骨盤矯正を受ける時の触り方|北九州市八幡東区からも徳力整体院

骨盤矯正をする前に触り方があります。

北九州市八幡東区からも多くの方が訪れる骨盤矯正なら評判の30年のカイロプラクティック徳力整体院。
骨盤矯正をする時には骨盤が小さくなったのが、わからないと意味がありません。その為、触り方があります。一番、小さくなったのがわかりやすい触り方ですが、簡単なようで、大変、難しい触り方です。
触り方自体はシンプルなんですが、ある事をしないとわかりにくくなります。
その為の、説明です。
当院ではスタッフや他人がメジャーなどで測る事をしていません。
希望されてきた方に骨盤が小さくなったのを確認してもらう事をしています。つまり、自分でわかるようにしています。
骨盤が小さくなっいたのが、本人が、わかるようにしているのが特徴です。
その為、触り方があると言う事です。

骨盤矯正をしても

骨盤矯正をしても変化がありますから骨盤だけを触って小尻にしても変化に体調や体力がない方ほど、ダルクなる事があります。最近は多くの方が疲れやストレスを多くためていたり、自分でも気が付かないで睡眠負債になっていたりして体調や体力を落としています。この方が骨盤矯正をしたあと、ダルクなる事があります。
ダルクなる
疲れやストレスの蓄積、睡眠負債が多くあると、必然的に浮腫み、脂肪が多くなりますが、それだけではありません。
当然として骨盤の歪み・骨盤の開きも起こりますが、それだけでもありません。
骨が炎症やハレを起こすことがあります。
①骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなる
②骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる
③骨盤の骨が炎症やハレを起こすと変形して肥大する
などが起こります。
疲れやストレスと骨盤矯正
特に、最近は③の場合まで行っている方が多くいます。その為、正常な骨盤の大きさではありません。
初回は正常に戻すことで小さくなります。
もちろん1回でできる範囲は限られていますので数回かかります。

骨盤矯正の触り方

骨盤矯正をする時の骨盤の触り方ですが、骨盤を小さくするとは何をするのか、理解していない方もいます。骨盤矯正とは、骨盤を後ろから見て幅を小さくすることです。骨盤矯正で小尻にするとヒップアップにもなる事があります。
疲れやストレスと骨盤矯正
上のイラストのように赤い矢印の幅を変えることができるのが骨盤矯正です。
骨盤矯正をする時には幅を覚えないと小さくなったのが、わかりませんので、幅を覚えてもらいます。
当院のスタッフなどがメジャーで測る事はありませんので自分で触っておぼえてもらいます。
しかし骨盤の横に手を当てただけではわかりません。
骨盤の幅を感じようとしないと、わかりません。
その為、簡単なんですが、難しい触り方です。簡単だと思って触った方ほど、小さくなっても分からないと言う方もいます。
その為、強制はできませんが、しっかりと触ることをお勧めしています。

骨盤の触り方

骨盤の触り方はシンプルです。
①骨盤の横に手を当てます(両側に)
②中心部に向けて少し力を入れます。
③左右差を感じようとして触ります。
これだけです。
触る位置
触る位置は骨盤の真横であり股関節の少し上です。
今でも触って見て下さい。この幅を変える事ができるのが骨盤矯正です。

 

骨盤矯正をしたあと

骨盤矯正をしたあとに、もう一度、触ってもらいます。骨盤が小さくなったのが、わかると思います。
そして副次効果としてウエストも細くなっています。
骨盤が小さくなったのにウエストの幅を変えないと余計に太って見えます。
あとは最低でも数回、受けて下さい。
また、体質改善でさらに変える事もできます。