骨盤矯正で小尻になる|北九州市八幡東区から徳力整体院

骨盤矯正、産後の骨盤矯正

骨盤矯正で骨盤の幅を小さく狭くする為には、色々な方法があると思いますが、当院の骨盤矯正は体を整えていくことで小尻にすることができる方法をしています。
骨盤矯正と言うと浮腫みを減らすことや脂肪を減らしたり、骨盤の歪み・骨盤の開き矯正で小尻になる事もありますが、どうして骨盤の周辺に浮腫み、脂肪が多くなっている、骨盤の歪み・骨盤の開きが、どうして起きているのか、考える必要があります。
と言う事は浮腫み、脂肪を減らせば良いと言う訳ではありません。
そして骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば、良いと言う訳ではありません。

 

骨盤矯正を受けて見たいんですが。

 

本当に小尻になりますか?

 

矯正は痛くないですか?

 

ボキボキしませんか?


 

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなり浮腫み、脂肪も減ることで人気があります。
もちろんボキボキもしませんし痛くもありません。
手の技術だけで骨盤を矯正したり浮腫み・脂肪を減らす事をしています。


 

当院では骨盤矯正をする時に、骨盤の歪み・骨盤の開きを確認してあれば矯正することは、もちろんですが、骨盤周辺に増えている脂肪・浮腫みを減らす事をしていますが、それだけではありません。


 

どうして骨盤が開いたり、歪んだりしているのか、と言う事まで考慮しながらしているからです。

 

その為、初回から小尻になる事ができますが、小尻になっても続けて受けて下さい。

 

維持することや持続性を向上させたり、体質改善で変える事ができるからです。


 

骨盤矯正をするなら

骨盤矯正をしていく時に、関係するモノがあります。この関係するモノから減らさないと骨盤を矯正しても小さくなりにくく、効果がなかったりします。
しかし骨盤矯正をする時に、一番、関係するモノを減らすことは簡単ではありませんし、多分、一番、難しいことだと思います。
これは検査もできないし触ってわかるモノでもありません。
本人も気が付いていないことだからです。
しかし特別なことでもなく、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものです。
それは疲れです。
骨盤矯正と疲れの蓄積
一見、関係がないような疲れなんですが、密接に関係があり、誰でもたまっているモノです。
逆にたまっていない方はいません。
疲れと言うと簡単に考えてしまう方が多くいますが、疲れもたまれば山となります。
疲れが多くなると疲労になり、疲労が多くたまっていくと疲労になり、疲労から蓄積疲労になります。
蓄積疲労がたまると体全身にたまっていきます。
これが骨盤にもたまっていくと浮腫み・脂肪が増えていきます。
その時には代謝も悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
しかし、それだけではありません。
ある部分にも疲れがたまっていき、そうすると骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。
何も原因がなくて骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる事はありません。
何かがあるから骨盤の歪み・骨盤の開きになります。
骨盤の歪み・骨盤の開きが大きく、はずれることは起こりません。そんな事が起きれば歩けません。
骨盤矯正をする時に、深く関係するモノがあります。
これは多く多かれ少なかれ誰でもあるモノです。
それが疲れです。

 

疲れと言うと簡単に考える方が多くいますが、疲れも積もれば山となるモノです。
ありとあらゆる症状に疲れが関係しています。
疲れが多くなると、疲労になり、疲労が多くなると蓄積疲労になります。
体には蓄積疲労が多くたまっています。
蓄積疲労は毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなる疲れの蓄積です。
疲れがたまっていない方はいませんが、わかっていない方は、最近、多くなっています。
蓄積疲労が蓄積している証拠が骨盤の歪み・背骨のズレであり、浮腫みです。
今まで院長から、『体調はどうですか』とか、『調子は悪くないです?』と聞かれると、全員の方が「体調は良いです」とか、『調子は悪くありません』と答えています。もちろん、本当であれば良いんですが!
検査してみるとボロボロ、ガタガタ状態の方ばかりです。ボロボロ、ガタガタと言うのは体調が落ちている訳ですけど、落ちている原因は疲れの蓄積です。それも蓄積する程度の多さと たまる場所があります。
疲れがたまれば、たまるほど、浮腫みやすくなり、代謝が悪くなり、骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。
骨盤の歪み・骨盤の開き
当然ですが、骨盤が広がると骨盤は大きくなりますが、骨盤が横に広がる原因は疲れの蓄積で広がります。
ということは、骨盤矯正をすれば良いと言う訳ではありません。
骨盤矯正をしても、骨盤の広がりを作った原因があります。その原因が体にたまった疲れの蓄積です。
骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると、広がった分だけ代謝も悪くなり浮腫み、脂肪が増えるのは当然の結果です。
しかし、どこに疲れが溜まったから骨盤の開きが起きるのかが、問題です。
疲れが溜まるのは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くなるものですが、最後にあるワードも深く関係するからです。
つまり眠りです。
最近は、全員の方が、眠れていません。
眠りは2通りの眠りがあります。
熟睡が出来ていないと骨盤の歪み・骨盤の開きが大きくなります。

 

不眠症と睡眠負債になります。(詳しくは下へ)

 

