小顔矯正をするなら

 

こういうことがないように顔を触るときは一生懸命に集中してさわってみてください。
顔を触るときに誰でもあるのが顔をの左右差です。顔の左右というのは程度の差はありますがだれでも起きている現象です。
小顔矯正をするときに、必ず顔の左右差を覚えるようにして触っといてください。

矯正する前に

顔の左右差を触わる時に 右は全体が多いのか、左は一部分だけが、出っ張っているとか、ということがあります。
これが左右の違いになりますので、小顔矯正した後にわかるように触っておぼえておくことが条件です。
これをいい加減にした方は、どんなに小さくしてもわかりません。というか専門家が一生懸命に触っておぼえてと言っているのに、簡単に考える方ほど、触り方がいい加減でわからない方もいるからです。
小顔矯正をする時には

変化がわかるように

わからないと、いくら良い小顔矯正をしても努力が半減どころではありませんから。
瞬間的に触って変化がわかる方と、わからない方がいます。
この差は脳の状態にあります。あまり言えませんが、眠りが浅いこともわからない方もいます。
当院の院長は頭を触るだけで、ご本人が眠れているか、検査してわかります。眠りが浅いのに夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思うこと自体が違います。

眠りは

夜に寝たら朝まで起きないから熟睡ができていると思わないでください。
最近、多くの方が寝ているのですが、眠りが浅く、夢ばかり見るというよりも、寝ながら考えことしていると言う方がいるからです。
一番、浅い睡眠がこの寝ながら考え事をしてる睡眠です。睡眠と言っていますので、誰が見ても寝ています。スースー寝ているだけで、頭の中は寝ながら考え事している状態が朝まで続きます、しかし、寝ています。
寝ながら考え事をしている睡眠は、朝、起きた瞬間に忘れています、寝ながら考え事ばかりしていたのを。
夢ばかり見る方が、まだ、覚えています。何か夢見ていたな ということが。
夜中に何回か目を覚ます方、寝つきが悪い方などの方は昔の話で、今の方は、夢というよりも、寝ながら考え事をしている方が、圧倒的に増えています。
小顔矯正と睡眠負債
この方は脳の疲労が起きていますので、脳疲労が多いと、また、脳疲労が強いと、どんなに歪みやズレが起きていても麻痺して歪みやズレが起きていることさえも分からなくなります。
この現象は、大変な事なんですが、大変な事さえわからない方がいます。わかない方はわかりませんよね、とは言えません。
この方が、小顔矯正を希望されて来院すると、いくら顔を触ってもわからない場合が多くあります。

当院では、小顔矯正をするときに、ボキボキしたりすることはありません

顔を無理やり押さえつける事もしていません。電器や機械は一切使いません。
手のみで小顔矯正をしていくので安心です。
手で小顔矯正をしていくときに、手で顔を揉んだりしているだけで、顔が小さくなっていきます。
小顔マッサージみたいにして小顔矯正>をして、顔が小さくなる特殊な小顔矯正です。
普通は、そんなことをしても顔が小さくなることはないと思いますが、院長が顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていきます。
マッサージと言っても、マッサージしている訳ではありませんよ。
特殊な小顔矯正ですから、顔が小さくなっていくので、マッサージしているみたいに見えるだけですから。
小顔矯正をする時には