小顔矯正とは|北九州市八幡東区からも

小顔になれる嬉しい小顔矯正

北九州市八幡東区からも。
初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしているんですがボキボキすることもなく痛いと言うこともない小顔矯正をしていますので当院の小顔矯正は理想的に初回から顔が小さくなっていくと言うことで評判の良い小顔矯正です。小顔矯正で顔がおおきくなるのを

小顔矯正をするなら

小顔矯正をして顔を小さくするためにはどうやって顔が小さくすることができるのかということも考えなければいけませんしただ小顔になりたいと言う感じだけではなくどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えるようにしてください。
当院では小顔矯正をしていくときには院内のスタッフがメジャーや計測する機械で図ったりする事はありませんので、自分でわかるようにしているのが特徴です。

小顔矯正とは

顔を小さくしていくためには自分で顔が小さくなったのがわからなければ意味はありませんので当院ではわかるように顔を小さくすることをしていますのでわかるためには触り方に特徴があります。
顔を小さくするときの触り方と言うのは
顔を小さくするためには、まずは鏡で見て自分の顔の大きさや左右差を比べてもらうことをしていますが特に比べて欲しいのは左右差です。
顔を鏡で見る
顔と言うのは左右に違いがありますので、例えば右側半分が顔が大きくて左側の方が小さくて1部分だけが出っ張っていると言う感じで違いがありますので違いをしっかりと鏡で見てください。
顔を見るときに端を中心に見て右側半分と左側半分の大きさを比べると言うことをしています。
鏡で見てわかったら次は手で触ることをします。
しかし鏡で見たよりも手で触ると言う事は簡単な方法ではありませんので簡単だと思って触った方ほど触ってもわからないと言う事はあります。
小顔矯正と疲れやストレスの蓄積
わからない方の多くはただ体を顔に当てているだけの場合が多く見受けられますので何も感じとっていません。
顔の左右差を確認するためにも顔の右側と左側を比べることをしてもらっているのにただ手を当てているだけの方は意識することをしていませんので顔の形を意識することもしてないのにわかるわけはありません。
そしてもう一つ確認してもらいたいことがあるんですが顔には右側と左側を触ってみるとぶよぶよ感というか脂肪の多さが違うんです。

顔の左右のむくみ度合い

顔と言うのは左右の浮腫度合いが違いますのでむくみ度合いをしっかりと触って覚えておかなければ、わからないと言うことがありますので、親指と人差し指で両側をつまんでみてください。
むくみ度合いの見方と言うのは手で触ってもわかる場合もありますし親指等下しびれつまむようにしてみると分厚い状態や柔らかさを確認してもらうと言うことで脂肪やむくみの多さがわかると思います。

顔の小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていくときには1番、関係するものがあるんですが1番、関係するものと言うのは疲れやストレスの蓄積と眠りの問題です。
小顔矯正と疲れやストレス
実は小顔矯正をしていくときには疲れやストレスを溜まっているところから減らしていくと徐々に顔の浮腫みや脂肪が減っていきむくみや脂肪だけではなく顔の骨まで細く引き締まっていくと言う効果があるんです。
と言うのも顔の骨にも疲れやストレスが溜まると言うことが研究成果でわかっているので顔の骨が正常ではない状態になっていくと言うことが起きてしまっていますので正常ではないと言うのは顔の骨が横に出っ張って広がってくるということがわかっているからです。
顔の骨が正常でなくなっていくとむくみや脂肪が多くなっていくということです。
疲れやストレスを減らしていくと顔の骨も少しずつですが細くすっきりしていきますので細くすっきりしていくとむくみや脂肪も徐々に減っていくと言う効果があると言う事なんですが普通では起こらないような状況が顔の骨にも起きているということがわかりました。
本当に顔が小顔に
北九州市八幡東区からも小顔矯正に訪れます。