疲れが溜まるから代謝が悪くなり、浮腫みが多くなります。
食べすぎ、運動不足、高カロリーの取りすぎでも脂肪は多くなりますが、それだけではありません。疲れの蓄積も大きく関係しています。
毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャーで疲れの蓄積が体全身にたまりながら、弱い部分には、さらに多くの疲れが溜まっていきます。
人の体には弱い部分と、そうでもない部分はがあります。そうでもない部分には疲れがたまりにくく先将来につながる事はありませんが、弱い部分は、そうはいきません。
年齢に関係なく誰でもある弱い部分は成長とともに多くの疲れをためていきます。
骨盤矯正をする時に骨盤の中にある内臓の状態も深く関係します。
つまり生理痛、生理不順、便秘です。
生理痛、生理不順の方は骨盤が開きやすく歪みやすくなり、骨盤が太くなります。
便秘の方も、同じです。
骨盤矯正と生理痛と便秘

 

 

骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にする為には、

  • 浮腫み・脂肪を減らす事
  • 骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事

    ・・が重要なんですが、どうして浮腫み、脂肪が多くなっているのか、また、どうして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きているのか、と言う問題も関係しています。

 

骨盤矯正とは
今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが、全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開きを起こしています。
骨盤の歪み・骨盤の開きがあると代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなることから浮腫み、脂肪が増えてきます。
脂肪は食べすぎや運動不足もあります。
浮腫みは脂肪とは違います。浮腫みが、どうして増えているのか、原因があります。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きから浮腫み、脂肪が多くなる事もあります。
浮腫みは何かが良くないことから起きている現象です。普通は浮腫みと言うのは起きることはないし、起きてはいけないものです。
浮腫みとは、フシュとも言います。フシュが多くなると言う事は大変なことが起きています。
わかっていない方や理解していない専門家の先生がリンパを流せば良いとかリンパマッサージをすれば良いと言っています。

 

小尻にする為にも、浮腫み、脂肪を減らす為にも

小尻にする為にも、浮腫みを解消する為にも、脂肪を減らす為にも、骨盤の歪み・骨盤の開きを改善する必要がありますが、どうして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きているのか、と言う問題が深く関係しています。
何も原因がないのに骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる事はありません。
姿勢で起きる事もありません。
猫背でも骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりえません。
骨盤や背骨は中枢神経を守っています。
骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると中枢神経に影響が大きくあるからです。
では、どうして骨盤の歪み・骨盤の開きが起きるのか????
それは、特別なことではありません。
毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。
それは疲れです。疲れが多くなったものが疲労になり蓄積疲労が最大の骨盤の歪み・骨盤の開きの原因になります。

蓄積疲労と骨盤の歪み・骨盤の開き

蓄積疲労を簡単に考えないで下さい。
実は蓄積疲労ほど、厄介なものはありません。老化を促進させるのも蓄積疲労が原因で進行した結果、起きるのが病気だからです。
骨盤矯正と便秘と生理痛と疲れの蓄積が疲労になり、疲労が多くなって
蓄積疲労がたまる所を限定して減らさないと減りません。
蓄積疲労は、焼き肉・ウナギを食べても減りません。
      サプリメント、健康食品を飲んでも減りません。
      マッサージでは減りません。
      低周波治療器や電器をしても減りません。
      ボキボキしても減りません。
      点滴しても減りません。
当院でも簡単にしている訳ではありません。
簡単にできない事をしていくと、変化していきます。
しかし、本当に疲れの蓄積の蓄積疲労を減らしていくと骨盤が小さくなり小尻になります。そして浮腫み・脂肪も減らす事ができます。
蓄積疲労の検査や減らす事ができない方が、効果がなかったりしています。
維持することや持続性も蓄積疲労に関係があります。多くある方ほど持続性はありませんし維持する事はできません。

体質改善で変えていくと効果が上がる

しかし生きている限り疲れはたまっていきますから、何かを変えないといけません。
その為に体質改善の矯正をしています。
体の中から変えていく事でも効果が上がりやすくなります。
体質改善は早い方で3回目くらいからできる矯正です。
体の蓄積疲労が、ある程度、減ってきたらできる矯正です。
1度で体質が変わる事はありません。
数回以上かけながらできる矯正です。
骨盤矯正で骨盤を小さくしても中にある大腸や小腸、子宮や卵巣、膀胱なども深く関係しています。
つまり便秘、生理痛、生理不順も骨盤の歪み・骨盤の開きの原因になります。
骨盤矯正と便秘と生理痛

 

蓄積疲労だけじゃなく眠りの問題でも骨盤の歪み・骨盤の開きは起こりますし浮腫み、脂肪が増えていきます。

 

眠りの問題と骨盤矯正

最近は多くの方が疲れやストレスだけではなく眠りの問題も骨盤矯正をする時に影響だして骨盤が小さくなりにくくなったりむくみや脂肪が減りにくくなったり維持することができなくなったりしている場合もあります。
睡眠の問題というのも不眠症と睡眠負債の二つに分けられることができますのでどちらかに属している方が多くいます。 しかし多くの方が気がついていない場合も多くあります。
眠りは大脳が寝ていること、つまり熟睡状態のことだけを言いますので6時間の睡眠時間があっても熟睡ができる最高時間は30分以内です。
熟睡時間がどれくらいあるのかで寝ているのか眠れているのか、または、眠れていないのかということがわかります。
骨盤矯正と眠り

