小顔矯正で顔を小顔に

顔を小さくする小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしていますが小顔矯正をして顔を小さくするためには関係するものから減らさないと効果がなかったり戻りやすくなったり維持することができなかったりということが多く考えられますので関係するものから減らしています。
小顔矯正とは

小顔矯正をするときには

小顔矯正をしていくときにはボキボキしたりすることもなく電気、機械を使ったりすることもなく手の技術力のみで顔を小さくすることをしています。
小顔矯正をしていくときには小顔矯正を始める前に鏡で自分の顔の大きさや幅や左右差を覚えてもらうようにしていますので変化がわかると言うことで人気がありますが鏡で見て確認するのも特に左右差を確認してほしいんです。
顔と言うのは必ず誰でも左右差が存在していますので左右が全く同じと言うわけではありません小顔矯正をしていくときには小顔矯正を始める前に鏡で自分の顔の大きさや幅や左右差を覚えてもらうようにしていますので変化がわかると言うことで人気がありますが鏡で見て確認するのも特に左右差を確認してほしいんです。
顔と言うのは必ず誰でも左右差が存在しますので顔と言うのは鼻を中心にして左右が全く同じと言う人はいませんので必ず左右差があると言う事なので、顔の右側と左側を比べることをしてください。

鏡で見て顔覚えたら今度は手で触ってみます

鏡で見た顔の左右差と両方の手のひらを触って自分の顔の大きさを触ってみると左右が逆転したように感じ取ることができますので顔を手で触ると言う事は大変難しい行為です。
鏡で顔を
両方の手首を合わせるようにして触って顎の部分に当てて手のひらと指先を顔に密着させるだけなんですが鏡を目で見るよりも手で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので簡単だと思って触ってしまった方ほど顔が小さくなってもわからないと言うことがありました。

体で顔を触る

単純に顔を手で触るだけなんですがただ顔に手を置いただけではわかりませんし手を当てただけではわかりませんので意識をして左右差を比べてもらうようにしています。
左右差を比べてもらうようにしていると意識をはっきりと持つことができますので意識をはっきり持つことで顔の左右差が分かり変化がわかると言うことがありますので変化がわかるように顔の左右差をしっかりと比べてください。
昔はバラエティー番組などで鏡を真ん中において顔を映してみると違った人が映ったように見えると言う事ですので顔と言うのは右側と左側の形や大きさなどが違うんです。
確認する小顔矯正

小顔矯正といっても

小顔矯正といっても10センチも20センチも30センチも顔が変わる事はありませんので顔が変わるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで変わってきますのでたとえ1センチ変わっても変化がわかるように意識をして触って覚えることをしてもらいます。
当院の小顔矯正は初回から変わると説明しているように本当に顔が初回から小さくなっていきますが1回で顔が小さくなったからといって全てが終わったわけではありませんし顔に関係する部分というのがいろいろ複雑にありますので初回の顔の小ささを維持することができない場合が多くありますが関係するものから減らしていかないと顔の小ささを維持することができないし持続力なんかあるわけはありません。

小顔矯正に関係するもの

小顔矯正をしているときに関係するものとはじめに説明しましたが関係するものと言うのは疲れやストレスと眠りの問題です。
小顔矯正と疲れやストレスと言うのは一見、関係がないように思えるかもわかりませんが深く関係しているので疲れやストレスが多くてためればため込むほど顔のむくみや脂肪が多くなり顔が肥大して大きくなっています。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしていきましたが全員と言っていいほど顔が大きくなっていると言う事実を確認していますので顔が大きくなっているのはむくみや脂肪の増えた状態のものだけではありません。
小顔矯正で顔を
北九州市八幡東区からも多くの方が来ています。