小顔矯正で顔が小さくなる

初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をしていくときに一番、重要なものがあります。
小顔矯正をしていくときに一番、重要なものというのは疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が顔を小さくしていくときに一番、関係するものだからです。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていましたが小顔矯正を希望されて訪れた方で体調が良いと思われる方は一人もいませんし院長が体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
小顔矯正

体の状態と顔を小さくする小顔矯正

同じ答えというのは体調は悪くありませんとか調子はいいと思いますという感じなんですが当院の院長は検査することができますので検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあったり背骨がずれすぎてガタガタ状態になっているのに普通だったらこんな状態だったら体調が悪いはずなのに悪いと言わないのかわかっていないのかというくらいの方がいますが当然、小顔矯正を希望されて訪れていますので顔を小さくすることに専念していかなければいけませんが本当は体から整えた方がいいのになと思うことが多くあります。
体から整えていくことをしないと小顔矯正をしても効果が薄くなったり持続性や維持することはできないのは当然です。
いくらどんなに上手い小顔矯正の先生が顔を小さくすることができても体がガタガタになっていたりすると維持することはできないのは当然です。

小顔矯正で顔を小さくする技術

小顔矯正をする時には簡単なようにして顔を小さくすることをしていますが簡単なテクニックではなく30年の研究の成果で簡単にしているようにしか見えないということですから簡単な方法で顔を小さくしているわけではありません。
東員の小顔矯正を経験した方は簡単にしているようにしか思われないために受けた方本人ができるような感じのイメージを与えてしまいますが簡単な経験で小顔矯正をしているわけではありませんし30年の研究があるから簡単にしているようにしか見えないというだけです。
小顔矯正をしていくときには矯正に入る前に2度ほど触る練習をします。
小顔矯正で浮腫み、脂肪解消

顔が本当に小さくなるから

実際に一度目から顔が小さくなるから顔をしっかり触って覚えておかないと顔が小さくなってもわからないということがありますので小顔矯正と言っても10 CM 20 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正をしていくときには1 CM だったり2 CM だったりという風に変わってくるのが小顔矯正です。
矯正をするときに1 CM 変わってもしっかりわかるように触っておいてください。
変わってもしっかりわかるように触っておいてください。
しかし簡単な触り方であって簡単ではありません。
当院の院長は経験があるから簡単に触っていますが患者さんにとっては簡単ではありませんのでしっかりと触って感じようとして触ってください。

鏡で顔を確認する

当院では小顔矯正に入る前に鏡で見て左右さを比べてもらうようにしています。
まずは鏡で目で見て自分の顔の大きさや輪郭や幅などを覚えるということです。
目で見て多くの方は右と左側の出っ張り度合いが違うというのが分かると思いますが目で見るよりも難しいのが手で触るということです。
今まで多くの方が小顔矯正をするときに触り方の練習をしましたが例えばですけど10人の方が小顔矯正を希望されて訪れてもその中の一人か二人ぐらいの方が顔が小さくなってもわからないということがあります。
顔を触る時には単純に手を当てるだけではなく感じようとしないと分かりません。
感じようとするときに大脳の感覚神経が働いてくれて手に集中力を増強させてくれていますので大脳を働かせることができないと体だけで触っています。

手だけで触った方ほど小さくなったのが分かりません。

手を当てただけでは顔が小さくなったのが分かりません。
自分の顔に手を当てるだけではなく大きさや形の左右差が違うということを感じようとして触ります。
小顔矯正をしていくときの顔の触り方というのは両方の手首を合わせるようにくっつけて手のひらと指を顔に密着させるようにして触るだけなんです。
しかしこれだけでは多くの方はわかりません。
顔を触る時には手のひらと指というのは気がついていないぐらい浮いている場合があります。
浮いたところというのは触っていないわけですから顔が小さくなったのが分かりません。
そして手を置いただけでは分かりませんので顔の左右差を感じようとして触ってみてください。
小顔矯正で顔を小さくする

顔の左右差を覚える

顔の左右差を感じようとした時に大脳の中の感覚神経が働いてくれて手に集中力を増してくれていますのでより一層、顔の変化がわかりやすいということになります。
これを簡単なことだと思って触ったかたほど分かりませんし、わかろうとしっかり真面目に触ったかたほど顔が小さくなったということがわかります。
顔を触るということは大変難しいことですから簡単に触ってしまうと手を当ててた気になってしまいます。
手を当てただけではなく左右差を感じようとして触ると手の感覚神経がよく働くようになりますので左右差を感じようとすると大脳の感覚神経が働いてしっかりとわかるようになりますが頭を働かせることをしていないと、ただ手を置いただけになりますし大きさを把握することはできません。
顔が小さくなる矯正をしていくときには一番ご自分の手で触ってわかるということが大変なことになりますので大変なことがしっかりとわかるようにして触っておいてください。

痛くない押さえつけたりしない

当院では小顔矯正をしていくときには顔を無理やり押さえつけたりすることもなく元気が機械を使ったりすることもなく手の技術力だけで顔を小さくしていくことをしています。
小顔矯正を訪れた方の顔を小さくしていくためにはどうやったら顔を小さくすることができるのかどこの部分を小さくすることができるのか細くすることができるのかということを考えながら検査しています。
顔に多くなってしまったむくみが脂肪を減らすことももちろん当然、顔が小さくなる最低条件ですからむくみや脂肪を減らすこともしたりすることをしていますが単純にむくみや脂肪が多くなってしまった方は何も原因がなくて多くなることはありません。
顔にむくみを脂肪が多くなる原因として一番考えられるのは疲れやストレスの蓄積です。
体に多くの疲れやストレスが溜まるように顔にも疲れやストレスが溜まっているということが本当に起きていますので顔に溜まった疲れやストレスが多くなればなるほど浮腫みや脂肪になっていきます。
小顔矯正とは