不眠症と骨盤矯正

不眠症というのは気がつきやすいんですが自分が不眠症だとは思っていない方が多くいますので不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてありトイレに行ったり夢ばかり見て寝た気がしないという状況が不眠症です。
不眠症の人は大脳が急激に弱っていき体調もすごく悪く落ちているんですが、脳内麻薬というモルヒネに似た物質が多く出てしまい痛みやコリを感じにくくなっていて自分の状態がわからなくなっていますから、多くの方の場合、体調が良いと思っています。
骨盤矯正をする前に検査することをしてみると、骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあって浮腫みや脂肪が多くなっている事があれば、体調がすごく落ちているということは言えるんですが、痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りませんので、ひどい便秘があったり生理痛があったりすると骨盤は歪んでいますから。
眠りが浅い方は体を整えて眠りの問題を解消して熟睡できるようにしなければ骨盤矯正をしても効果があまりないこともあります。
不眠症に属している方は夜寝ようとする時に寝つきが悪いのが特徴ですしすぐ眠れても夜中に何回も目を覚ましたりすることがあれば不眠症です。
骨盤矯正と睡眠

 

 

睡眠負債と骨盤矯正

睡眠負債というのは不眠症とは違って、夜にすぐ眠れて朝まで目が覚めることがありませんが、眠りが浅い睡眠しかしていません。
睡眠負債のことは夜寝ようとする時にすぐ眠れるんですが寝ながら考え事をする時間が3時間も4時間も5時間もあって目が覚める瞬間に夢を見るから夢しか記憶に残りません。
不眠症の方も睡眠塞が方も一応と思えるほど体調をとしていますので中枢神経系のトラブルが起きやすくなっていきますので一番は記憶の問題に現れてくる場合が多いようです。
記憶の問題は物忘れやうっかりや置き忘れなどになります。
骨盤矯正と睡眠

 

骨盤矯正とは

当院で、いつもしている骨盤矯正は

このホームページを見て骨盤矯正が気になったら、まずは予約をしてもらいますので予約をする時に、必ず『ホームページを見ました」とか、『初めてです』という言葉を付け加えるとスムーズに予約は行きますので、来られる日にちと希望される時間を受け付けにおっしゃってください。
予約された時間の5分前に、当院に来てもらって必要事項を書いてもらわなければいけません。 必要事項を書いてもらう時に骨盤矯正という項目がありますので骨盤矯正の項目に〇をされてください。 必要事項を用紙に書いたら待合室から中に入ってもらって、院長と机に向かい合わせに座って確認を行います。
確認を行うときには、院長から『骨盤矯正でいいですね」という確認がありますので、「はい』と答えてください。

骨盤矯正をする前に

当院では骨盤矯正をする前に、スタッフがメジャーなどで測ったりすることはしていませんので、ご自分の手で触って骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしています。
自分で比べる
自分で触るということは院長は慣れているんですが初めて、骨盤矯正を受ける方や他で骨盤矯正を受けた方も骨盤の触り方が分かっていない場合がありますので、簡単だと思って触ってしまった方ほど、意識を働かせることができていませんので、小さくなってもわからないということがありますから、分からないということがないように、しっかりと意識を持ちながら触ってください。
意識を保つためにも左右を比べてもらうことをします。 骨盤というのも右側の骨盤と左側の骨盤で形や大きさが違います。
右側の骨盤と左側の骨盤で脂肪やむくみの付き具合が違います。
当院のスタッフがメジャーで計測する道具などを用いて測ったりすると、位置が違ったり矯正する前には、ゆるく測って、矯正したあとはキツク測るという行為があることもありますので自分で分かれば申し分ないと思います。
しかし骨盤矯正と言っても骨盤が10 CM 20 CM も小さくなることがありませんので、1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきますので、例え、1 CM 変わっても、わかるように触っておかなければ分からなくなってしまいます。
自分で比べる時の触り方

骨盤矯正の触り方

骨盤矯正をする時の触り方なんですが、すごく簡単な触り方なんですがから、手を当てただけではわかりませんし、骨盤の横に手を置いただけでも分かりませんので意識を保つためにも左右さを感じ取るということをしてもらいます。
骨盤というのは真ん中を中心として右側の大きさと左側の大きさが違います。

触る時に意識するのは

骨盤矯正の左右の違い
骨盤というのは左右が違いますので骨盤の左右がわかるようにして触ると、骨盤矯正をした後に骨盤が小さくなったのが分かります。
例えば今でも鏡の前に立って、 自分の骨盤を触って確認してみてください。
何事も経験が必要ですから簡単にわかる方法ではありませんので、 骨盤矯正をして骨盤が小さくなったのが、わかるためにも練習も必要です。
本当に骨盤矯正をして骨盤が小さくなるから、練習しましょう

もう一度骨盤を触って覚える

当院では、骨盤矯正をする前に触って覚えることをしてもらうんですが、矯正に入る前に院長と共に、もう一度、骨盤を触って覚えてもらうこともしています。

骨盤矯正に入ります

それでは本格的に骨盤矯正に入っていきますので骨盤矯正をする時には矯正する際に、下向きに寝てもらいますが代の顔に当たる部分が 固い感じがしますので柔らかいタオルやハンカチをご持参して顔に当ててもらうことをお勧めしています。
矯正する時にはボキボキもしないし痛くもない方法で矯正をしていきますので、力を抜いて安心して横になっていてください。
洋服などはスカートでもジーパンでもパンツでも構いませんがスカートなどの短いものは避けるようにしてください。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする方法というのは対象になるものは骨盤の歪みと骨盤の開き、そして浮腫みや脂肪だけというイメージなんですが、当院ではそれだけではありません。
どうして骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたのかという原因を改善している行かなければ骨盤というのは骨盤矯正だけではあまり変化はしません。
そのため骨盤矯正と言っても骨盤の歪みや骨盤の開きだけを矯正しても効果がなかったということを、よく聞きます。
当院の骨盤矯正の方法は一番近い言葉で説明するとマッサージをするような感じで骨盤を小さくすることをしているんですがマッサージと言っても本当にマッサージをして小さくなることはありませんのでマッサージ感覚だと思えば近いと思います。

