整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

小顔矯正

小顔矯正をして行く時には多くの方が本当に顔が小さくなるのかということを聞きたいと思いますし、小さくなったらなったで維持することができるのか、持続力があるのかということをよく聞かれますので、説明をしていきたいと思いますので、しばらくお付き合いしてください。
小顔矯正をしていく時にはどうやって顔を小さくすることをしているのかということを一番だと思いますので、痛くもなくボキボキもしないし、顔を無理やり押さえつけたりすることもない、小顔矯正をしていますが、当院の小顔矯正はしばらく通院して小顔矯正を受けてもらうことをしてもらえれば顔だけではなく全体の見た目を細くすることができる小顔矯正をしています。

 

小顔矯正といっても、ただ顔を小さくすればいいというわけではなく、顔を維持していくためにはどこをすればいいのかということが色々あるんです。

 

ですから、顔を小さくしたからといって安心していることはできませんので、どうやったら維持することができるのかということを気にしなければいけません。

 

小顔矯正をしていく時には、当院ではマッサージをするような感じだと思えば分かりやすいと思いますので、実際にマッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして小さくなることはないと思いますけど、実際にマッサージをしているような感覚で顔を問題にしていると顔が徐々に小さくなるという、小顔矯正をしています。

 

しかし、何回も言いますが、マッサージをしているわけではありませんけど、隣で小顔矯正を見ている方がいるとしたら、マッサージをしているようにしか見えないのでマッサージ感覚で小顔矯正をしているといいます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には、当院では顔を比べてもらうことを重要視していますので、自分の両方の手のひらを顔に当てて顔の形や大きさを覚えてもらうことをして小顔矯正に入っていきます。

 

自信があるからできることなんですが、小顔矯正をした後と小顔矯正をする前を比べることができます。

 

しかし、触り方は簡単なんですが、簡単に触った方ほど、小さくなったのがわからないという方がいますので、顔に手を当てただけでは分かりません。

 

顔に単純に手を当てただけで大きさがわかれば苦労しませんので、単純に照れを顔に置いただけでは判断ができません。

 

顔の大きさを触ってわかるということは、感覚神経が働かなければわかりませんので、単純に顔を触っただけでは感触や大きさや幅や形を覚えることはできません。

 

今まで30年間で小顔矯正を多くの方に来てきましたが、8割から9割の方が分かってもらうぐらいしっかりと触ってもらっていますが、1割から2割の方がどんなに小さく変えても、顔の変化がわからないという方がいましたので、出来るだけ100%を目指していますので、しっかりと触って覚えてもらっています。

 

顔が小さくなってもわからないということは、後で説明をしますが、睡眠負債状態が多くある方なんです。

小顔矯正の触り方は

小顔矯正をする時には、簡単な触り方をしてもらっていますので、しっかりとわかってもらうために二度ほど触り方の練習をしています。

 

小顔矯正をするときには、顎の部分に両方の手首を合わせるようにして触って、手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。

 

そこからさらに左右さを感じようとして触るわけです。

 

左右差がわからないと変化がわかりませんし、どんなに小さくなっても小顔矯正と言っても10センチも20センチも30センチも顔が小さくなることはありませんので1センチだったり2センチだったり3センチだったりという風に顔が小さくなっていきますので、しっかりと触って覚えてもらうことをしています。

 

たとえ1センチ変わっても判るように触ってもらうことが基準ですから1センチ変わってもすごく大きく変わっていますので、特に変わりやすいところは顎の部分がスッキリ行きしまっていき、シャープになっていきます。

 

どれぐらい変わるのかはやってみないとわかりませんので、しっかりと変化が分かるように触って覚えてもらいたいのですが、どうしても手だけ上げている方で何も頭の感覚神経を使って感じようとした方がよく分かると思いますので、感じようとすることができない方は小さくなったのが分かりません。

 

そのため、わからないということがないように、まずは鏡で見て顔の形をしっかりと覚えてもらうことをしていますので、例えば右側の顔が出っ張っていたり、左側の顔が1部分だけが大きく張っているということがあると思いますので、それを目で見て確認してもらいます。

