小顔矯正をしています

当院では評判の良い 小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもないと思います。
当院では小顔矯正をして行く時には 小顔矯正を希望される方全員にしてもらいたいことがあります。
そのしてもらいたいということは 小顔矯正に入る前に 自分の顔の大きさや幅や 輪郭を覚えてもらうことです。
当院の特徴である小顔矯正は矯正に入る前に自分の顔大きさを覚えて触ってもらうことで 矯正をした後の変化を自分で体験することができます。
小顔矯正

評判の小顔矯正

顔が小さくなったということが自分でわかるようにして小顔矯正に入りますので必ず顔の大きさを 触って覚えるようにしてください
しかし自分の両方の手のひらで 顔を触って覚えるということは鏡で見て判断するよりも簡単なことではありません。
簡単なことではないですが 変化が分かれば 小顔矯正をした後の顔が違います。
当院の小顔矯正を行う前の 顔の触り方というのは顎の部分に両方の手首を合わせて手のひら全体と指を顔に密着させて顔の大きさを覚えてもらういます。
これをいい加減に触ってしまうと どんなに小さく顔をしても分からないという方もいますのでわからないことがないように一生懸命触って覚えるようにしてください。

顔の触り方

顔を触る時には 手のひらが浮いたり指が浮いたりしないようにして触りますが最終的には顔の左右を感じるように触るとわかりやすいので顔の左右を感じるようにして触って覚えてください。
顔というのは左右が対象ではありませんので右側が出っ張っているとか左側の方が一部分だけ出っ張っているとか変化が必ずありますのでこの変化を覚えるようにして触ります。
今まで30年間小顔矯正をしてきて顔が左右対称の方はいませんでしたので必ず顔の左右は違います。

顔の左右差

当院に予約される前に顔の左右を触って覚えておくことをお勧めします。
小顔矯正を始める前にも院長が指導しながら触ってもらいますが これだけではわからないという方もいますから院長の小顔矯正を触って覚えてもらうことを2度 していきます。
小顔矯正に入る前に院長から顔の触り方を 教えますのでその触り方を覚えながら左右を感じてもらいます。
顔の左右を覚えたら治療する台に寝てもらってもう一度院長が顔を触ってと言いますから先ほどと同じようにして顔を触ってその上から院長が手のひらをを覆うようにしてカバーしてもう一度分かってもらうようにしています。
それほど顔を触るということは難しいことなんですがこの触り方が分かって覚えておくことができたら顔が小さくなったということがしっかりと分かってきますから。

しかし小顔矯正というのは一回で終わることはありません。

どんなに顔を小さくしても自分の体調が悪かったり骨盤の歪みや開きが起きていたり背骨のズレがあったり疲れやストレスが溜まっていたりすると戻りやすく効果がなかったりということもあります。
当院の小顔矯正は効果がないということは今まで一度もありませんでしたけど 2人の方が顔の変化が分からないという方ははっきり言ってありました。
どんなに顔を小さくしても変化が分からなければ疑問符が浮かびますのでそういうことがないように顔を小さくして触って覚えてもらうことを指導しています。
しかし本当に鏡で見るよりも自分の両方の手のひらと指で大きさを感じ取るということは大変難しく簡単なことではありません。
簡単ではないことを触って覚えてもらうようにしていますので 簡単なようで簡単なことではありません。
小顔矯正をした後の変化がまた顔が小さくなったということがわかれば 顔の感じがずいぶん違って行きます。

小顔矯正というのは

小顔矯正を希望されて訪れている方は多くいますがほとんどの方は小顔矯正という意味を知らないで訪れている方が多くただ顔を小さくして欲しい小顔になりたいという方ばかりですが小顔矯正の意味というのも知ってほしいので説明していきたいと思います。
小顔矯正というのは顔を小さくしていくことです。
顔を小さくしていくためには顔周辺のむくみを改善しても顔が小さくなることもあります。
顔のむくみ を減らしていくと多くの場合、皮膚が引き締まっていきます。
顔周辺に多くなってしまった脂肪を減らすことでも顔が小さくなっていき皮膚が引き締まっていきます。
しかしそれでは小顔矯正とは言えませんので顔周辺の矯正という風に言った方がいいと思います。
小顔矯正というのは顔を小さくしていくことですから顔というのは顔面骨であり骨自体を小さくすることをしていくのが小顔矯正という意味になります。
顔を小さくしていくためにはどうすれば骨が小さくなるのか。

美容整形で骨を小さく削っていくのか。

小さくしていくことで影響が他に広がることはないのか。
などなど色々な小顔矯正をしていくことでも色々な疑問があると思いますが東員の小顔矯正は検査をすることをできますので検査して異常がある部分を見つけて整えていくことをして顔を小さくしていく小顔矯正です。
今まで当院の院長は小顔矯正を30年間以上してきて一人も顔に異常がないという方はいませんでした。
顔の異常と言うと変な話ですが顔の骨や脂肪や筋肉などにも炎症や腫れがあるということが検査してみると分かります。
皮膚や筋肉や靭帯なども炎症を起こしたり晴れたりということも来ていますし顔面骨である骨自体が炎症を起こしたり晴れたりということで大きくなっているということがあります。
この大きくなっている炎症や腫れを起こした骨を整えて矯正していくことで骨はすっきりして細くなっていきます。
つまり正常に骨を戻していたり脂肪やむくみなども減らすことができ筋肉や靭帯の炎症や腫れも改善できるということで顔が小さくなっていく小顔矯正をしています。

顔の炎症やハレ

顔の炎症や腫れというのは小顔矯正を希望している方は特に検査することをしていますが検査してみると特に顎のラインなどが多く起きています。

 

ですから顎のラインを矯正することで顎のラインがすっきりして細く引き締まっていくというのが当院の小顔矯正の特徴です。
小顔矯正を希望されている方の多くは顎の骨が炎症を起こしたり腫れ上がったりして大きく膨らんでいるということがあります。
顎の骨が炎症を起こしたり腫れたりすると歯の炎症や歯茎の炎症ということも起きている方もいますが 多くの骨の炎症が腫れというのは何も起きていないのが 現状ですから骨の炎症が起きているということも感じていません。
しかし検査をしてみると100人中100人の方が顔の骨の炎症や腫れを起こしていて大きく膨らんでいるということが多くあります。

変わる小顔矯正

炎症や腫れを整えて減らしていくことで顔が細くなって引き締まっていくという小顔矯正をしています。
そのためには炎症や腫れがある部分を 見つけ出すことが必要になりますので見つけ出すためにも検査をすることを重要視して小顔矯正をしていきます。
本当に今まで30年間小顔矯正をしていきましたが 今までは異常がない方は一人もいませんでしたので全員、顔の炎症や腫れが見つかりました。
顔に起きている炎症や腫れを矯正して整えていくことでも顔が小さくなるということをの小顔矯正をしていますので正常に戻すことをして顔を小さくすることをしています。
ですから無理な治療ではありませんし正常に戻すだけで顔のむくみや脂肪が少なくなって皮膚のたるみなども解消できて炎症や腫れが変われば顔がすっきりして小さくなっていきます。

 

当院では八幡東区や八幡西区と戸畑区と若松区と門司区などから多くの方が訪れている小顔矯正をしています。

page top