マッサージではなく特殊な技術

当院では骨盤矯正をする時に歪みや開きなどを矯正するときや背骨のズレを矯正したりする時でも、マッサージをするの感じで矯正することをしていますので、本当にマッサージをするような感じで骨盤を小さくすることができます。
今まで多くの顔マッサージ感覚で、骨盤矯正をして小さくすることをしていますので、当院ではいつもマッサージをするような感覚で骨盤矯正をしています。
本当のマッサージというのは筋肉に対して揉んだり柔らかくしたりしているだけですから、浮腫みは脂肪が減るのかということは、わかりませんが、当院では骨盤矯正をして行く時には本当にマッサージ感覚で揉んだりしているだけで徐々に骨盤が小さくなるという大変、不思議な骨盤矯正をしています。
骨盤矯正

疲れやストレスと骨盤矯正

今まで多くの方の骨盤矯正を初回から小さくすることをしてきたんですが全員と言っていいほど骨盤の歪みや骨盤の開きが起きて歪みや開きが起きることから代謝が悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が多く蓄積していき浮腫みや脂肪が多くなっています。
骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると代謝が悪くなっていきますので浮腫み、脂肪が増えていくのは当然です。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因というのは毎日毎日の生活や仕事をする事や運動することや精神的な緊張やプレッシャーなどで多く乱されていくものが体に蓄積していくのが原因です。
体に蓄積していくものというのは疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは誰でも溜まっているものなんですが疲れやストレスが溜まっているからといって何かの症状を感じているかと言うとそうではない場合もありますので今まで骨盤矯正に訪れた方、全員が疲れやストレスが溜まっていて骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったという事実はあります。
疲れやストレスの蓄積から骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる。骨盤の歪み・骨盤の開きが起きると代謝が悪くなり浮腫み、脂肪が増えます。
そうすると骨盤が太く大きくなります。これを正常に戻していくと骨盤が小さくなります。
骨盤矯正と骨盤の歪み・骨盤の開き
骨盤矯正と骨盤の歪み・骨盤の開きと太り

 

 

当院では骨盤矯正でストレッチしたりベルトで締め付けたりガードルを履いたり、また産後の骨盤矯正を整体の施術で整える事をしています。骨盤矯正で骨盤を整えると効果があって小尻になる事ができます。しかし骨盤矯正には1回で整う事はありません。

 

  1. 骨盤矯正をする時の骨盤の触り方

 

 

 

骨盤矯正で骨盤の歪みを治す方法は、いろいろな方法があると思いますが骨盤の歪みだけを矯正すれば良いというわけではなく、骨盤というのは、どうして歪んだり開いたりしているのかということを考えなければいけませんので、今まで多くの方の骨盤を矯正してきましたが全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしています。

 

骨盤矯正とは

骨盤矯正というのは骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正することで骨盤を整えて骨盤を小さくしていくことです。 骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていると骨盤周辺に多くの脂肪や浮腫みが多くなっていき足が太くなったりすることもあります。
しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すれば良いというわけではなく、矯正しても浮腫みや脂肪を減らせることはあまり効果がなくできないと思っています。
骨盤矯正を受ける時には患者さん側も考えてほしいことがあるんですがどうして骨盤の歪みは骨盤の開きが起きているのかという問題があります。
つまり何も原因がなくて骨盤の歪みや骨盤の開きが起きることがないということなんです。
骨盤矯正で小尻に

骨盤の歪みを直す方法

骨盤の歪みを治す方法というのは色々な方法があるんですが、骨盤ストレッチをしたり、運動したり、筋トレしたり腹筋をしたり、腹筋を鍛えたり、足上げをしたり、骨盤ベルトを巻いたり、骨盤矯正ショーツを履いたり、 骨盤矯正グッズを使って骨盤を矯正したりと色々な方法があるんですが自分でやることも大変で簡単では骨盤は小さくなることはありません。
骨盤ベルトを巻いて腰を円を描くように回したりすることも有効なのかも分かりません。
しかしどうして骨盤のゆがみは骨盤の開きが起きて浮腫みや脂肪が多くなっているのかという原因を考えなければ、どんなに腰を回しても、運動しても鍛えても、腹筋をしても、ベルトを巻いても骨盤矯正ショーツを履いても骨盤グッズを使用しても、効果的は、どうなのかなと思います。

 

骨盤ベルト

骨盤矯正ベルト
骨盤矯正をしていくときに骨盤ベルトを巻いて骨盤を締め付けるようにして小尻にする方法はありますが骨盤ベルトで骨盤を締め付けてもサポーターを巻いているようなものですから外してしまえば骨盤はまた緩んでいきますのでどうして骨盤が開いているのか歪んでいるのかというものを見つけ出して矯正することをしないと骨盤ベルトで締め付けても外せば同じです。

 

