骨盤矯正で小尻に|北九州市八幡東区からも徳力整体院

骨盤矯正で小尻にするなら

北九州市八幡東区からも多くの方が訪れる骨盤矯正なら30年のカイロプラクティック徳力整体院。
当院では骨盤矯正でストレッチしたりベルトで締め付けたりガードルを履いたり、また産後の骨盤矯正を整体の施術で整える事をしています。骨盤矯正で骨盤を整えると効果があって小尻になる事ができます。しかし骨盤矯正には1回で整う事はありません。

 

当院では骨盤矯正をしていく時に検査する事をしています。骨盤矯正と検査というのは一見、関係ないような感じですが密接に関係があります。30年の経験があるから検査してみると骨盤矯正を希望されて来た方の全員の骨盤の大きさが正常の大きさではないと言うことが確認できたからです。
骨盤矯正
骨盤が大きく太くなっていると言う事なんです。骨盤が太く大きくなるのは骨盤周辺の浮腫み、脂肪だけではありません。また骨盤の歪み・骨盤の開きでもありません。多少は関係しますが。ですから骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正すれば良いと言う訳でもありません
骨盤矯正をする時には、今、現在の骨盤が正常の大きさなのかと言う事です。
骨盤矯正で小尻に
当院では30年の経験がある骨盤矯正をしていますが、今まで一人として正常の骨盤の方はいません。全員の方が骨盤が大きく太くなっています。これを正常に戻すことができれば骨盤は小さく小尻になる事ができます。
当院では初回の骨盤矯正は正常に戻していく矯正をしています。
骨盤矯正を小さくするなら

 

しかし、正常に戻すだけでは維持する事もできません。それは単純に骨盤の骨の炎症やハレで肥大して太くなった骨を元に戻しているだけだからです。
初回は骨盤が小尻になることが、理解出来たら次の段階に進んでいきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときに考えて欲しいのは、今の骨盤の大きさが正常なのかと言う事です。今まで多くの方の骨盤を30年間で小さく小尻にすることをしてきましたが全員の方が正常の骨盤ではありませんでした。
つまり全員の方が骨盤のトラブルを抱えていると言う事ですね。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開き
骨盤矯正をする時には検査する事をしていますが、検査してみると全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。
骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事でも骨盤は小さくなります。
先ほど、骨盤が正常なのかと書きましたが、体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。
普通は骨盤の歪み・骨盤の開きがあると、腰痛、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などが起こりやすくなります。
しかし腰痛、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などが起きていなくても骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。

骨盤矯正をする時には骨盤の歪み・骨盤の開きだけではない

体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きになるのは当然なんですが、歪みや開きだけではありません。
疲れやストレスが溜まりすぎたりしていると骨盤の炎症やハレが起きている方がいます。骨盤の炎症やハレが起きていても痛みにはならないこともあります。
また疲れやストレスの蓄積だけではなく不眠症と言うよりも睡眠負債の方が異常に多くなっていますから睡眠負債の方も骨盤に炎症やハレがあることが多く見受けられます。

骨盤に炎症やハレがあると

骨盤に炎症やハレがあると骨盤が大きく膨らんでいきます。普通では起こらない事なんですが検査すると、確かに起きています。
骨盤が炎症やハレを起こすと骨盤周辺にも脂肪が増えたり、浮腫みが多くなります。
骨盤の歪みや開きを矯正して骨盤の炎症やハレを改善する事をしていくと骨盤が正常に近づいて骨盤が小尻になる事ができます。
今まで30年間で小尻にならない方はいませんでした。
骨盤の歪み・骨盤の開きdakedehanai

 

骨盤矯正をして行くときに、深く関係するものがあります。その深く関係するものは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。
何をしても多くなってしまうし、何もしなくても多くなるものですから誰でもたまっています。これが溜まると痛みやコリを起こす場合と、痛みやコリにならない方がいます。
ですから痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。
と言うのも今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員の方が、体調は良いとは言えませんでした。中には体調の悪さがわかっていない方もいました。
骨盤矯正をする時に、一番、関係するものは疲れやストレスです。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をして行くときに、一番、関係するのは疲れやストレスの蓄積です。一見、関係ないような感じですが、実は、そうではありません。これは、多くの専門家の先生も知る人は少ないんですが疲れやストレスと言うのは骨盤を小さくすることに関係があります。
疲れやストレスは誰でもたまっていますから骨盤矯正に関係する骨盤の歪み・骨盤の開きが起きています。
しかし骨盤の歪み・骨盤の開きがあっても痛みやコリなどの症状になっていない事もあります。
骨盤の歪み・骨盤の開き

