整体で腰痛、肩こり、小顔矯正、骨盤矯正が人気

整体

整体というのは歪みやズレが起きた体を整えていくことが整体なんですが歪みやズレもどうして起きたのかという原因があります。
歪みやズレが起きるから痛みやこりになるということですから痛みやこりの原因は歪みやズレにあるわけですけど何も原因がなくて歪みやズレが起きたりすることはありません。
歪みやズレが起きる時にはどうして起きるのかどこから起きるのかということを見つけ出さない限りはいくら歪みやズレだけを矯正しても表面だけの矯正になってしまいます。
整体と疲れやストレス

歪みやズレは

歪みやズレが起きるのは特別なものではなくいつでも存在しているものが原因です。
いつでも存在している原因というのは毎日毎日の生活の中に存在しています。
生活の中に存在しているということは掃除をかけたりショッピングをしたり歩いたり運動したりジョギングをしたり仕事をしたりすることで多くなるものが原因なんです。
この原因というのは疲れやストレスです。
体には何かをすると疲れやストレスが多くなっていきます。
何もしなくても疲れやストレスが多くなる場合がありますので何かをしたら多くなるということではありません。
例えば横になって寝ているだけでも疲れやストレスは多くなっていきます。
人の体というのは適度に動いていることが最低限の疲れやストレスをためることになりますが、それ以上動いたり体を動かしたりすると多くの疲れやストレスは蓄積していきます。
整体と疲れやストレス

体を休めても疲れやストレスは取れない

例えば休日にゴロゴロ横になってテレビを見たり映画を見たりするだけでも疲れやストレスが多くなってしまいます。
テニスやサッカーをしたり野球をしたりジョギングをしたり運動したりすることでも疲れやストレスは多くなってしまいます。
何かをしても疲れやストレスは多くなるばかりですが疲れやストレスが体に溜まるということはわかっていますが多くの方は疲れやストレスを減らす努力をしていません。
単純に体に疲れやストレスが溜まった時には気分転換をしたり美味しいものを食べたり焼肉屋うなぎを食べたりすることが多く見受けられますがそれらは気分転換になっていますので気分転換でも多少疲れやストレスは減ったような感じがしますが現実に言うと疲れやストレスは肉体的な疲れやストレスは多くなるばかりです。

疲れやストレス

疲れやストレスというのも二通りの疲れやストレスが存在しています。
一つ目の疲れやストレスというのは精神的な疲れやストレスです。
精神的にも疲れやストレスが多く蓄積していきますので精神的な疲れやストレスで大脳が弱ってしまうと大変な結果になってしまいます。
精神的な疲れやストレスというのは精神というのは体にあるわけではなく心臓にある心というのをさす場合もありますが多くの場合は大脳です。
精神的な疲れやストレスというのは意味を変えれば大脳に溜まってしまう疲れやストレスということになりますので多くの疲れやストレスも大脳に溜まっていくということがあるということです。
大脳に溜まった疲れやストレスが徐々に多くなっていくことで頭痛や目のかすみやイライラしたりうつっぽくなったりパニクったり眠りが浅くなることがあります。

睡眠負債と整体

最近は多くの方が睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態というのは寝ているようで眠れていないのが原因なんですが目が覚めないから寝ていると多くの方が思っています。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいます。
寝ているということは人が見て目を閉じてスースー寝息を立てていることが寝ているわけではありません。
多くの方が寝ている格好だけを見て寝ていると思っていますがいびきは眠りが浅いということをテレビの特集などでよく行っているため気が付いている方が多くいます。
しかししかし眠りというのは大脳が寝ていることだけを眠りと言いますので人が見てスースー寝息を立てていたりグーグーに息を立てていることが寝ているわけではありません。

不眠症と睡眠負債

不眠症という症状がありますが不眠症という症状は夜寝ようとすると1時間も2時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましてしまったり夢ばかり見て寝た気がしないという状態が不眠症の症状でした。
しかし睡眠負債というのは全然違います。
多くの方が睡眠負債になっていることに気がついていないくらい眠りが浅いということなんです。
夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方が多くいます。
普通でしたら良い睡眠をしていると思いますが眠りというのは眠りの深さなんです。
眠りの深さが足りないことが寝ていないということです。
整体と疲れやストレス

睡眠負債と疲れやストレス

体にも多くの疲れやストレスが溜まりますが睡眠負債状態が最悪の状態になっていくことが多くありますので睡眠負債状態が強くなってしまって大脳が弱ってしまった方はどんなに骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていてもまた背骨のズレが起きていても感じていません。
当院では検査することができますので検査をしてみると多くの方が骨盤の歪みは骨盤の開きが信じられないくらい大きくある場合もあります。
またそして背骨のズレが大きく起きてガタガタ状態になっているのに何も感じていないということが多くあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレというのは体調の状態を表していますので体に多くの疲れやストレスが溜まっている場合と睡眠負債状態から起きる大脳疲労から歪みやズレが起きているということなんですが大脳が極端に弱ってしまっていると普通では痛みやこりが起きているような状況になっていても感じ取ることができないくらい麻痺してしまっています。
痛みやこりが感じていないからといって体調が良いとは限りません。