骨盤矯正ショーツ

骨盤矯正ショーツ
骨盤矯正ショーツというのもあるそうなんですが骨盤矯正ショーツを履いて骨盤を締め付けても理想的な締め付けができるという感じでショーツを履いて小尻にするという方法もあると思うんですがサポーターを巻いているようなものでガードルよりはいいという感じだと思いますのでガードルというのは全体を締め付けてしまいますがショーツで骨盤矯正をするというのは布の部分に工夫を施しているような感じだと思います。

 

骨盤矯正ストレッチ

骨盤矯正ストレッチ
運動的に骨盤矯正をするときに例えばですけど腹筋をしたり足上げをしたりという感じで大腰筋が腸骨筋を鍛えて骨盤を安定させるという方法もありますが簡単に骨盤が引き締まることもありませんので多くの方は効果が出る前に辞めてしまう方が多くいますので長続きしないであまり変化はないと思っています。

 

骨盤矯正クッション

骨盤矯正クッション
骨盤矯正クッションというのが売られていますが クッションの上に座ってバランスをとることで大腰筋腸骨筋などをバランスを整えようとする方法です。 しかし初めはしばらくやっている方も多くいますが長続きすることがなく効果的にも長続きしなければ効果は上がりにくいようですから簡単に骨盤が引き締まるということはないし小尻になることはないと思います。

 

骨盤ダイエット

骨盤矯正ダイエット
骨盤ダイエットというのがありますが骨盤を整えていくことで体を引き締めていくという効果があるそうなんですが効果的にはどうなのかなと思っていますが骨盤ダイエットするためには何をすればいいのかということを考えなければいけませんし基本的なことができていなければ効果的には薄いようですから体を整えていくということが大切なんです。

 

骨盤矯正と産後

産後の骨盤矯正
産後の骨盤矯正というのがあるんですが産後だからといって骨盤が歪んだり開いたりしているかというとそうではないので通常の状態では起こりえない問題が起きていれば骨盤矯正が必要になりますから骨盤矯正と言っても体の歪みや体を整えていくことで骨盤が修正されていくという骨盤矯正をしています。

 

他院の骨盤矯正

他院の骨盤矯正
当院と違って他の治療院骨盤矯正というのは主にエステや整体やカイロプラクティック院での骨盤矯正になりますが骨盤を押さえつけたりボキボキしたりエアーで締め付けたりという感じで骨盤矯正をしていますが単純に骨盤のゆがみは骨盤の開きを矯正すれば良いというわけではなくどうしてどこから骨盤の歪みや骨盤の開きが起きているのかという基本的な問題を考えていませんので効果的にはどうなのかなと思いますが色々な方法があると思いますので一概に効果が無いとは言えません。

 

骨盤矯正効果

当院の骨盤矯正
当院の骨盤矯正はボキボキすることもなく電気や機械を使うこともなくての技術だけで骨盤を小さくすることをしていますが、当院の骨盤矯正は体を整えていくこと骨盤矯正ですから、どうして骨盤が歪んでいるのか、ということも確認しながら矯正を行っていきます。
しかし骨盤矯正をしていく上で検査することを当院ではしているんですが肩こりの方も腰痛の方も生理痛の方も便秘の方も産後でも全員の方が骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。
痛みやコリを感じていないからと言って骨盤が正常なのかという問題がありますが感じていないだけで骨盤の歪みや骨盤の開きがいつもあるのが現実です。
しかし、いつもあるかなと言って、軽ければ何も感じていないということです。
骨盤の歪みや骨盤の開きは生理痛や便秘などがある方は必ず歪みは開きが大きく起きていますし膀胱炎になりやすい方一度でも膀胱炎を起こした方は骨盤のゆがみは骨盤の開きは必ずあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正するためには骨盤の中に入っている内臓の影響はかなり大きくありますので骨盤の歪みは骨盤の開きを矯正すればいいというわけではないと思います。
多くの骨盤矯正をしている治療院専門家の先生も体を整えていくことから入る骨盤矯正はしていません。
当院では骨盤矯正をする時に体から整えていくことでかなりの効果が期待できる骨盤矯正をしています。
骨盤矯正

 

当院では30年の経験から人気のある骨盤矯正をしているんですが、当院の人気のある理由は初回から骨盤が小さくなることで評判なんですが、自分で比べてもらうことをしています。

 

骨盤矯正で小さくなるのは、下の赤い矢印の部分です。つまり横幅、外周です。

  1. 骨盤周りの浮腫み、脂肪も減らします。
  2. 骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正します。
  3. しかし、それだけではありません。

骨盤矯正と言っても、関係する部分の解消もしないと、さらに小さくなりませんし、維持することや、持続性がありません。

 

骨盤矯正に来た方が良く聞かれるのは

  • 本当に骨盤が小さくなるのか?
  • 小さくなったらなったで維持することができるのか? です。

 

骨盤矯正
骨盤矯正をしていく時には希望されてきた方が、自分で確認して小さくなったのが、分からなければ意味はありませんので当院ではスタッフが骨盤を計測したりメジャーで測ったりすることはしていませんので、ご自分で骨盤が小さくなったのが分かるようにしているのが特徴です。

 

骨盤矯正を希望されて予約された方の全員の方が骨盤が小さくなったのが分かるようにするのが理想なんですが時々変化しても分からないという方がいますので、わからないということがないように注意しています。

 

 

 