顔の大きさをしっかりと触って

自分の顔ですから、鏡で見て左右差がわからなければいけませんので、しっかりと鏡で見て確認してもらうことをしています。

 

鏡で見てわかったら、今度は目を閉じて自分の両方の手のひらを顔に当てて目を閉じた状態でどう感じるかしっかりと判断をしてください。

 

顔が小さくなったのが分かるようにしてもらうためのものなんですが、触り方は簡単なんですけど、触り方以上に難しいのが感じようとすることであるし、分かろうとすることで左右さを感じようとしてもらえますので、左右差を感じようとする時に大脳の感覚神経が働いて集中力が増しますから、集中力を増すことで変化がわかるということなんです。

集中力を増して感じること

大脳を働かせるということは、すごく難しいことなんですが、それを簡単に触ってしまった方ほどわからないという方があるのは当然ですから、単純に手を置いただけで幅や大きさが分かるわけはありませんから分かろうとしてください、感じようとしてください。そうすればしっかりと顔が小さくなったのが分かります。

 

ボキボキもしないで痛くもない方法で小顔矯正をしていますので、力を抜いて寝ているだけで顔が小さくなっていき、小さくなった状態を確認してもらうために小顔矯正をした後にもう一度、同じ触り方をしてもらいます。

 

顔を触る時にベタベタと体を動かす方がいますが、動かせば動かすほど感じてもいないし、分かってもいないし、左右差もわからないという状態の方がいますので、手は絶対に動かさないでください。

 

初めに触った部分と同じところを触ります。

 

では、必ず動かさないでください。

 

人の感覚神経というのは、そんなに手を動かしてわかるわけはありません。

小顔矯正をしていく時には

小顔矯正をしていく時には、先程、説明したように顔をマッサージするような感じで顔を揉んでいるだけで顔が小さくなるという小顔矯正をしていますが、当院の院長は30年の小顔矯正の経験がありますので、特殊な技術と検査することができます。

 

小顔矯正をしている時には、全て矯正する時の検査をする事をしていますので、検査をしてみると顔にも異常がある部分が多く見受けられますので、異常がある部分を正常に戻していくことができれば顔が小さくなるという、小顔矯正です。

 

当院の小顔矯正はしばらくの小顔矯正の治療を受けてもらうことが前提として、体全体を整えていくことで顔だけではなく骨盤も小さくなったり、ウエストも細くなったり、体全体が引き締まっていくという効果がある、矯正もしています。

 

例えばですけど、当院の小顔矯正をしばらく受けた方が背の部分の厚みがかなりあったんですが、それが徐々に小さくなって胸板が薄くなっていくということも起きています。

 

小顔矯正をしていく時には、初回は顔だけ触って小顔矯正をしていきますが、最近は本当に多くの方が奈落の底のような体調をしているし、どん底のような体調をしている方が多くいますが、院長が体調はどうですかとか聞くと小顔矯正を希望されて訪れた方全員が体調は悪くありませんと答えています。

 

しかし、検査をしてみるとわかりますが、体調が無茶苦茶と言っていいほど悪い方ばかりが小顔矯正を希望されて訪れていますので、今まで30年間で1人も体調がいいという方はいませんでしたが、全員は体調がいいと言います。

体調というのは

体調というのは疲れやストレスの蓄積と内臓疲労が原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていて、背骨のズレが起きてガタガタ状態になっているからです

 

こんな状態の方が顔を小さくしても維持する力はある訳はないし、持続力なんかはありませんから体を整えていくことも一番重要になりますが、体調が悪いと小顔矯正をしても小顔矯正した後にだるくなる方がいます。

 

顔を小さくする体にすごく影響を起こしていきますので、影響を起こすことが内臓の働きの低下があるのがクリアされないとだるくなるということが起きてしまいます。

 

しかし、徐々にだるくなることはなくなりますので、体調や体力が上がってさらにその時には引き締まっていくという効果はあります。

 

八幡西区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区から多くの方が小顔矯正に訪れています。

page top