小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正

小顔矯正
当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をする時には自分で顔が小さくなったのが分かるようにしているのが特徴です。
小顔矯正をしていくときにわかるようにしているということは比べることができます。
しかし比べることができるためには小顔矯正をする前と小顔矯正をした後を比べなければいけませんので比べるためにも覚えていなければ比べることができません。

小顔矯正をする時には

小顔矯正に入る前に自分の顔を触って覚えてもらうことをしています。
そして小顔矯正が終わった後に、もう一度、触ってもらって小さくなったのを実感してもらうようにしています。
しかし触り方に問題があり簡単であって簡単なものではありません。
簡単に触ってしまったかたほど分からないという方も時々います。
小顔矯正をする時には両方の手首を合わせるようにして手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけです。

顔を触ること

しかし触っただけではわかりません。
大きさや形などを覚えてもらうことをしなければ触っても分かりませんので、ただ手を置いているだけです。
ただ顔に手を置いているだけでも分かりません。
顔に手をあてているだけではわかりません。
小顔矯正をする時には、まず鏡で見てもらうようにしています。鏡で見て何を見るのかと言うと顔の形です。
一番は顔の大きさというよりも全員の方が顔の形が違います。
何が違うのかと言うと左右が違います。
つまり顔というのは左右が対象ではありませんので左右対称ではない顔を覚えてもらうことをしなければいけません。

鏡で自分の顔を見て

鏡で見たら右側が出っ張っているとか左側が一部分だけが大きいとかいう感じがありますので、これを感じてもらうようにして左右さを確認してもらっています。
しかし鏡で見て左右さが分かっても今度は目を閉じて両方の手首を合わせて手のひらと指を顔に密着させるようにして大きさや左右差を感じようとしても逆のことが判明する肩までいます。
目で見たものが全て正解なんですが目を閉じて手だけで触るということは大変難しいんです。
手で触っただけではなく鏡で見た目と同じように感じるかということです。
鏡で見たら右側が大きいのに手で触ったら左側が大きく感じてしまうことがあります。
鏡で見た顔の形が正解なんですが、目で見た方がよくわかりますが目で見ると感じ取ることができません。
両方の手を顔に当てて大きさや形が分かれば目で見たよりも余計に笑顔が違うんです。
小顔矯正と言っても10 CM と20 CM を30 CM も変わることがありません。
小顔矯正をしていくときには1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきます。

顔が変わる範囲


ですから顔が一cm 小さくなってもわかるように触っておいて欲しいんです。
そのため2度ほど練習をします
練習するということは本当に変わる証拠だと思います。
それほど小顔矯正をしている時に小さくなるから触ってもらっています。
練習するタイミングは小顔矯正を希望されて訪れた方ですねと院長が言いますのでその時にでは顔を小さくしていくわけですから顔を触って覚えてもらいますという感じで顔を触ってもらうようにしています。
2度目のタイミングは小顔矯正に入る前に直前に触ってもらう言います。
今度は一回目で触っていますので2回目は小顔矯正をする台に上向きに寝てもらって顔を先ほどと同じようにして触ってみてください。と言います。
この時に院長が患者さんのご自分の手のこうを院長が触りますのでこういう風にして触るという感じで触っていきますので「この時にやっとわかった」という形までいますので一回目でできたらわかるようにしてください。

顔を触ると言うこと

それほど顔の触り方というのは難しいんです。
鏡で見て目で確認することは簡単です。
自分の顔をじっと見ればわかると思いますから左右さを比べることはできます。
しかして手で左右差を感じるということは、すごく難しいんです。
両方の手のひらを顔にあてるときに顔の形を分かろうとしてください。
顔にあててどちらが出っ張っているのかということを確認しているわけですけど先ほど鏡で見て判断した状況が同じかどうかを自分で比べてください。
左右さを比べることが自分の顔の大きさを測って手で記憶することができます。
小顔矯正を受けた方が時々わからないという方がいますので、そういうことがないように触って左右さを感じようとしてください。

顔の大きさ、輪郭

ですから小顔矯正と言っても単純に顔に手を当てていいというわけではありません。
顔に手を当てるだけではなく左右差を感じようとする時に気の集中力を増すことになりますし、大脳にある感覚神経を働かせることになります。
手の集中力を向上させることができな方や大脳の問題がある方は分かりにくいということです。
大脳の問題というのは大変失礼な話なんですが大脳が弱っている方が多く最近はいます。
小顔矯正で訪れた方は院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと必ず全員の方が体調はいいですとか調子は悪くありませんと言われますが検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開きが大きくある方や背骨がずれてる方、ガタガタ状態になっている方が多くいます。
骨盤の問題や背骨の問題というのはすべて体調の状態を表しています。
骨盤の開きや骨盤の歪みや背骨のズレがあるということは体調が悪いということです。