当院では骨盤矯正をしていく時に検査する事をしています。骨盤矯正と検査というのは一見、関係ないような感じですが密接に関係があります。30年の経験があるから検査してみると骨盤矯正を希望されて来た方の全員の骨盤の大きさが正常の大きさではないと言うことが確認できたからです。
骨盤矯正
骨盤が大きく太くなっていると言う事なんです。骨盤が太く大きくなるのは骨盤周辺の浮腫み、脂肪だけではありません。また骨盤の歪み・骨盤の開きでもありません。多少は関係しますが。ですから骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正すれば良いと言う訳でもありません
骨盤矯正をする時には、今、現在の骨盤が正常の大きさなのかと言う事です。
骨盤矯正で小尻に
当院では30年の経験がある骨盤矯正をしていますが、今まで一人として正常の骨盤の方はいません。全員の方が骨盤が大きく太くなっています。これを正常に戻すことができれば骨盤は小さく小尻になる事ができます。
当院では初回の骨盤矯正は正常に戻していく矯正をしています。
骨盤矯正を小さくするなら

 

しかし、正常に戻すだけでは維持する事もできません。それは単純に骨盤の骨の炎症やハレで肥大して太くなった骨を元に戻しているだけだからです。
初回は骨盤が小尻になることが、理解出来たら次の段階に進んでいきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして行くときに考えて欲しいのは、今の骨盤の大きさが正常なのかと言う事です。今まで多くの方の骨盤を30年間で小さく小尻にすることをしてきましたが全員の方が正常の骨盤ではありませんでした。
つまり全員の方が骨盤のトラブルを抱えていると言う事ですね。

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪み・骨盤の開き
骨盤矯正をする時には検査する事をしていますが、検査してみると全員の方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。
骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正する事でも骨盤は小さくなります。
先ほど、骨盤が正常なのかと書きましたが、体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きになります。
普通は骨盤の歪み・骨盤の開きがあると、腰痛、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などが起こりやすくなります。
しかし腰痛、生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎などが起きていなくても骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。

骨盤矯正をする時には骨盤の歪み・骨盤の開きだけではない

体に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・骨盤の開きになるのは当然なんですが、歪みや開きだけではありません。
疲れやストレスが溜まりすぎたりしていると骨盤の炎症やハレが起きている方がいます。骨盤の炎症やハレが起きていても痛みにはならないこともあります。
また疲れやストレスの蓄積だけではなく不眠症と言うよりも睡眠負債の方が異常に多くなっていますから睡眠負債の方も骨盤に炎症やハレがあることが多く見受けられます。

骨盤に炎症やハレがあると

骨盤に炎症やハレがあると骨盤が大きく膨らんでいきます。普通では起こらない事なんですが検査すると、確かに起きています。
骨盤が炎症やハレを起こすと骨盤周辺にも脂肪が増えたり、浮腫みが多くなります。
骨盤の歪みや開きを矯正して骨盤の炎症やハレを改善する事をしていくと骨盤が正常に近づいて骨盤が小尻になる事ができます。
今まで30年間で小尻にならない方はいませんでした。
骨盤の歪み・骨盤の開きdakedehanai

 

骨盤矯正をして行くときに、深く関係するものがあります。その深く関係するものは毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。
何をしても多くなってしまうし、何もしなくても多くなるものですから誰でもたまっています。これが溜まると痛みやコリを起こす場合と、痛みやコリにならない方がいます。
ですから痛みやコリがないからと言って体調が良いとは限りません。
と言うのも今まで多くの方の骨盤を小さくすることをしてきましたが全員の方が、体調は良いとは言えませんでした。中には体調の悪さがわかっていない方もいました。
骨盤矯正をする時に、一番、関係するものは疲れやストレスです。

骨盤矯正と疲れやストレス

骨盤矯正をして行くときに、一番、関係するのは疲れやストレスの蓄積です。一見、関係ないような感じですが、実は、そうではありません。これは、多くの専門家の先生も知る人は少ないんですが疲れやストレスと言うのは骨盤を小さくすることに関係があります。
疲れやストレスは誰でもたまっていますから骨盤矯正に関係する骨盤の歪み・骨盤の開きが起きています。
しかし骨盤の歪み・骨盤の開きがあっても痛みやコリなどの症状になっていない事もあります。
骨盤の歪み・骨盤の開き

 

①体調を上げていくと骨盤が小さくなる
当院では初回からできる矯正です。体調が良くない方は骨盤が小さくなる変化に体力がないとダルクなります。当院では検査する事をしています、骨盤矯正と言っても骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば小さくなるのかと言うと、それだけではありません。しかし骨盤の歪み・骨盤の開きから解消するようにしています。体調を上げることから整えないと何も変わりません。
当院では検査する事をしていますが院長が『体調はどうですか』とか『調子は悪くないですか』と聞くと多くの方は「体調は良いです」とか「調子は悪くありません」と言います。体調と言うのは痛みやコリ、何かの症状がないからと言って良いとは限りません。体調の良し悪しは疲れやストレスの蓄積度合いと睡眠負債で決まります。
毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが多くたまっていくからです。
そして睡眠負債では不眠症と勘違いしている方が多くいますが睡眠負債は目が覚めないけど眠りが一番、浅い睡眠になるから体調は落ちています。
自分でも気が付いていない方が多くいますが全員と言っていいほど睡眠負債になっています。睡眠負債になると骨盤の歪み・骨盤の開きは大きくなり背骨のズレも起こりますが痛みやコリになっていないことも多くあります。