疲れやストレスが多いとマヒする

麻痺したかたほど痛みやコリを感じにくくなっていき普段通り生理痛が起きたり便秘が起きたりすることが多くありますがそれ以外は感じていないということが多くあります。
毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することやいろいろなものごとで疲れやストレスは溜まるばかりなのに唯一疲れやストレスを減らすことができるのは寝ている時だけなんです。
寝ている時だけ疲れやストレスを減らすことができるのに睡眠負債状態になっているような状態では疲れやストレスは多く蓄積していくばかりです。

疲れやストレスを多くためてしまうと大変なことになってしまいます。

疲れやストレスを多くためてしまうと弱い部分に多く溜まっていきますので弱い部分に多く溜まっていくことが原因で筋肉や疲れやストレスが溜まった部分というのは細胞が変化していきます。
細胞が変化したものがどういう状況になっていくのかと言うと筋肉は硬くなっていきますから関節が悪くなることが多くあります。
運動やスポーツなどをしなくても歩いているだけでも傷みやすくなっていきます。
疲れやストレスというのは筋肉ばかりに溜まることはありませんのであらゆる部分に疲れやストレスは溜まっていきます。
例えばですけど体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が65キロにもなりますので多くの水分は血液だったりリンパ液だったり組織液だったりという水分になりますが水分に疲れやストレスが溜まるということはありませんので後残った35キルの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

疲れやストレスのたまる所

疲れやストレスが溜まるところというのは35 k の中で言えば神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓しか存在していません。
体というのは水分を除くと神経と血管とリンパの管と皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨しか存在していないということです。
細かく言えばまだまだあるでしょうが多くの35 km の中には8分類しか存在していません。
8分類の中に疲れやストレスが溜まってしまうところがあります。
筋肉は先ほど説明しましたので覗くとあと7つということになりますので7つの中に疲れやストレスが溜まるところというのは内臓になります。
内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく内臓に疲れやストレスが溜まっていくということが本当に起きるんです。
内臓に多くの疲れやストレスが溜まると内臓の働きが悪くなっていきます。
最近は多くの方が内臓に疲れやストレスを溜めてしまって骨盤の歪みは骨盤の開き背骨のズレになっています。
筋肉というのも筋肉自体に疲れやストレスが溜まりますが筋肉というのは骨から骨に付着していますので骨がずれて動くことが原因で引っ張られたり緊張したり緩んだりしていきます。

どうして歪みやズレが起きるのか

この状態の時にリンパの働きが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。
何も原因がなくてリンパの働きを悪くなることはありませんしもし何も原因がないのにリンパの働きを悪くなっていれば大変なことです
リンパの働きを悪くなるから老廃物が多く蓄積していきます。
つまりリンパの働きが老廃物を動かして流してくれています。
しかし筋肉の緊張やこりが起きてしまうと流れが停滞して悪くなりますのでリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していきゴミが流れないということです。

体を整えていくということはマッサージをすればいいというわけでもありません。

単純に筋肉を揉んだりすることで余計に疲れやストレスを溜めてしまう時もあるからです。
筋肉の緊張というのは疲れやストレスが溜まったことで起きる現象ですが筋肉を揉んだりすることで余計に緊張が起こり疲れやストレスが筋肉にたまっていくということもあるからで。
一番減らさなければいけないのは疲れやストレスなんですが疲れやストレスと言うのは簡単に減ってくれることはありません。
疲れやストレスが多く溜まっていくことが起きるのに疲れやストレスを簡単に減らすことはできないんです。
疲れやストレスを減らしたと思っていても本当は逆に溜まって大きくなっているということもあります。
疲れやストレスというのは減らすのが結構厄介なんですが簡単に減ることはありませんし多く蓄積していけば蓄積していくほど細胞の変化が起き細胞が硬くなったり変異したりして病気になっていきます。
疲れやストレスが多く溜まったかたやマッサージなどを多く受けている方ほど病気になりやすいということも言えます。
いつもいつもマッサージをしてほぐさなければいけないほど何が原因なのかということを考えなければただマッサージをして筋肉をもみほぐすばいいというわけではありません。

何も考えずにマッサージをしてほぐすことは簡単です

しかしどうして起きているのかということを見つけ出さなければいつまでたってもマッサージを続けて徐々に体を悪くしてしまう結果になってしまいますがマッサージの先生も関係を深く考えていませんので病気と症状の繋がりを見つけ出すことは簡単なことではないためにわからないというです。
整体と言うのは簡単なものではありませんのでボキボキしたりすることで整うかも分かりませんが違う原因が見つかる場合はまたすぐに元に戻ってしまいますしボキボキしてしばらくはいいかも分かりませんが進行していくということも原因は考えられます。

 

page top