小顔矯正

 

小顔矯正とは読んで字のごとく顔を小さく矯正していくことをするのが小顔矯正ですから、遠いんでは初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。小顔矯正をしていく時には、ボキボキもしないし、顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、痛くもない小顔矯正をしていますが、どうやって小顔矯正をするのかというとマッサージをするような感じで、顔を揉んだりすることで、顔が小さくなるという特殊な小顔矯正をしていますので、単純にマッサージをすることをして顔が小さくなることはありませんので、マッサージをしているわけではありません。
本当に横で見ている方がいても、顔をマッサージするようにして顔を小さくしていくことができるので、特殊な小顔矯正をしていますので、無理やり抑えつけたりすることもなく、簡単にしているように見えますが、簡単にしているわけではなく、簡単にしているような技術ほど難しいものはありません。

 

本当に当院の院長が小顔矯正をしていきますが、顔をマッサージするような感覚で顔を小さくすることができるという特殊な技術を持っているからできる技です。小顔矯正をしていく時には本当に顔を無理やり押さえつけたりすることもなく、顔を小さくすることをしていますが、当院の小顔矯正は自分で小さくなったのができるだけわかるようにしています。

 

小顔矯正をしていく時には全員に対してメジャーで測ったりすることもなく、スタッフが機械で測ることもなく、手で触ってもらうことをして小さくなったのが分かるようにしていますので、自分で比べることができますから、小さくなったのが分かれば笑顔が違います。

 

他人が測ったり、小さくなったということを一人から言ってもらうことと自分で分かるということがすごく違うんです。自分で顔が小さくなったのが分かれば最高だと思うんですけど、最高だと思うには触り方が一番重要になります。

 

自分で顔が小さくなったのが分かる訳ですから、顔を触っておかないと分かりませんので、小顔矯正に入る前に自分の両方の手のひらを顔に当てて幅や大きさなどを触って覚えてもらうことをしていますが、簡単であって簡単ではないのが顔の触り方なんです。

 

簡単だと思って触った方ほど、小顔矯正をして顔が小さくなっても分からないという方がいますので、小顔矯正をする時には10センチも20センチも顔が小さくなることはありませんので1センチだったり2センチだったり三センチだったりという風に顔が小さくなっていきますので1センチ小さくなっても分かるように触っておいてほしいんです。

 

1センチ変わっても顔が小さくなっている訳ですけど、特に顎のラインはスッキリ細く引き締まっていきますのでしっかりと触って覚えてもらえることをしていますが、時々わからないという方がいますし、クエスチョンマークが浮かんでいるような顔をしています。

顔の触り方

できるだけこういうことがないように当院では小顔矯正をする前に二度ほど練習をします。しかし二度練習してもわからないということは分からない訳ですけど、わからない方は睡眠負債状態がある方がわからないようです。

 

睡眠負債状態が多くある方がいくらどんなに触っても分からなくなっていますので、睡眠負債状態を改善することをしないと大脳が働いてくれませんので、大脳が働かないと感覚神経は働きません。

 

小顔矯正をする時の顔の触り方というのは、両方の手首を合わせるようにして、顔の顎の部分に当て手のひらと指を顔に密着させるだけなんですが、ただ顔を触っただけでは分かりません。

 

顔を触ると顔というのは顔が左右対称の方はいませんので、左右差があるということなので、左右さをわかるように感じようとして触るということが一番大切なんですが、感じようとする分かろうとすると手と集中力と大脳にある感覚神経が働き出しますので、感覚神経と記憶で大きさをわかるということなんです。

 

ただ、顔に手を当てるだけではなく、感じようとするとわかりませんし、左右差というのが一番わかりやすいと思いますので、左右差を感じようとして触ってもらいますが、どんな左右差があるのかということは、比べてみれば自分で分かると思いますけど、ヒントとしては右側が全体的に大きいとか左側-1部が分が大きいとか左右差があります。

 

できたら今でも目を閉じて顎の部分に両方の手首をくっつけて触って手のひらと指を密接させるようにして触ります。

 

この時に顔の左右差が分かればオッケーです。顔に手を当てただけの方は分かりません。

 

本当に何回も言いますが、顔を触るというのは簡単なことではありませんので、簡単なようで簡単に触ってしまった方ほど顔が小さくなっても分からないという方がいますので、そういうことがないようにしっかりと触ってください。

小顔矯正と疲れやストレス

元から顔の触り方が上手くても強くは言うことはできませんので、しっかりと自分で判断しながら触って覚えてもらうことをしていますので、出来るだけしっかりと感じようとすることを覚えてください。

 

中には感じようとすることができない方もいますので、そういう方は睡眠負債状態が多くなっている方です。

 

小顔矯正をする時には一番、厄介になるものと一番、敵になるものというのは疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスが多くなればなるほど、身体には歪みやズレが起きていますので、必ず誰でも生活している限りに来ている限り、疲れやストレスは溜まっているものなんですが、疲れやストレスがどこに溜まるのかということが一番、小顔矯正をしていく時に邪魔になるものになります。

 

疲れやストレスを減らすことができれば、顔が小さくなっていくからです。

 

しかし、疲れやストレスにはたまるところがあります。

 

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞れば水分が65キロにもなりますので、体重の半分以上は水分だということなんですが、水分が何かを起こすということは考えられませんので、水分以外のものに疲れやストレスがたまるということです。

 

三後残った35キロの中に疲れやストレスが溜まりやすいところがあると思いますので、それは皮膚の重さ、筋肉や靭帯の重さと脂肪の重さと骨の重さと神経と血管とリンパになります。