 

②疲れやストレスの蓄積と睡眠負債
疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み・骨盤の開きが起き骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなります。当院の矯正の特徴は骨盤矯正と同時にウエストが細くクビレができる矯正ができますからウエストまで細くなっていきますが1回で変わる事はありません。
多くの方が数回以上の骨盤矯正を受けて変わってきています。疲れやストレスが多くたまっていると骨盤の歪み・骨盤の開きだけではなく骨盤の骨が炎症やハレ、または、それ以上を起こしていることもあります。
普通では起きる事はありませんが疲れやストレスの蓄積と睡眠負債が多いと不可思議なことも起こります。
骨盤の骨が炎症やハレを起こしている方が増えていますが専門家の先生も知らない、矯正出来ない事です。当院では骨盤矯正の研究をしているので判明したことですが普通では考えられませんが事実です。骨盤の骨が炎症やハレを起こすと骨が変形して大きくなります。つまり骨盤が大きくなります。骨盤と言うのは中央の仙骨(尾てい骨)と言う骨と寛骨と言う両横の骨の3つで形成されます。3つの骨が形成する関節は仙腸関節と言う関節ですが骨盤から上と下肢をつなげる大切な関節です。ここが大きく緩むことはありません。大きく緩むと歩くこともできません。ですから、骨盤の歪みも骨盤の開きも1センチ動けばひどい方です。なので骨盤の歪み・骨盤の開きだけを矯正しても、少ししか小さくなりません。
しかし骨盤の歪み・骨盤の開きと骨の炎症やハレを正常に戻すことを数回していくと初回から骨盤が徐々に小さく小尻になっていきます。1回で小さく変わっても維持する事はできません。

 

③体質改善で骨盤矯正
当院では体質改善と言う施術をしています。体質改善と言うのはアンチエイジングの施術になります。体質改善は体の質を変える方法ですから体に中から変えていくことで体は変わって骨盤だけではなく体の中から変えていく施術です。体質改善は定期的に施術を受けていないとできません。ですから初回からできる事はありません。例えば骨盤矯正をする時に骨盤が小さくなった分だけ内臓を圧迫する事も考えられます。圧迫される内臓は大腸、小腸、膀胱、子宮などです。当院では検査する事をしていますので体質改善ができる状態になると必ずお聞きして、体質改善をするか、しないのか、お聞きして進めるようにしています。詳しくは体質改善のページで

骨盤矯正

骨盤矯正とは

初回から骨盤が小さくなっていく骨盤矯正をしているので口コミで評判ですが、多くの方が、本当に骨盤が小さくなるのか、不安で来院しています。そして小さくなったらなったで、維持する事ができるのか、持続性はあるのか、と言うことを小さくなった方だからこそ、質問されます。
骨盤を小さくしても維持することや持続性は、骨盤が小さくなったのですから骨盤矯正の技術の関係ではありません。
では、どこに関係があるのか、と言うと体調です。
骨盤矯正
北九州市八幡東区からも多くの方が訪れる骨盤矯正なら評判の30年のカイロプラクティック徳力整体院。
骨盤矯正をする時には骨盤が小さくなったのが、わからないと意味がありません。その為、触り方があります。一番、小さくなったのがわかりやすい触り方ですが、簡単なようで、大変、難しい触り方です。
触り方自体はシンプルなんですが、ある事をしないとわかりにくくなります。
その為の、説明です。
当院ではスタッフや他人がメジャーなどで測る事をしていません。
希望されてきた方に骨盤が小さくなったのを確認してもらう事をしています。つまり、自分でわかるようにしています。
骨盤が小さくなっいたのが、本人が、わかるようにしているのが特徴です。
その為、触り方があると言う事です。

骨盤矯正をしても

骨盤矯正をしても変化がありますから骨盤だけを触って小尻にしても変化に体調や体力がない方ほど、ダルクなる事があります。最近は多くの方が疲れやストレスを多くためていたり、自分でも気が付かないで睡眠負債になっていたりして体調や体力を落としています。この方が骨盤矯正をしたあと、ダルクなる事があります。
ダルクなる
疲れやストレスの蓄積、睡眠負債が多くあると、必然的に浮腫み、脂肪が多くなりますが、それだけではありません。
当然として骨盤の歪み・骨盤の開きも起こりますが、それだけでもありません。
骨が炎症やハレを起こすことがあります。
①骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなる
②骨盤の歪み・骨盤の開きが起きる
③骨盤の骨が炎症やハレを起こすと変形して肥大する
などが起こります。
疲れやストレスと骨盤矯正
特に、最近は③の場合まで行っている方が多くいます。その為、正常な骨盤の大きさではありません。
初回は正常に戻すことで小さくなります。
もちろん1回でできる範囲は限られていますので数回かかります。

骨盤矯正の触り方

骨盤矯正をする時の骨盤の触り方ですが、骨盤を小さくするとは何をするのか、理解していない方もいます。骨盤矯正とは、骨盤を後ろから見て幅を小さくすることです。骨盤矯正で小尻にするとヒップアップにもなる事があります。
疲れやストレスと骨盤矯正
上のイラストのように赤い矢印の幅を変えることができるのが骨盤矯正です。
骨盤矯正をする時には幅を覚えないと小さくなったのが、わかりませんので、幅を覚えてもらいます。
当院のスタッフなどがメジャーで測る事はありませんので自分で触っておぼえてもらいます。
しかし骨盤の横に手を当てただけではわかりません。
骨盤の幅を感じようとしないと、わかりません。
その為、簡単なんですが、難しい触り方です。簡単だと思って触った方ほど、小さくなっても分からないと言う方もいます。
その為、強制はできませんが、しっかりと触ることをお勧めしています。

