小顔矯正で本当に顔が小さくなる|北九州市八幡東区からも徳力整体院

小顔矯正とは

小顔矯正と言うのは顔を小さくしていくことなんですが小顔矯正をして顔を小さくするためには全体に顔が小さくなる場合と顎のラインをすっきり細く引き締めていくと言う小顔矯正の両方が存在しています。
小顔矯正とは

小顔矯正とむくみや脂肪

小顔矯正をしているときにはむくみや脂肪を減らす事は当然なんですが顔にはどれだけのむくみや脂肪があるのかということを理解しながら進めていかなければいけませんので今では自分の顔を触ってみることをお勧めします。
自分の顔を手で触ってみると骨が感じると思います。
骨が感じると言う事は、骨の外側の部分に皮膚と皮下脂肪と筋肉と靱帯と浮腫があると言うことです。
北九州市八幡東区で小顔矯正と太りの関係なら

むくみとは

顔と言うのは皮膚があって皮下脂肪があって、その下に筋肉層と靱帯があって筋肉や靭帯そうや脂肪の部分に浮腫があると言うことで、あとは顔の骨しかありません。
もちろん大量にむくみ結があれば、むくみを減らす事は可能だと思いますがむくみというのはできる原因があるから顔に多くの浮腫が増えているわけですから原因を見つけ出すこともなく単純にむくみだけを減らしても、またリンパの流れを良くしても老廃物を流してもすぐにまたむくみが出てきます。
小顔矯正と太りと疲れやストレス
むくみと言うのを簡単に考えている人が多くいるんですが単純にリンパの働きを悪くなって老廃物が多く蓄積しているのがむくみだとだからリンパマッサージをすればいいとか、揉めばいいとかいろいろなことを言われると思いますがリンパと言うのは単純に流せばいいと言うわけではなくどうして起きたのかどうして増えてしまったのかと言うことを見つけ出すこともなくやっていると効果は半減するということがあるんです。
顔の脂肪とは
顔の脂肪と言うのは多くなればなるほど皮膚も垂れ下がったりすることもありますしぶよぶよ状態になっている方も多くいるんですが脂肪も運動燃焼量が減っていて食べ過ぎていると言うことがありますのでバランスが大切だと言う事なんですがもう一つ原因が両方ともに存在しているんです。
疲れやストレスと小顔矯正

顔のむくみや脂肪でも

顔のむくみや脂肪でも増えてしまう原因がしっかりとあるから増えていってるわけですから食べ過ぎたり運動量が少ないからといってむくみや脂肪が増えるだけかというとそうではありません。
むくみや脂肪と言うのはある現象に関係があります。

小顔矯正と疲れやストレス

小顔矯正をしていくときには疲れやストレスの蓄積というのが1番、重要になります。
疲れやストレスが多く蓄積すればするほど顔が大きくなっていくと言う事実があるんです。
疲れやストレスが多くなっていくと脂肪やむくみが増えていくんです。
疲れやストレスが多くなればなるほど大量に脂肪が増えていきますので、運動だけが原因ではありませんので、特に顎と言うのはしゃべったり噛んだり食べたりすることで多く口を動かしているのに口周辺に脂肪やむくみが増えると言う事はおかしいことだと思いませんか。
動かすところなのにぶよぶよ
口は1番、動かすところですから動かせば動かすほど、顎なんかも動かしているわけですから脂肪がついてしまうと言う事はないと思います。
運動すればするほど口を動かせば動かすほど顎はすっきり引き締まっているべきです。
口を動かしたりしゃべったり食べ物を噛んだりすることで、多くの口を動かしていて運動さしているのに、引き締まっていなければいけない部分がぶよぶよになっていると言う事は変な結果になってしまっています。
小顔矯正と顔
北九州市八幡東区からも多くの方が小顔矯正にきています。