ったなどなど色々な腰痛、腰の痛みがあります。
これらは、原因ではなく、切っ掛けです。切っ掛けが原因だと思う方が多くいますが、原因ではありません。もっと奥に本当の原因があります。

 

 

最近は多くの方が眠りが浅くなっていますが、気が付いていません。眠りが浅い方が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになると慢性化しやすくこじらせていきます。
睡眠負債と睡眠障害

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる原因とは

 

 

北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区でカイロプラクティック徳力整体院は腰痛の解消をしています。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

TOPへ