骨盤の触り方

骨盤の触り方はシンプルです。
①骨盤の横に手を当てます(両側に)
②中心部に向けて少し力を入れます。
③左右差を感じようとして触ります。
これだけです。
触る位置
触る位置は骨盤の真横であり股関節の少し上です。
今でも触って見て下さい。この幅を変える事ができるのが骨盤矯正です。

 

骨盤矯正をしたあと

骨盤矯正をしたあとに、もう一度、触ってもらいます。骨盤が小さくなったのが、わかると思います。
そして副次効果としてウエストも細くなっています。
骨盤が小さくなったのにウエストの幅を変えないと余計に太って見えます。
あとは最低でも数回、受けて下さい。
また、体質改善でさらに変える事もできます。
北九州市八幡東区からも多くの方が訪れる骨盤矯正なら感想が多い30年のカイロプラクティック徳力整体院。
骨盤矯正で小尻になるならボキボキもしない痛くもない矯正をしている30年の経験で安心のカイロプラクティック徳力整体院。

骨盤矯正とは歪みやズレだけではない

30代の女性 (北九州市八幡東区から)
最近パンツを履いても足元がきつくなって骨盤も太くなったような気がするので骨盤矯正で骨盤を小さく小尻にするために骨盤矯正を受けに来ましたが本当に骨盤が小さくなるのか疑問でしたが受けてみて本当にわかったことがあります。わかったことは本当に骨盤が小さくなって行きましたが一回では無理だと思うので思い切って10回前後を受けてみようと思っています。

40代の女性 (北九州市八幡東区から)
スカートを履いたりジーパンを履いたりする時にきつくなってきたので骨盤が大きくなってしまったのかなと思って骨盤矯正を受けに来たんですが骨盤矯正と言っても色々な方法があるとテレビで特集していましたが骨盤を小さくするためには何をすればいいのかということもありますが骨盤ベルトを巻いて運動したりもしたんですが効果がイマイチだったような感じなので実際に専門家の方に任せてみたいと思って骨盤矯正の予約をしました。骨盤矯正を受けてみた感想なんですが本当に骨盤が小さくなっていくということが自分でもわかるようにしているのが、ここの特徴だと思っています。

30代の女性 (北九州市八幡東区から)
最近は鏡も見ても骨盤がお尻が大きくなったような気がするのでお尻を小さくするために骨盤矯正を受けてみたいと思って骨盤矯正ができるところ探していましたが整体の骨盤矯正を見ましたので予約させてもらいましたが本当に骨盤矯正をして骨盤が小さくなるのかということがすごく不安でしたが実際に受けてみると骨盤矯正に入る前に自分の骨盤を触ることからしてもらいますので骨盤が小さくなったのが自分でもわかりました。

 

北九州市小倉南区の40代の女性

最近、パンツがきつくて、以前はスーッと入ったのがきつくなりました。太ったのかと思いましたが体重は以前とは、あまり変わりません。そこで骨盤矯正を受けて見ようと思い来ました。
知り合いから紹介されたのですが痛くないから行ってみたら、と言う事でしたので、ここは骨盤矯正をする前に幅を覚えることから入りました。矯正する前と、矯正したあとを比べる事ができます。
矯正を受けている時も痛くもないし少しずつ履いてきたスカートのウエストの部分が緩くなるような感じがします。骨盤も矯正したあと触って見ると、本当に骨盤が小さくなっているのが、わかりました。

 

北九州市小倉北区の20代の女性

なんだか、以前とお尻が大きくなったような感じがして骨盤矯正を探していました。スマホで検索すると下の方に出てきましたのでスマホから予約しました。まず、今の自分の骨盤の大きさをおぼえて下さいと言われたので、説明を受けながら骨盤の横を触って確認しました。少し難しい触り方でしたが比べられると言う事だったので、一生懸命、おぼえようと思い、触りました。
他でも1度、受けたことがありますがスタッフの方がメジャーで測っていました。メジャーで測ると2センチくらい変わったと言われましたが、自分では実感がありませんでした。
でも、ここは違います。
自分で骨盤の幅を確認できるからです。実際に受けて見て骨盤が小尻になったのが分かるしGパンのお尻に部分が緩くなったように感じました。

 

北九州市八幡東区の30代の女性

以前、旅行に行った時に、たまたま写真に自分のうしろ姿と、お尻に部分が撮影されたのですが、なんだか、お尻が大きいなと思いました。うしろ姿は見ることができませんが、できたらお尻を小さくしたいと思い来ました。
整体の先生から骨盤の歪み・骨盤の開きと骨盤の骨がハレていると言われました。骨盤の歪み・骨盤の開きだけでも浮腫み、脂肪が多くなってしまうと説明がありましたが、骨盤の骨がハレるなんてあるのかなと言う思いでしたが、実際に先生が矯正していくと、本当に骨盤が小さくなっていきました。今では骨盤矯正だけではなく体全体を細くしたいので、しばらく通院させてもらいます。