疲れやストレスの蓄積

これは体でも同じことが起きますので体に疲れやストレスが多く溜まってしまうとむくみが脂肪になっていきます。
顔を小さくしていく小顔矯正をしていく時には顔に溜まってしまった疲れやストレスが多くなったところの部分を矯正して行くと顔が小さくなっていきますが特に顎のラインというのは多くの方が疲れやストレスを溜めてしまい脂肪や浮腫になってしまっているということがありますが単純に誹謗やむくみが起きているわけではありませんのでその下にある顔の骨が炎症を起こしたり晴れたりしていることもあります。
当院では検査することができますので検査をしてみると骨の炎症や腫れがある場合が多く見受けられますので腫れや炎症を抑えていくことで顔が小さくなっていくということがありますが顔にできてしまった骨の炎症や腫れが大きくなると骨が肥大しながら変形起こしていきます。
骨が肥大しながら変形を起こすと大きくなっていけますから変形状態を取ったり開いた状態を解消したりすることで顔が小さくなっていきます。

顔に炎症やハレがある

特に先ほどの説明したように顎のラインというのは炎症や腫れが多く起きている部分ですから自分で気がついていなくても骨まで肥大したり大きくなって変形しているという方が多くいますのでむくみや脂肪が増えてしまう原因になります。
むくみが脂肪が多くなってしまったかたは単純に毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや体を動かしたりすることで多くの疲れやストレスが溜まっていきますが体にも止まりながら顔にも溜まっていくということが頭にもはまっていきます。
どこでも分け隔てなく溜まっていくのが疲れやストレスです。
たまらないところはありませんが多く溜まったところほどむくみや脂肪を起こす原因になってしまいます。
そして最近は多くの方が気がついていない方が多くいますが睡眠負債状態の方が異常に増えていますので不眠症とは違い気がついていない方が多くいるのが現状です。

不眠症と睡眠負債と小顔矯正

不眠症というのは寝ようとする時に1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますのが不眠症ですし夢を見ている時間が圧倒的に長くなっているのが不眠症です。
しかし不眠症とは違い睡眠負債というのは目が覚めることがありません。
朝まで目が覚めないから寝ていると思ってる方が多くいますが眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを言います。
大脳が休養とって寝ている状態のことを熟睡と言います。
熟睡をしていない限りは浅い睡眠ばかりしていると眠っているとは言いません。
生命機能の中枢である大脳が休養とって休んでいることを眠りというますので目をつぶってスースー寝息を立てていることが眠っているわけではありません。
小顔矯正をしていくときに顔の近くにある大脳の状態が一番、関係しますので大脳の状態で関係するのは眠りということになります。

眠りとは

いかにいい睡眠をするというよりも大脳が眠っている状態を長くすればするほど本当の意味で寝ているということになりますが最近は寝ていても目が覚めなくても眠りが浅い形が異常に増えていますが眠りの浅い状態の方も夢を見ている状態は記憶に残り覚えていますが寝ながら考え事をしているというのがあります。
寝ながら考え事をして眠っているわけですけど眠っている本人にはわかりませんが目が覚めた瞬間に忘れてしまう睡眠でもあり厄介な睡眠です。
寝ながら考え事をしてる睡眠が長いと大脳は急激に弱っていきますので弱っただけではなく脳細胞の急激な減少を招いていきます。
脳細胞の急激な減少を招いていく結果精神疾患になりやすくうつやパニックになりやすく認知症や痴ほうなどに進行しやすくなります。
寝ている時に眠れないことに気がついている方は多くいますが寝ている時に気がついていないぐらい浅い眠りをしている方は若いかたに多くいます。

大脳が寝ていることが眠り

子供でも寝ているような状態に見えても大脳が寝ながら考え事をしている場合が多くあります。
小顔矯正をして行く時には疲れやストレスの蓄積と睡眠負債状態が多く関係しますがそれらのすべてが顔に表れているということがあります。
顔の部分が垂れ下がっているぐらいぶよぶよになっている方もいますし垂れ下がっているような顔をしているとむくみも多くなっていきますから体調がすごく悪く睡眠負債状態が関係している場合があるかも分かりません。
眠りというのは重要なものの要素ですから死なない程度に寝ているという状態かも分かりません。
本当に大脳が休養とって寝ていることを眠りと言いますので毎日毎日、熟睡状態ができているという方はいないと思いますし眠れていない方ほど痛みやコリを限界まで悪くしてしまっていますから風邪を引くこともできません。
大脳が元気だから風邪の細菌が入ってきたら風邪を引くことになります。
大脳が元気だからインフルエンザウイルスが入ってくると高熱を上げてインフルエンザウイルスを減らそうとします。
大脳が弱ってしまうとこれらの行為ができないということですから蔓延化した状態で細菌やウイルスが体内に増えてしまうということで万病のもとになります。
小顔

トップへ戻る