小顔矯正

小顔矯正

 

小顔矯正 が人気がある初回から顔が小さくなると評判のいい小顔矯正をしていますので顔を小さくする時 には当院が一番です。
当院の小顔矯正は ボキボキもしない知りたくもないし強くもないと思う小顔矯正をしていますので初回から必ず顔が小さくなる小顔矯正をしていますが自分でも小顔矯正をした後を比べてもらうことをしていますので実際に小さくなったということが自分でわかるようにしています。

 

小顔矯正をする時には色々な矯正法があるかも分かりませんが当院では 小顔矯正をするときには自分の両方の手のひらを当てて比べることができる小顔矯正をしていますので安心です。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正に入る前に顔の触り方を2度ほど練習をして小顔矯正に入ります。

 

しかし目で見て大きさを確認するよりも目で見ることができない 自分の顔ですから自分の両方の手の平を顔に当てて幅を覚えてもらうことをしています。

 

目で見て変化を確認するということも構いませんが 鏡を見てということも構いませんけど鏡や目で見ないでも自分の両方の手のひらで大きさの変化が分かるということが一番大切だと思いますので当院では患者さんご自身の両方の手のひらを顎の部分に当ててもらい手のひらと指を顔にくっつけるようにして触ってもらうことをして大きさの変化をわかってもらうようにしています。

 

小顔矯正をしていくときには必ず小顔矯正に入る前に2度ほど練習をしますので できるだけわかってもらうようにしますが簡単なことではありませんので簡単に触ってしまった肩ほど小さくなってもわからないという方がいます。

 

と言うかわからない方ほど簡単に触って分かったような感じをしています。

 

多くの方は小顔矯正をする時に顔を触るとわかりますが100人小顔矯正を希望されて訪れている方がいたらその中の2パーセントの方は分からないという方が時々いますのでわからないということがないように触ってもらうようにしていますが初回から無理に触ってもらうことをしていませんのでできるだけは買ってもらうようにするしかありません。

 

同じ触り方をして同じぐらい小さくなっても分かる方と分からない方がいいます。

 

本当は小顔矯正というよりもうここが一番重要な問題になるのですが触り方ができていなかったり手で触っているだけで感じようとしていなかったり左右さを感じようとしていなかったりという問題もあると思いますが多くの方は頭を働かせることができないという形でわからないという方がいます。

 

小顔矯正をする時には 顎の部分に両方の手のひらを当ててもらって手のひらと指を顔に密着させるようにして大きさを判断するようにしてもらい左右さを感じてもらうようにしています。

 

左右差を感じようとする時には手だけではなく頭も働きますので目をつぶった方がいいかも分かりませんが目をつぶって大きさを判断するようにどの辺が大きいだろうということを集中して考えながら触るようにしてもらった方がよりしっかりと分かります。

頭を働かせて触る

小顔矯正をしていくときには必ず初回から顔が小さくなると言っていますので確実に顔が小さくなっていきますので必ず小顔矯正に入る前に院長と机で向かい合ってい練習をすることと本当に小顔矯正に入る直前に治療するベッドの上に寝てもらって顔を触ってもらう2度ほど練習をしています。

 

1度目の小顔矯正を入る時に大きさを確認する作業というのは院長と向かい合ってこういう風に触るんですよと言いながら触ってもらいその時にどちらが大きいですかと院長がいいますので自分で感じ取るようにしてください。

 

2度目の小顔矯正を触る時には 小顔矯正をする治療する台に植え向きになって寝てもらって先ほどと同じようにして顔を触ってと院長が言いますので顔に手を当てて感じ取るようにしてその手の上から院長が手を重ねますのでその時でもしっかりと分かるという方はいますしその時でもクエスチョンマークが浮くぐらいの方もいますのでそういうことがないようにしてもらいたいと思います。

 

小顔矯正をする時にはメジャーで測ることもしませんので自分で感じ取るようにして両方の手のひらの感覚神経を大切にしていますので感じ取るように左右差を感じるように大きさや幅などで出っ張り度合いなどを感じ取るように記憶してください。

 

メジャーで他人が測ることはいい加減に測ったり位置が違ったり強く測ったりゆるく測ったりといろいろな計測法がありますので正確ではありませんが自分の両方の手のひらは嘘をつくことはしませんので自分の両方の手のひらを顔に当てて触ってもらい覚えてもらうことで小顔矯正を進めていきたいと思っています。

顔を触る時には

小顔矯正に入る前に顔を触ってもらうことをしているので顔の大きさを覚えてもらい小顔矯正に入りますので痛くもなく強くもなくマッサージするような感覚で顔を小さくすることができる小顔矯正をしています。

 

マッサージするような感覚で小顔矯正をしているようにしか見えないので簡単に考えてしまっている方が多くいますがマッサージではなく超がつくくらい特殊な小顔矯正をしているので30年の臨床経験と研究がある製菓でマッサージをするような感覚で院長がすると顔が小さくなるという小顔矯正です。

 

実際にマッサージをするような感覚でしていくので他人が見てもマッサージをしているようにしか見えないし受けてる方もマッサージをしているような感覚しか思えないのでマッサージするような感覚で小顔矯正をしていると言っています。

 

しかしマッサージをするような感覚で小顔矯正をしていくというのは誰でも信じられるものではありませんが本当にマッサージをするような感覚で顔を小さくすることができるという特殊な技術力があるからできる技です。

小顔矯正をする時には維持する力

小顔矯正をする時には維持する力も大切ですし持続させる力も大切ですがこれは小顔矯正をする側ではなく小顔矯正を受ける側に問題があります。

 

持続させるのも維持させるのもご自分の体調や疲れやストレスの蓄積土合眠りの浅さなどに関係がありますので眠りが浅いとホルモンバランスも丸くなりホルモンバランスが悪くなると太りやすくむくみやすく脂肪が多くなっていき顔の歪みや変形まで起こしているという形まで多くなっていますので全体的に小顔矯正と言っても全体的に体を細くすることをしていくことをしていかなければいくら顔だけ小さくしても顔がむくんだままでは意味はありません。

体調からあげる

当院では小顔矯正をしていく時には検査をすることをしていますが多くの小顔矯正を希望される方の検査をしてみましたが皆さん体調が悪く眠りが浅い形ばかりです。

 

普通は小顔矯正をしている時でも他の治療院でも言われることはないと思いますが当院では検査をすることをしていますので検査をしてみると奈落の底のような体調をしていたりどん底のような体調している方が多くなっていますがその悪さを感じていない方が多くなっています。

 

何よりも関係するのは体に蓄積している疲れやストレスと眠りの問題が多く関係していますので眠りが浅いと寝ているようでも寝ていなくて夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方はいいね無理なんですが実はこれが大きな間違いなんです。

 

小顔矯正をしている時には一番最大の敵は女無理なんですが眠りが気がついていない位浅くなっている方が多くなっていますので浅くなればなるほど眠れている理由はないし脳が弱っていき脳疲労が起きていき脳がさらに弱っていくと脳が衰弱状態まで陥った方が多くなっていますが普通では体調の悪さや寝込んでいなければいけないほど体調が悪くても感じ取ることができなければ 体調は良いと思っています。

 

小顔矯正や 骨盤矯正やウエスト細くする矯正に訪れている方はお質問をしてみると皆さん体調はいいですという返事が返ってきますのでそんな状態じゃないのになと思っていてもご希望に沿うしかありませんから。

 

 

 

八幡東区と戸畑区と八幡西区と若松区と門司区から多くの方が顔を小さくするために小顔矯正に訪れています。

page top