 

①体調を上げていくと骨盤が小さくなる
当院では初回からできる矯正です。体調が良くない方は骨盤が小さくなる変化に体力がないとダルクなります。当院では検査する事をしています、骨盤矯正と言っても骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば小さくなるのかと言うと、それだけではありません。しかし骨盤の歪み・骨盤の開きから解消するようにしています。体調を上げることから整えないと何も変わりません。
当院では検査する事をしていますが院長が『体調はどうですか』とか『調子は悪くないですか』と聞くと多くの方は「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と言います。体調と言うのは痛みやコリ、何かの症状がないからと言って良いとは限りません。体調の良し悪しは疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債で決まります。
毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くたまっていくからです。
そして睡眠負債では不眠症と勘違いしている方が多くいますが睡眠負債は目が覚めないけど眠りが一番、浅い睡眠になるから体調は落ちています。
自分でも気が付いていない方が多くいますが全員と言っていいほど睡眠負債になっています。睡眠負債になると骨盤の歪み・骨盤の開きは大きくなり背骨のズレも起こりますが痛みやコリになっていないことも多くあります。

 

②疲れやストレスの蓄積と睡眠負債
疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み・骨盤の開きが起き骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなります。当院の矯正の特徴は骨盤矯正と同時にウエストが細くクビレができる矯正ができますからウエストまで細くなっていきますが1回で変わる事はありません。
多くの方が数回以上の骨盤矯正を受けて変わってきています。疲れやストレスが多くたまっていると骨盤の歪み・骨盤の開きだけではなく骨盤の骨が炎症やハレ、または、それ以上を起こしていることもあります。
普通では起きる事はありませんが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債が多いと不可思議なことも起こります。
骨盤の骨が炎症やハレを起こしている方が増えていますが専門家の先生も知らない、矯正出来ない事です。当院では骨盤矯正の研究をしているので判明したことですが普通では考えられませんが事実です。骨盤の骨が炎症やハレを起こすと骨が変形して大きくなります。つまり骨盤が大きくなります。骨盤と言うのは中央の仙骨(尾てい骨)と言う骨と寛骨と言う両横の骨の3つで形成されます。3つの骨が形成する関節は仙腸関節と言う関節ですが骨盤から上と下肢をつなげる大切な関節です。ここが大きく緩むことはありません。大きく緩むと歩くこともできません。ですから、骨盤の歪みも骨盤の開きも1センチ動けばひどい方です。なので骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正しても、少ししか小さくなりません。
しかし骨盤の歪み・骨盤の開きと骨の炎症やハレを正常に戻すことを数回していくと初回から骨盤が徐々に小さく小尻になっていきます。1回で小さく変わっても維持する事はできません。

 

③体質改善で骨盤矯正
当院では体質改善と言う施術をしています。体質改善と言うのはアンチエイジングの施術になります。体質改善は体の質を変える方法ですから体に中から変えていくことで体は変わって骨盤だけではなく体の中から変えていく施術です。体質改善は定期的に施術を受けていないとできません。ですから初回からできる事はありません。例えば骨盤矯正をする時に骨盤が小さくなった分だけ内臓を圧迫する事も考えられます。圧迫される内臓は大腸、小腸、膀胱、子宮などです。当院では検査する事をしていますので体質改善ができる状態になると必ずお聞きして、体質改善をするか、しないのか、お聞きして進めるようにしています。詳しくは体質改善のページで

骨盤矯正

骨盤矯正とは

初回から骨盤が小さくなっていく骨盤矯正をしているので口コミで評判ですが、多くの方が、本当に骨盤が小さくなるのか、不安で来院しています。そして小さくなったらなったで、維持する事ができるのか、持続性はあるのか、と言うことを小さくなった方だからこそ、質問されます。
骨盤を小さくしても維持することや持続性は、骨盤が小さくなったのですから骨盤矯正の技術の関係ではありません。
では、どこに関係があるのか、と言うと体調です。
骨盤矯正