 

そして、あと残ったものは中枢神経系と内臓です。

 

この中で疲れやストレスが溜まりやすいと考えられるのは、内臓と筋肉なんですが、中枢神経系も内臓-1部ですから疲れやストレスというのは内臓と筋肉にたまるということなんですが、最近研究をしていてあることが分かりました。

 

あることというのは、内臓と筋肉でも新しいと思われる、今まで聞いたことがないと思われると思いますが、顔の骨や皮膚にも筋肉にも脂肪にも疲れやストレスが溜まるということが分かったので、体のあらゆるところに疲れやストレスが溜まっているということなんです。

 

体には疲れやストレスがたまらないところはないということですから、最近分かった最新の治療技術では色々な部分に疲れやストレスが溜まってしまっているということなんですから、顔にも疲れやストレスが溜まっているということで顔にたまった疲れやストレスを減らすことで顔が小さくなり、特に顎のラインは疲れやストレスが多くたまっているということが分かったからです。

 

顔に疲れやストレスが溜まると、たとえばですけど、骨も炎症を起こしたり肥大したりということが起こっているみたいなんです。

 

顔の脂肪やむくみも多くなるのも炎症や腫れが起きているせいなんですが、炎症や腫れが起きる原因は疲れやストレスが原因なんです。

 

検査することをして色々な部分に疲れ、ストレスが溜まっているということがわかった関係で、それを減らすことをしていけば正常に戻って行けば行くほど顔が小さくなっていくということが起きてしまうわけです。

 

小顔矯正をしていく時には一番邪魔になるもの少なければ少ないほどいいものは疲れやストレスですが、疲れやストレスも色々な部分にたまっているとことなんですが、本当に多くの方が疲れやすくをためてしまっていますので、初回から顔が小さくなるというのは疲れやストレスを減らしていけば顔が小さくなり、顎のラインがスッキリ細く引き締まっていこうということなんです。

睡眠負債と小顔矯正

小顔矯正をしていく時には、もうひとつ邪魔になるものをまたは天敵になるものがありますので、邪魔になるものというのは睡眠負債状態なんです。

 

最近は多くの方が睡眠負債状態だということも気が付かないで目が覚めないから出ていると勘違いしている方が多くなっています。

 

眠りというのは、大脳が休養とって寝ていることを言いますので、熟睡状態のことを言うんですが、夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますが、夢は長時間見ていたなという記憶があっても脳が起こすトリックであり、短時間で夢を見ています。

 

寝ている時にすぐ眠れるし、朝まで目覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているんですが、眠りというのは先程も説明したように大脳が休養とって寝ていることだけを言います。

 

大脳が休んでいない時というのは、夢を見ている時と寝ながら考え事をしているという最悪だ睡眠をしている時です。

 

多くの方が寝ながら考え事をしてる時間が5時間も6時間もあって目が覚める瞬間に夢を見ているから夢しか覚えていません。

 

寝ながら考え事をしている時間が圧倒的な枠なると、睡眠負債も多くなっていきますので、睡眠負債が多くなると大脳が極端に弱っていきますので、どんなに痛みやコリが起きているような状況があっても痛みや凝りを感じません。

 

つまり、麻痺した状態になっていき、どんなに内臓に負担が起きていても何も感じませんし、風邪を引くこともできません。

 

風邪というのは大脳が元気だから、ウイルスや細菌が体内に入って装飾したら熱を上げていくのが脳の役目なんです。

 

ウイルス細菌が熱を上げるのではありません。

 

大脳がウイルス細菌を減らそうとして、又は殺そうとして熱を上げていくんです。

 

大脳の弱りがあまりにも強い方は、脳内麻薬が多く分泌されますので、脳内麻薬が分泌されるとモルヒネに似た物質であるために痛みや栗を感じなくなったり、ハイテンション状態になっていますが、ハイテンション状態になっているということも分からずに体調は良いと思っています。

 

この状態に陥った方が小顔矯正をする時に顔の小ささは感じ取ることができませんので、初めに触る左右差を感じ取ることができなくなって顔が小さくなってもわかりません。

 

そして、大脳が弱ってしまったり、疲れやストレスが多く蓄積した方は維持することもできませんし、持続させる力なんかあるわけはありません。

 

場合によってはイライラしやすくなったりとか、うっかりや物忘れが多くなっていきますので、眠れている訳はありませんから脳細胞の急激な現象が起きていきます。

 

本当に体調が良ければ骨盤の歪みや骨盤の開きはありませんし、背骨がズレすぎてガタガタになっているということはありません。

 

体調が良ければ骨盤の歪みや骨盤の開きはありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には、睡眠負債状態と疲れやストレスの蓄積で内臓疲労が起きているのが一番厄介なんですが、顔全体にも疲れやストレスが溜まり、顔に関係する大脳にも疲れやストレスが溜まったり一番大事な脳幹に疲れやストレスが溜まってしまっているという方までいます。

 

疲れやストレスを溜まってしまった部分から減らしていくことができれば、その部分は細く引き締まっていきますので、特に骨を小さくすることができるのは疲れやストレスを減らすことができるからです。

 

疲れやストレスが骨に溜まったり、筋肉に溜まったり、脂肪に溜まったりするとぶよぶよになったり、多くなったり肥大したり変形したりという色々な状態が起こりますので、それらを見つけ出すことをするために検査をする事をしていますので、検査をして異常が分かったところを正常に戻す、小顔矯正をしています。

 

 

 

 

 

八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区から小顔矯正が人気。

トップへ戻る