整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

小顔矯正

顔を小さくする小顔矯正をしています。当院ではボキボキもしないし、痛くもない、小顔矯正をしていますので、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、顔が小さくなっていく、小顔矯正をしています。

人気ある小顔矯正

小顔矯正をしていく時にはどうやって小顔にしていくのかというと、マッサージをするような感じだと思ってもらえれば一番近いと思いますので、マッサージをするような感覚で顔を小さくすることができますが、マッサージをしているわけではありません。

 

小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感覚で揉んでいるだけで、顔を小さくすることができます。

 

しかし、顔を揉んで小さくすることはできないと思いますし、マッサージをして顔が小さくなることはないと思いますので、マッサージとは違います。

 

今まで30年間、小顔矯正をしていきましたが、全員の方を顔を小さくすることができていますので、マッサージをするような感じで顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、顔を小さくすることができます。

痛くない小顔矯正

他の小顔矯正をしている治療院ではどういうことをしているのかはっきり分かりませんが、当院では痛くないし、ぼきぼきもしないし怖くもない、マッサージ感覚の小顔矯正をしています。

 

そして、当院の特徴では、自分で大きさが分かるようにしているのが特徴です。

 

大きさが分かるというのは、小さくなったのが分かるということなんですが、当院の特徴として自分で比べることをしてもらいます。

 

自分で比べることができるのが特徴なんですが、小顔矯正をした後と小顔矯正をする前を比べることができます。

 

そのため、小顔矯正をする前に触って覚えてもらっとかないと小さくなったのが分かりませんので、小さくなったのが分かるように小顔矯正をする前に顔を触って覚えてもらうことをしていますが、簡単なようで簡単ではない触り方なんです。

小顔矯正の触り方

小顔矯正をする時の触り方というのは、両方の手首を合わせるようにして顎に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

 

単純にこれだけが顔の触り方なんですが、ただ単にこれだけしていると手を置いているだけですから、小さくなったのが分かりません。

 

小顔矯正をしていく時には鏡で見て、自分の顔の形を確認してみてください。

 

多くの方の顔の形を見てみると、左右差が違うのがよく分かると思いますので、左右の違いが分かるということが、小顔矯正をしていく時には重要になります。

 

これを矯正をしていく時には、顔が10センチも20センチも30センチも小さくなることはありませんので、顔が小さくなるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりという感じですから1センチ変わってもしっかりと分かるように触っておいてほしいんです。

 

たとえ1センチ変わっても判るように触っておいてほしいのですが、触り方は簡単なんですが、ただ単にて手だけ触っただけでは分かりません。

 

鏡で見て、顔の形がわかったら、今度は目を閉じて手首を合わせるようにして顎の部分に充てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触ってみてください。

顔をしっかり触る

この時に手のひらや指が浮いていないかということを鏡で見て確認をしてください。

 

浮いた部分は分かっていませんので、浮かないようにして触ってください。

 

手のひらを顔に密着させることができたら、左右さを感じようとしてください。

 

左右差を感じようとすると、手の集中力が増して大脳にある感覚神経を働かせることができます。

 

目で見るよりも手で感じとるということは大変難しいので、手の集中力と大脳の感覚神経を働かせることをするとしっかりと分かってきますが、時々小顔矯正を希望されて訪れた方の中に分からないという方がいますので、分からないという方は感じようとしていません。

 

ただ単にてだけを顔に置いただけではまた手を顔に当てただけでは分かりません。

 

手を置いただけではなく、当てただけではなく大きさや形を記憶しようとして触らないとわかりません。

 

触り方がわかったら、小顔矯正に本格的に入っていきますので、治療する台に上向きで寝てもらいます。

本当に小さくなる

寝てもらってもう一度、顔の大きさを触ってもらえますので二度も練習するというのは本当に顔が小さくなることに自信があるからです。

 

当院では顔を触る時に自分で触ってもらうことをしていますので、スタッフがメジャーや継続する道具で測ったりすることはありませんので、自分で触って分かるように覚えておいてください。

 

小顔矯正を入る時には、院長はマッサージをするような感じで、顔を小さくすることをしていると説明したように、本当にマッサージをするような感じで顔を持っているだけで小さくなるという小顔矯正をしています。

これは当院だけの特徴なんです。

当院では小顔矯正をしていく時には検査することをしていますので、今まで多くの方の検査をしてきましたが、院長から体調はどうですかとか聞かれると全員の方が体調は悪くありませんとか、調子は悪くありませんと答えていますが、検査をしてみると体が異常と思えるほど歪みや開きが起きているのが分かります。

 

体に歪みやズレが起きているということは、体調が落ちて悪くなっているということを示していますが、それを感じていないのか黙っているのかということが一番の小顔矯正をしていく時の問題になります。

 

小顔矯正をしていく時には、体調が落ちていると顔にむくみや脂肪が多くなっていることがあり、顔の変形まで起きている方が多くいますので、特に顎の部分がむくみや変形を起こしている方が多くいます。

顎の部分がスッキリする

体調が落ちていたり、調子が悪くなるということは、疲れやストレスが多く、たまっていますので、毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや色々な物事をしたりすると体には多くの疲れやストレスが溜まっていきます。

 

しかも疲れやストレスというのは、溜まるところがあるから溜まっていますから、たまるところが一番の問題なんです。

 

疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので、体重の半分以上が水分だということなんですが、水分と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったりという感じの水です。

 

水に何かが起こったりすることはないと思いますし、水分に疲れ、ストレスがたまるとは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れやすいですが、たまるところが存在しています。

 

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨の重さと中枢神経系の脳の重さ、内臓の重さになります。

疲れやストレスと小顔矯正

この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは一番は内臓と筋肉になります。

 

疲れやストレスが内臓に溜まったりすると、体の歪みや開きが起きたり、ズレが起きたりしますので、それだけリンパの働きも悪くなって老廃物が多く蓄積していきむくみになっていきますが、むくみというのは浮腫と同じですから体調が良くない状態の方が多くなっていきます。

 

脂肪が多くなりやすい方も脂肪というのは体調の悪さから多くなる場合が多いようですから、体調を整えていくことでも脂肪が徐々に減っていくということが起きたりします。

 

小顔矯正をしていく時には、体調の落ちている原因になっている疲れやストレスが一番の敵になりますので、疲れやストレスが多い方は顔を小さくしても細くなる確率が減ります。

そして、体調の悪い方は維持することはできません。

小顔矯正をしていく時には、顔が小さくなる効果がありますが、体から整えていくことをしないと顔が小さくなりにくく維持することができないということもありますが、初回からは色々なことをするとだるくなりやすいので、初回は顔を中心に触って顔を小さくすることをしていきます。

 

疲れやストレスというのは簡単には減りません。マッサージをしてもサプリメントを飲んでも運動しても筋トレしてもジョギングをしても、低周波治療器などの電気をかけても疲れやストレスは減ることはありませんし、内臓に1度蓄積された疲れやストレスは簡単には減ってくれません。

 

しかし、簡単には減らない、疲れやストレスだからこそ減らすことができれば顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので、顔の部分にも疲れやストレスが溜まるということがありますが、顔の部分全体的に疲れやストレスを減らすことができれば顔が小さくなって特に顎の部分はすっきり細く引き締まっていくという小顔矯正です。

 

 

 

八幡東区と八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が小顔矯正に訪れています。

page top