小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正 小顔矯正 をする時には、どうすれば顔が小さくなることができるか、何をしたら顔が小さくなる小顔矯正をすることができるのか、ということが一番気になると思いますし効果があるのかまたは持続性や維持する力があるのかということが問題だと思いますので説明をしていきたいと思います。
当院では小顔矯正をしていく時にはボキボキもしないし痛くもない怖くもない小顔矯正をしていますが、初回から顔が小さくなることで人気があって評判のいい小顔矯正です。

 

小顔矯正をしていく時にはただ顔を小さくしてほしいと思うことも構いませんがどうやったら顔が小さくなることができるのか、どうして顔を小さくすることができるのかということも考えなければ小顔矯正をして顔が小さくなる意味はないと思います。

 

当院では小顔矯正をしていく時には本当にボキボキもしないし痛くもないし強くもないと思われる小顔矯正をしていますし初回から顔が小さくなることで評判がいいんですが 当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますので検査をしてみると大変なことがわかります。

 

小顔矯正に訪れた方多くの方が 院長から体調はどうですかと聞かれると全員が体調はいいですとか調子は悪くないですとか言われますが偏差をしてみると全員が無茶苦茶と言っていいほど体調が悪く奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調している方が多くいますが普通では考えられない状態なんですが寝込んでいなければならないほど悪い状態でも平気な顔をして体調は良いと思っている方が多くなっているせいです。

 

普通は体調が悪いと寝込んでいなければいけないほど歪みやズレが起きたり調子の悪さを感じなければいけませんがあることが起きていると痛みやコリを感じなくなって麻痺した状態で平気な状態で体調は良いと思っている方が多くなっている関係があります。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていくときには全員が体調の検査をしますが初めから色々調整はできませんので小顔矯正に来たわけですから顔を小さくすることに専念していきます。

 

小顔矯正をする前に当院では2度ほど顔を触って大きさや幅を覚えてもらう練習をしています。

 

顔を触る練習は1度目は院長と向かい合って机の前で座って 顔をこういう風にして触るということを 触り方を練習します。

 

二度目の練習は 小顔矯正をする台に上向きになってもらって 息止めと同じようにして触ることを言いますのでそれで触ってもらってその上から院長がフォローしながらこういう風にして触るんですよと教えしますのでその通り触ってください。

 

小顔矯正をする時には両方の手首を合わせて顎の部分で合わせます。

 

顎の部分で合わせたら手のひらと指を犯さないようにして顔全体に覆うようにして密着させていきます。

 

手のひらや指が浮いたところがないか鏡で確認してもらっても構いませんので 浮いたところがないかということを確認してください。

 

そしてさらに 左右差を感じようとしてください。 一番大事なことが左右さを感じるということなんです。

 

顔というのは左右が対象ではありませんので必ず右側が大きく張っていたり 左側の一部が出っ張っていたりという左右の非対称状態がありますのでそれを触って覚えておかないと小顔矯正をした後に変化したのがよくわかりません。

 

計測する道具で測ることも構いませんが当院では手の感覚神経を大事にしていますので手の感覚神経でわかるようにして顔を小さくすることをしていますので自分の両方の手のひらで顔が小さくなったということが分かるのが特徴です。

 

しかしこの触り方は簡単なようで簡単ではありませんので特に感じようとすることができない方が時々いますので顔の大きさを感じようとすることができないと変化しても小さくなってもわからないという方が時々います。

 

できるだけ顔を小さくすることをしていきますが顔が小さくなったぶんだけ体調や体力がないとだるくなるか違いますので小顔矯正をした後はだるくなると思った方がいいと思います。

 

小顔矯正をしていくときにも基本的には体の体調や体力が必要になりますので体調や体力が低下してない方ほどだるくなることがあります。

 

小顔矯正をしていくときには基本的には体調や体力やまたは脳の力を上げていくことをしないと顔の小ささを維持することができませんので脳の力が落ちた方ほど 顔が大きくなったり浮腫みやすく脂肪になりますが限界を超えて行くと今度は小さくなっていきます。

 

高齢の女性の方で顔が大きな方はいないのは、この関係です。

小顔矯正は

小顔矯正をする時にはボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしていますので力を抜いて寝てもらっているだけですから安心なんですが必ず変化をお見せするために顔を触ることをしてもらいますので変化がわかるように触って覚えてください。

 

小顔矯正をする時には院長が小顔矯正をしていきますが院長は特殊な技術を持っていますから顔をマッサージするような感覚で小顔にすることができます。

 

マッサージをするような感覚で顔を揉んだりすることで顔が小さくなっていきますがそれには理由があります。

 

今まで多くの方の小顔矯正をしていきますが当院の院長は検査することができますので顔の異常のある部分を見つけて正常に戻していくことで顔が小さくなるという小顔矯正をしています。

 

小顔矯正をしていくときには特に顎の部分や頬骨の出っ張りなどが減って 顔がすっきり細く引き締まるという小顔矯正をしていきますので顔のむくみや脂肪を減らすことができます。

 

当院の院長は検査をすることができますので検査をしてみると皮膚や筋肉や皮下脂肪や顔の骨まで炎症や腫れがあるということが分かっているからです。

 

今まで顔に炎症や腫れがない方はいませんので全員が炎症や腫れがあると思ったほうがいいと思いますので炎症や腫れを整えて抑えていくことをして行くと顔が小さくなって小顔になっていきます。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていく時には検査することをして 顔を小さくすることをしていますが検査をしてみると特に顎の部分などは大きくで待っていて炎症や腫れを起こしていますので炎症や腫れがあるところほどむくみやすく脂肪が多くなるということで骨自体も肥大して変形を起こしながら大きくなっていきます。

 

炎症や腫れを起こしている部分を見つけて正常に戻すことをしていけば顔が小さくなってすっきりしていきむくみや脂肪も減るということで人気があるのが東員の小顔矯正の選ばれるわけです。

 

しかし検査するということも簡単な方法ではありませんが園長は簡単な方法ではない検査技術を持っているからできる技なんですしまた炎症や腫れを抑えて減らしていくということも大変な作業になりますので簡単にしているわけではない小顔矯正です。

 

しかし多くの方が簡単に考えて小顔矯正を受けていますが当院の院長は一度も簡単に小顔矯正をしていると言ったことはありません。

小顔矯正をした後

小顔矯正をした後に顔が小さくなって触ってもらいますがそれだけではなく体も整えて行ったり脳を元気にして行かない限りは持続性を維持する力はなくまた崩れやすくどんなに顔を小さくしても効果が半減してしまいますので一回で終わる小顔矯正はありませんので体や疲れやストレスを改善したり骨盤の歪みや背骨のズレを整えたり脳の部分を元気にすることをしたりということをして持続性頭位にする力そして全体的に体調を上げていくことをしています。

 

基本的には小顔矯正と言っても顔だけで小顔矯正をしていくと効果がなかったり持続性がなかったり維持する力がなかったりを取りやすくむくみやすく脂肪が多くなるということは当然なんです。

 

小顔矯正には関係する部分が多くありますので顔だけ小さくしていけばいいというわけではなく全体的にトータル的に確認をしながら体を変えて行くことをしないと顔が小さくなることはありませんし維持することなんかはできません。

 

体質改善の治療というのがありますが体質改善の治療で小顔矯正をしていくと維持する力や持続性や体が若返っていきますので若返りの治療というのは小顔矯正の特徴の一つです。

 

しかし体質改善で小顔矯正を行う矯正は初回からはできることはありませんので2回目か3回目またそれ以降の治療になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八幡東区八幡西区戸畑区 若松区門司区から小顔矯正が人気。

page top