痛みやコリがなくても

最近は本当の事を言わないのか痛みやコリがないのかという問題がありますが多くの方は睡眠負債状態を多く抱えてしまっていますので抱えている方ほどわかっていない気づいていないという方が多くいます。
例えば小顔矯正をしていくときに一番、近くにあるのは大脳です。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいます。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけを眠っていると言います。
誰が見ても寝ているよという風に言うかも分かりませんが格好だけを言っていい加減なことを言われても意味はありません。

大脳疲労が

眠りというのは大脳が休養とるという意味は熟睡状態のことだけをいいます。
睡眠時間が6時間ある方が熟睡状態を5時間取ることはできません。
熟睡状態というのは数秒の時間だったり数分の時間だったりということです。
夢というのは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残り覚えていますのでどんな夢を見ていたのかということは目が覚める瞬間に見ているから記憶に残っています。
しかし夢というのも数分の時間だったりという短時間の時間です。
寝付く時間と目が覚める時間と夢の時間と合わせて普通は10分ぐらいの時間から15分ぐらいの時間だと思います。

眠りとは

ではあとの起こった時間の5時間45分から50分はどうなっているのでしょう。
5時間45分間の時間に寝ながら考え事をして時間が圧倒的に長くなっています。
寝ながら考え事をしてる時間というのは最悪の睡眠のひとつです。
夢を見ている時間よりも最悪な時間が寝ながら考え事をしている時間ですからねながら考え事をしている時間は大脳を急速に弱らせてしまいます。
大脳を急激に弱らせてしまうと弱っただけではすみません。
大脳が弱ってしまうと循環が悪くなり脳脊髄液の生産も停滞気味になります。
そして大脳に老廃物が多く蓄積していき血管の問題を起こす可能性も出てきます。

生きていく中枢

大脳が弱るということは自律神経の大元である脳幹の部分といきていく中枢である脳幹の部分が最悪な状態になっていきます。
イライラしたり頭痛になったりということが代表的でありますし物忘れがうっかりが多くなっていきます。
睡眠負債状態の方は大脳が弱ってしまいますので維持することはできませんし持続力は一番最悪な状態になっていきます。
小顔矯正をする時には初回は顔だけ触って小さくすることをしていますが立った瞬間に戻っていくという形まで今下から顔が徐々にむくんで入っています。
浮腫みというのは脂肪よりも悪い状態ですから体調の悪さを示し最悪の結果がお腹にたまれば腹水という状態になってしまいます。

顔にも浮腫み

しかし顔はお腹ではありませんので腹水という状態ではありません。
むくみというのは朝から顔がむくんでいるということは自分でもしっかりと考えてください。
寝て目が覚めて朝が一番いいはずですから朝は顔が引き締まっていなければいけません。
これから体を動かしたり仕事をしたりすることで疲れやストレスがためていきますので徐々にむくんだりしていくことは起きます。
しかし朝、目が覚めた瞬間に顔を洗おうとしたら顔がむくんでいるということは体調がむちゃくちゃ悪かったり眠れていないということを指しています。

脂肪とむくみは違います。

脂肪というのは中に脂肪があることを脂肪と言います。
しかし浮腫というのは脂肪は少なくリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まっています。
リンパの働きが何も原因がなくて悪くなることもなく老廃物が溜まることはありません。
ですからリンパマッサージというのは分かっていない方がしている場合が多くありますし受ける方もしっかりと考えていなくてたらリンパを流せばいいだろうと思っています。
リンパマッサージで体を軽く揉んでも一応は流れていきますがまたすぐに停滞して戻って行きます。
小顔矯正をしていくときに顔というのは 顔面骨ともいいますが顔面骨という正式名称オナホではありませんので頭蓋骨になります。
つまり頭蓋骨矯正というのが小顔矯正になりますが本当の意味での頭蓋骨矯正ではありません。
頭蓋骨の前側にあるのが顔です。

つまり頭蓋骨の一部が顔です。

この顔を小さくしていくことができるのかということですが顔だけ小さくすることはできません。
小顔矯正をして行く時には頭蓋骨を小さくすることをしないといけませんので顔だけ小さくなってしまっても頭の部分の頭蓋が小さくならないと頭でっかちになります。
東員の小顔矯正は顔の部分にできてしまった疲れやストレスを減らすことができますので顔に疲れやストレスが溜まっていくと皮膚や筋肉や靭帯や骨まで炎症を起こしたり腫れたりということが起こります。
最近は多くの方が特に顎の部分を炎症を起こしたり腫れたりさせていますので骨が変形している方が多くいます。
骨が変形を起こしたり腫れたりするとぶよぶよになって脂肪が多くなったりむくみが多くなったりするのは当然です。
この状態を検査をして見つけることができれば、それを正常に戻すことをしていくと顔が小さくなっていくという小顔矯正をしていますので痛くもなくボキボキもしないし安心安全で受けてもらえる小顔矯正をしています。
多くの方が疲れやストレスを顔に貯めています。
小顔矯正
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院。

page top